骨董品コラム

骨董品の中でも人気の高い九谷焼の魅力と価値

骨董品の中でも人気の高い九谷焼の魅力と価値

骨董品と聞いて多くの人がまずイメージするのが、陶磁器です。

中でも、九谷焼は高い人気を誇っています。

九谷焼は伊万里焼と並ぶ日本磁器の代表的な存在ですが、その魅力はどこにあるのでしょうか。





古九谷の誕生

九谷焼とは石川県南部に位置する金沢市、小松市、加賀市などの地方で生産されている磁器を指します。

その歴史は17世紀の半ばに現在の加賀市で、良質な陶石が発見されたことから始まります。

その地を治めていた大聖寺藩の藩主・前田利治は、磁器の作り方を習得させるため、藩士である後藤才次郎を伊万里焼で有名な有田に向かわせました。

そして、彼の帰藩後、殖産政策の一環として磁器作りがスタートしたのです。

九谷焼の大きな特徴に独特の色使いがあります。

まず、藍青色で線を描き、その後に、赤・緑・黄・紫・紺青の5色の絵具を厚く盛り上げながら塗っていくという手法です。

そうすることで白い磁器の中で5色の色が映え、非常に力強い作品に仕上がります。

こうして日本磁器の新たな様式を生み出し、現在でも高い評価を得ている九谷焼ですが、18世紀の初頭に何故か突然、廃窯となってしまいます。

この時期に作られた九谷焼を以後のものと区別するために古九谷と呼んでいるのです。

多彩な技法が花開いた再興九谷

古九谷の廃窯から約100年後、大聖寺藩は京都から名工と名高い青木木米を招いて窯業の再興を目指します。

多くの窯が開かれ、それらは古九谷の技法を受け継ぎながらも、それぞれの指導者のもとで新たな作風を打ち立てていきます。

例えば、青木木米は赤色を大胆に配し、五彩色で人物を描く中国風九谷焼を確立しました。

また、古九谷窯跡で開業し、後に山代に移った古田屋窯は、赤色を使わずに絵具を塗り重ねた重厚さに魅力があります。

さらに、永楽屋窯は全面を赤色で塗りつぶし、その上に金色のみで彩色するといった具合に多彩な技法が生み出されていったのです。

この時代を古九谷に対して再興九谷と言いますが、その名声を一気に高めたのが幕末に現れた九谷庄三です。

庄三は西洋の絵具をいち早く九谷焼に取り入れ、中間色を駆使した多彩な色彩が目を引く傑作群を生み出しました。

九谷焼の中興の祖と呼ばれ、九谷焼と聞けば庄三風の絵が連想されるほどです。

九谷焼の価値基準

非常に人気の高い九谷焼ですが、その中にも高価なものとそうでもないものがあります。

九谷焼きと言っても、その価値はさまざまなのです。

まず、一般的に、陶磁器は新しいものよりも古いものの方が評価される傾向があります。

つまり、九谷焼でも全体的に人気が高いのは古九谷の方なのです。

また、それ以上に重要なポイントになるのが作者の知名度です。

歴史上に名を残しているような名工や最近の作品でも人間国宝の手による九谷焼などは大変な値がつきます。

ただし、有名作家の作品には贋作も多く出回っています。

特に、九谷庄三は贋作の多さでも有名で、九谷庄三本人の作品とされているものの9割は偽物だと言われているほどです。

贋作はいくら精巧に作られていても実用品として以上の価値はないので、購入の際は十分気をつける必要があります。

高価買取のコツと注意点

九谷焼は贋作が多い上に真贋の見分けが非常に難しいため、購入の際はもちろん、売却する時も注意が必要です。

真偽を見極めるだけの鑑定眼がない業者は、リスクを避けて相場よりかなり安い査定額を提示してくる場合があります。

買取に出す時は、まず信頼できる業者を探すところから始めなければなりません。

しかし、誰が信頼できる業者なのかは素人にはなかなかわからないものです。

そういう時は、複数の業者に査定をしてもらい、最も高い査定額を提示したところに売却すればよいでしょう。

ただ、車や電車で何軒も回っていては、大事な九谷焼が傷んでしまう可能性があります。

それが原因で査定額が大きく下がってしまっては、目も当てられません。

そのリスクを避けるには、出張買取サービスを利用するのが賢明です。

最初からヒビが入っていた場合は、自分で金継ぎなどの修復を行うのは考えものです。

素人による出来の悪い修繕は、ただヒビが入っているだけよりも大きな値下げ要因になってしまいます。

陶磁器に破損箇所がある場合は、そのまま何もしないで査定に出すか、専門家に修繕をしてもらうかの二者択一です。

専門家の修繕作業には数千円~数万円程度の費用がかかるため、費用対効果の観点からどちらが得なのかをしっかり見極めることが大切です。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!