車コラム

10年落ち、10万キロオーバーの車でも買い取ってもらえる!?

年式や走行距離

中古車の査定において、評価を決める重要なポイントとなるのが年式や走行距離です。

「10年落ち」や「10万キロオーバー」といった中古車は価値がないと考える人も少なくありません。

どれくらい査定額に影響するのか気になっている人もいるでしょう。

そもそも、買取が不可になるケースはあるのかについても気になるところ。

そこで今回は、購入から10年以上経過した「低年式車」や、10万キロ以上走っている「多走行車」の売却を検討している人のために、本当に買い取ってもらえるのかについてご紹介していきます。





10年落ち、10万キロオーバーの車は買取してもらえるの?

10年落ち、10万キロオーバーの車は買取してもらえるの?

「低年式車」や「多走行車」を売却するのは難しいと思っている人も少なくないでしょう。

しかし、10年以上経過している車や、10万キロ以上走行している車に関係なく、買い取ってもらうことはできます。

実際に、このような中古車を販売しているお店は少なくありません。

それでは、なぜ価値が低いと言われてしまうのでしょうか。

それは、故障や不具合といったリスクが高くなるからです。

そのため、メンテナンス費用が高くついてしまいます。

また、走行距離が8~10万キロを超えてくると、タイミングベルトなどの消耗部品を交換するタイミングです。

これらの理由から、中古車としての価値が低いと判断されています。

手間と費用が掛かることで敬遠されがちな部類には入ってしまうものの、最近では「10年落ち」や「10万キロ以上」といった固定概念に縛られることなく、買い取ってもらえる可能性は高いです。

特に、メンテナンスによって状態がしっかりしているものであれば、高額査定してくれることもあります。

ただし、業者によっては買取不可となる場合もあるため、注意しましょう。

低年式、多走行の車でも買取してもらえる理由

低年式、多走行の車でも買取してもらえる理由

なぜ、低年式や多走行車といった中古車でも買取してもらえるのでしょうか。

しっかりと整備されていることも理由のひとつとして挙げられますが、走行上に問題がある車でも売却できることがあります。

このことを知っているかどうかで、査定額も大きく変わるかもしれません。

ここでは、代表的な3つの理由をご紹介します。

中古車として売る

整備されている車であれば、中古車としての価値は十分にあります。

低年式や多走行車を取り扱っている販売店も少なくありません。

そのほとんどは走行性能に問題がないと判断されたものであり、ほかの中古車よりも安く購入することができるのもメリットです。

また、ホンダ・フィットやトヨタ・プリウスといった人気車種であれば、高価買取をしてくれる可能性も十分にあります。

実際に、数十万円の高額査定をしてもらったという人は少なくありません。

海外に売る

「10年落ち」や「10万キロ以上」といった中古車は避けられがちです。

しかし、海外では性能が高く故障しにくい日本車を求める人も少なくありません。

そのため、東南アジア諸国などでは需要が高まってきていると言えます。

もちろん、海外での人気車種はあるものの、それ以外の車でも積極的に買い取ってくれるでしょう。

海外の流通に強みを持つ買取店であれば、期待以上の査定額になるかもしれません。

部品やパーツとして使える

車の状態によっては、走行上に問題が生じることも考えられます。

一般的に、このような場合は廃車になることがほとんどです。

ディーラーなどでは廃車にするための手続きも代行してくれますが、プラスになるどころか費用が発生してしまいます。

一方で、中古部品やパーツの買取を専門とする業者も存在します。

廃車になる車でも引き続き使用できるパーツは残っていることがほとんどなので、買い取ってもらえる可能性は高いです。

低年式、多走行の車はどのくらいで売れるの?

低年式、多走行の車はどのくらいで売れるの?

