骨董品コラム

歴史的製法を守り続ける!コレクターを魅了する骨董品としての備前焼

歴史的製法を守り続ける!コレクターを魅了する骨董品としての備前焼

備前焼は、鎌倉時代から現代にいたるまで1000年あまり、同じ製法でつくられる歴史的価値の高い焼き物とされています。

釉薬を使わないことで、使用するごとに艶が出るため長く使ったものこそ価値がでる作品もあるでしょう。

ここでは、備前焼の特徴や歴史について紹介します。





備前焼とはどんなもの?

備前焼は日本六古窯のひとつで、岡山県備前市伊部で生産される陶器のことです。

日本六古窯とは、日本で古くから焼き物を作っている6つの窯の総称です。

それに含まれている備前焼は長い歴史をもつ焼き物だということがわかります。

釉薬を使わずに、約1300度で焼成する焼締め陶として多くのコレクターの支持を集めています。

窯の温度や土の状態、窯への詰め方によってひとつひとつに微妙な違いが生まれ、同じ柄の備前焼は生まれないのが特徴です。

2週間もの間、高温で焼き上げるので非常に硬く、投げても割れない焼き物として知られています。

その特徴を生かし、大きなカメや壷、すり鉢などが多く作られてきました。

最近では小さな気孔があることから、通気性を必要とする花瓶に用いられたり、極めて小さな凹凸をいかしてビールグラスとしても使用されたりしています。

小さな凹凸がある備前焼にビールを注ぐことで、きめ細かい泡を楽しめるのです。

備前焼の材料は?

備前焼では、畑などから採掘される「干寄」という粘土が材料になります。

岡山県備前地方では良質な粘土が多く、焼き物が盛んになりました。

鉄分が多く粘り気が強くきめ細かいのが伊部「干寄」の特徴です。

採掘して1~2年は雨風にさらすことで、不要な成分が腐ったり、除去されたりして土となじんでいくのです。

釉薬を使わない技法だからこそ、陶土の状態がその完成度に大きく影響するといわれています。

備前焼の焼き方

備前焼は異素材を一緒に焼くことや炎の強弱、割木の灰などで模様ができるので、作り手にも仕上がりの状態は焼きあがるまでわかりません。

そのため、全く同じものはできないというのが備前焼の魅力のひとつになっているでしょう。

自然の中で作り出された模様を求める愛好家も多く非常に人気です。

備前焼は、窯の温度を高い状態でできるだけ一定に保つために登り窯が使われます。

炉内の燃焼ガスを対流させるよう傾斜を利用しているケースが多いです。

炎の状態によって焼き上がりに大きな違いが生まれるため、作家は交代で炎を見守り完成を待つのです。

時間がたつほどに魅力が増す備前焼

釉薬を使っていない備前焼は、自然な状態を焼き物にしているので長く使うことで艶が増すといわれています。

そのため、高価な食器としてしまい込んでいるよりは、手に持ち使い続けることが大事といえるでしょう。

もし、不要になった備前焼があれば買取に出してみるのがおすすめです。

骨董品としての価値があれば、高値がつくことも考えられます。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!