骨董品コラム

骨董品の焼き物で人々を魅了する織部焼

骨董品の焼き物で人々を魅了する織部焼

骨董品好きのみならず料理人や器愛好家をも魅了するのが、緑釉の特徴的な織部焼です。

400年前に誕生した織部焼は当時の茶人に珍重されました。

現代では緑以外のものもあります。

織部焼とはどのような焼き物なのでしょうか。





織部焼が生まれた背景

桃山時代に盛んになった美濃の焼き物ですが、その流れに乗って現れたのが鮮やかな緑色の釉で知られる織部焼です。

この「織部」という名称は千利休に続く茶の湯をけん引するリーダーであった古田織部が自分好みの器を焼かせたことから付いているというのが俗説ですが、実際のところ不明です。

むしろ懐石で使う器を革新的に変えた織部にあやかって付けられた名称かもしれません。

古田織部は美濃の生まれで織部焼もまた美濃地方の窯で焼かれています。

どこかで接点があったことは想像に難くありません。

桃山時代から江戸初期にかけては日本における陶器の歴史の一大変革期です。

それを如実に表すのが織部焼です。

緑釉の色模様が織部焼の魅力

織部焼と聞いてまず思い浮かぶのが緑色です。

織部焼が登場する以前から緑釉陶や灰釉陶、信楽焼の壺の表面を流れる自然釉など、多様な緑がありました。

しかし織部釉と言えば緑色を表すように織部焼の緑は人々に鮮烈な印象を与えています。

織部焼の緑の釉薬は濃淡をつくり、器全体を覆うものと透明な釉に分けられ、文様を描いた部分とのコントラストが見事です。

緑のしずくを滴らせたようなものもあり、個性を感じさせます。

人々はこうした器ごとに異なる釉薬の具合に、ひとつとして同じものがないという価値を見出しました。

この緑の釉は灰釉に混ぜた酸化鉄が緑に発色してできる高火度釉です。

これは主体となる灰の種類によってそれぞれ特性が異なります。

例えば、火に弱い融点の低い灰が使われると灰が溶けやすく、釉薬が流れて透明になったりします。

遊び心ある形を楽しむ

織部焼はその大半を食器が占めています。

鉢や向付といったものに優れた品が多くなっています。

向付は懐石料理の場で飯椀と汁椀を置く向こう側に置くことから名前が付いています。

織部焼の向付の形は扇面、千鳥、瓢、分銅など具象的なものや幾何学的なものなどがあり、現代美術にも通じるセンスが光ります。

もてなしに趣向を凝らした当時の茶会で織部焼の器は、脇役から主役の座に躍り出ました。

それが、ゆがんだ茶碗と共に焼き物の世界で革新的な丸くない器の誕生でした。

織部焼では食器や茶道具のほかに多種多様の道具も作られました。

南蛮人の姿をあしらった燭台や動物の形をかたどった水滴などユニークな造形で今もコレクターの人気を集めています。

卓越したセンスの文様

織部焼が生まれた時代には華美をこらした人目を惹く風体で町を歩く「かぶき者」が現れました。

華美異相を良しとしたかぶき者たちは奇抜なファッションを身にまといました。

この時代の空気が織部焼の造形の大元になったと言われています。

そのため、織部の器の形や文様の大半は、かぶき者や遊女の衣装の中に共通したモチーフが見受けられます。

文様のモチーフは縞文様、格子、石畳、鱗、亀甲、桐、菊、松、竹、梅、葦、薄、千鳥など驚くほど幅広いものです。

この当時、盛んになっていた南蛮貿易で運ばれた舶来品の流行をも取り入れ、そこに和の風味を加えて生み出されたのが織部焼の文様なのです。

手持ちの織部焼はどんなものでしょうか。

もし有名作家ものなどであれば、高く買い取ってもらえるかもしれません。

存在する絶対数が少ない希少な時代のものであれば、さらに価値が出ることもあります。

代々受け継いでいる織部焼があれば、まずは出張買取に相談してみましょう。

思わぬボーナスになってくれるかもしれません。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!