骨董品コラム

注目を集める茶道具の種類と相場!より高く売る買取のコツとは?

注目を集める茶道具の種類と相場!より高く売る買取のコツとは?

茶道具は主に茶室で使う道具を指し、その種類は多岐に渡ります。

本格的な茶道で用いられる茶道具は骨董品においても高い需要があるものの、どのくらいの価値があるものなのかを見極めるのは難しいでしょう。

今回は骨董における茶道具の価値や多岐に渡る茶道具の種類と、より高く売る買取のコツを解説します。





密かに注目を集める茶道具と茶道の流派

密かに注目を集める茶道具と茶道の流派

茶道の世界はとても奥深く、国内外で教養や作法の一環として学ばれる方が増えており注目の高さが伺えます。

そんな茶の世界で使われる道具(茶道具)の中で代表的な種類や特徴を紹介します。

茶道で使用される代表的な茶道具を紹介

茶道具名称 特徴
茶碗 焼き方の違いによって種類が変わり、茶道で使われる茶碗は主に抹茶茶碗が使用される。
薄茶器(棗) 抹茶を入れるための容器。植物の棗の実に似ていることや、緩やかに絞りの形の薄茶器など形状の異なる棗も多い。
茶入れ 陶器でできた茶を入れるための容器。茶道においては日本製よりも海外製の茶入れのほうが格が高くなる。
茶筅 お茶を点てるために使う道具で、茶碗に抹茶とお湯を注ぎ均一に回して使用する。茶筅の穂先は種類がある。
茶杓 茶器の中に収めた抹茶を茶碗にすくい使用する。素材は木製や竹、動物の角(象牙)が使われている茶杓もある。
茶巾 麻素材で作られた布で茶碗を拭くために濡らして使用する。
柄杓 茶道で使用されるものは主に木製で、水を汲むために使用され季節により大きさが変わる。
茶道の世界では茶釜とも呼ばれ、お湯を沸かすために使われる。
茶道具を飾るための棚で、水差しを置く場合もある。
掛け軸 茶道と深い関係のある掛け物で、湿気に弱いので保管の際は桐の箱に入れて保管する。
花入れ 掛け軸を飾る間の下に一輪差しで花を添える花瓶。季節によって差す花は変わる。
水指 茶碗を水で濯ぐ為の陶器でできた容器。陶器製のほか木製の水指もある。

茶道においてメジャー流派である「三千家」とは

茶道とは元々客人を茶を振る舞うために生まれ、千利休が詫び茶のスタイルを確立したと言われています。

千利休が確立した詫び茶のスタイルは長い時間をかけ500以上もの流派が生まれましたが、その中で最もメジャーな「三千家」を紹介します。

表千家

千利休を開祖とする千家流茶道の本家であり、現在は14代目が家元を務めています。

裏千家

表千家と同じく千利休を開祖とする千家流茶道の本家ですが、「裏千家」の名前の由来は、表千家「不審庵」からみて、裏千家「今日庵」は、通りから見て裏側にあったことが由来となっています。

武者小路千家

京都市上京区武者小路通りを発祥とする流派で、3つの流派の中で最も合理的かつ無駄のない動きが特徴となっています。

骨董品買取での茶道具の買取相場には「時価」と「市場価格」が大きく関係している

骨董品買取での茶道具の買取相場には「時価」と「市場価格」が大きく関係している

茶道具は著名な作家が作ったものや流派などによって値段にとても幅があります。

特に骨董品に関しては買取店側の「時価」と骨董品の「市場価格」が大きく関係しているため、一般的な中古品のような買取相場や参考価格が存在しないという特徴があります。

骨董品買取の専門業者の中には買取実績を掲載しているところもありますが、骨董価値の見込まれる茶道具は一点ものというケースが多いため、お持ちになっている茶道具の買取相場と一致しない可能性が高いといえるでしょう。

高値になる茶道具の査定ポイント

高値になる茶道具の査定ポイント

茶道具は流派や作家物や種類ごとに価値が異なりますが、実は高値になる茶道具に共通した査定ポイントがありますので紹介します。

保管用の箱(共箱)が揃っている

著名な作家や代表的な流派の名が記された骨董品の多くは共箱と呼ばれる保存用の木箱に収められています。そのため査定の際には価値を見極める重要な証拠となりますので必ず残しておきましょう。

査定に出すときは1点よりも複数で

茶道具は茶碗や釜、水指など複数が用いられます。そのため1点づつの査定よりも複数まとめてのほうが高値を狙うことができます。

高値を狙うならお茶会用の茶道具で

茶道具にはお茶会用で使われるものと普段のお稽古で使われるものと2種類に分類されます。骨董品としての価値が見込まれる作家名が記された茶道具の多くはお茶会で使われる茶道具のほうが高値になります。

茶道具の種類とより高く売る買取のコツ:まとめ

茶道具の種類とより高く売る買取のコツ!

骨董品買取において高い人気と需要を誇る茶道具の種類と買取に出す際に押さえておきたいコツを紹介しました。

特に茶道具は同じ商品名でも出来の違いなどやテーマなどによって買取金額が変わってきますので、お持ちになっている茶道具を買取に出すときは、骨董品の買取を専門で行っている業者に相談してみましょう。

また、骨董品は時価と市場価値で大きく査定価格も異なりますので、一つのお店だけでなく複数の買取業者を利用した上で最も高値を付けてくれる買取業者がおすすめではないでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!