実際に、低年式や多走行の車は、どれくらいで売ることができるのでしょうか。

それぞれの相場を確認していきましょう。

低年式車(2005年~2007年)

トヨタ・プリウス 平均21万円
マツダ・デミオ 平均6.1万円
日産・ノート 平均4.5万円
ホンダ・フィット 平均3.9万円
ダイハツ・ムーヴ 平均3.5万円


多走行車(10万キロ以上)

トヨタ・プリウス 平均21万円
マツダ・デミオ 平均6.1万円
日産・ノート 平均4.5万円
ホンダ・フィット 平均3.9万円
ダイハツ・ムーヴ 平均2.1万円

ただし、時期や業者など、様々な条件によって査定額は左右されますので、一概にいうことはできません。

あくまでも目安として、これくらいの査定額になると考えるようにしてください。

そのため、実際の査定では期待以上の額になることも十分にあります。

10年落ちでも高く買取してもらえる車

10年落ちでも高く買取してもらえる車

登録から10年以上経過した車でも買い取ってもらうことはできます。

しかし、査定額は10万以下になってしまうことがほとんどです。

それでは、高額査定してもらえる車とはどういった特徴を持っているのでしょうか。

基本は、購入時に売却のことを考えておくことが重要です。

どのようなポイントに気を付けるべきなのか、ご紹介していきます。

10年落ちでも高く買い取ってもらえる車

10年以上経過した中古車でも、走行上に問題ない車は少なくありません。

しかし、買取店はその中古車のニーズがあるのかどうかを判断しています。

その目安となるポイントのひとつが、ボディカラーです。

黒や白は人気が高く、高額査定してもらいやすくなります。

また、10年以上経過している車でも、しっかりとメンテナンスされていれば、走行上で問題がないと判断されます。

特に、タイミングベルトなどを交換している場合は評価も高くなるでしょう。

さらに、フルモデルチェンジ前に査定してもらえば、大きく評価が下がることはありません。

デザインや機能性能などが刷新されるため、フルモデルチェンジ後だと厳しい結果となってしまいます。

低年式の軽自動車は査定額が厳しい

軽自動車は低年式であればあるほど、高額査定になりにくくなっています。

なぜなら、10年以上前と比べて、最近発売されている軽自動車は燃費などが著しく改善されているからです。

技術革新された軽自動車の方が魅力的なため、どうしても査定額は下がります。

そもそも、軽自動車は車両本体価格が高いものではなく、高額査定を出しにくいことも事実です。

2010年以前に製造販売されたモデルは、数万円程度にしかならないと考えた方が良いでしょう。

車を売るなら10年経つ前がいいの?

車を売るなら10年経つ前がいいの?

もちろん、高額査定を狙うなら早めに手放した方が良いでしょう。

しかし、10年落ちの中古車が圧倒的に不利かと聞かれれば、そうではありません。

なぜなら、走行距離や部品の劣化、モデルチェンジのタイミングなど、条件は異なってくるからです。

たとえば、タイミングベルトからタイミングチェーンに交換している可能性もあります。

交換するための費用のことを考えると、10年という数字は大きな意味を持たなくなります。

また、モデルチェンジのタイミングも車種によって様々です。

3年ほどで大きく変わるものもあれば、すでに販売中止になっていることだってあります。

このように車を売却するタイミングに正解ありませんが、同じモデルであれば早い方が高額査定になりやすいことは頭にいれておきましょう。

自分の車にも価値が?無料査定でチェック!

バイセルなら安全、高額に車買取ができる!

では、いつか売却したいと考えている方はどうすれば良いのでしょうか。

そういった場合は、無料査定を受けて自分の車にどれくらいの価値があるのかをチェックしてみることをおすすめします。

30分~1時間程度で完了するため、仕事などで忙しい人でも安心です。

ある程度の相場はインターネットなどでも調べることはできますが、本当の価格ではありません。

実際にプロの目で確認してもらって、その結果から売却するかどうかの判断をしましょう。

まとめ

まとめ

10年以上経過した「低年式車」や10万キロ以上の「多走行車」であっても、中古車として買取してくれる業者は少なくありません。

一般的な中古車と比べたら査定額は低くなるかもしれませんが、状態によっては期待以上の額を提示されることもあります。

自分の車にどれくらいの価値があるのかを知るためにも、無料査定でチェックしてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!