骨董品コラム

日本初の磁器!骨董品古伊万里の魅力

  • 古伊万里は長い歴史をもち、世界的にも愛好家の多い磁器として知られています。同時に、歴史の古さから歪みなどが出やすいものもあり、保存や管理が難しいものでもあります。もし、古伊万里の骨董品などをお持ちで不要ならば、早めに買取に出すことがおすすめです。できるだけ状態の良い方が査定額も高くなるでしょう。ここでは、古伊万里の歴史や魅力について紹介します。

                   

    古伊万里とは日本で最初の磁器

    古伊万里は、江戸時代に佐賀県有田で日本初の磁器として生まれました。当時、有田で焼かれた磁器が伊万里の港に集められ、各地に運ばれていたことから伊万里焼と呼ばれていました。有田でつくられていた磁器も、伊万里焼や古伊万里と呼ばれるのはそのためです。古伊万里は、誕生から100年以上もの間、国外に輸出されていたことから世界中にファンの多い磁器といえます。インテリアとしてや実用品の食器としてなど広く親しまれてきました。時には、権力の象徴として用いられていたこともあり、今でも「IMARI」「Old Imari」「Japanese Imari」などと呼ばれ貴重に扱われています。

                   

    古伊万里の歴史

    江戸時代初期、朝鮮陶工「李参平」が有田の泉山で良質な陶石を発見しました。陶石とは磁器の原料になるもので、その発見により日本初の磁器が完成したとされています。その当時の作品は、藍一色の「初期伊万里」と呼ばれるもので、歪みやムラが大きく技術が未熟だったことがわかります。しかし、未熟が故の素朴な味わいは現代のコレクターなどの間で人気の要因になっています。その後、1640年代ごろから中国の色絵技術が取り入れられるようになりました。本焼き後、赤や黄色の絵の具で彩色、低温で再度焼き上げるものです。この色絵磁器は世界的にも大きな人気を得ることになり、ヨーロッパ磁器にも影響を与えたといわれています。貿易時代には、オランダ東インド会社の要望により様々な磁器を作るようになります。大型の壷や皿の一部分が欠けた状態のひげ皿、さらには水注などヨーロッパ人の生活になじむものを多く輸出していた時代です。その後しばらくすると、国内向けの生産に力を入れる時代がやってきます。公家や大名、中級層の人々にも親しまれる食器として徐々に浸透していきました。急須や鉢、椀や小皿などが量産されていたといわれています。

                   

    外国人にも愛されている古伊万里

    昔から外国人に愛されてきた古伊万里ですが、現在もその人気は高く各地で行われている骨董市には外国人も多く訪れます。色彩豊かで、繊細な絵柄は日本人だけでなく世界中の人を魅了してきました。現代に受け継がれている文様もありますが、古い陶器ならではの味わいは、シノワズリーといった東洋風のアクセントとして、インテリアやテーブルコーディネートに活かしているお店もあるくらいです。

                   

    現代の古伊万里

    江戸初期から始まり、進化と革新を続けてきた古伊万里は約400年もの間伝統を継承してきた貴重な焼き物です。伊万里焼の中でも、アンティークな食器として扱われ、骨董品コレクターから絶大な人気を誇ります。常に挑戦を続け焼き上げた初期の磁器や貿易先の要望に応え大量に作った器、鮮やかな藍色の大皿など、どの時代のものにも大きな歴史的価値が感じられるものです。そのため、不要になった古伊万里の骨董品があれば、買取店などで高値が付く可能性もあります。骨董品は専門家でないと価値がわかりにくいものなので、買取されるか心配な時は無料査定に出してみると良いでしょう。貴重なものだけに持ち運びが心配な場合は、出張買取などのサービスを利用すれば自宅で査定してもらうこともできます。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報