骨董品コラム

板谷波山とは?茨城が生んだ陶芸家の魅力は作品を超えた人柄にあった

板谷波山とは?茨城が生んだ陶芸家の魅力は作品を超えた人柄にあった

洗練されたフォルムに品の良い色合いと絵付けが特徴的な板谷波山の作品は、コレクターを中心に広く愛されています。

作品の美しさだけでなく、人間性も素晴らしい板谷波山という陶芸家を紹介しましょう。





               

美術を学んだ経験を陶芸に

板谷波山は、1872年に茨城県は現在の筑西市で生まれました。

生家は醤油醸造の他に雑貨を売る店を営んでおり、陶芸とは無縁の環境で育ちました。

陶芸家として活動したのは、明治時代の後半から昭和の中頃です。

板谷波山は現在の東京美術大学彫刻科に学びましたが、在学中は岡倉天心や高村光雲から指導を受けました。

卒業してからは石川県で教諭として働いていましたが、この時に陶芸を指導することになったのが、陶芸家へ転身するきっかけになったのです。

板谷波山のように美術を学んだ人間が陶芸家になるのは当時の日本では稀なことで、その素地が板谷波山の作品作りに反映されていると言われています。

板谷波山の功績と作品の魅力

板谷波山は、美術教育で学んだことを作品に反映させることで独自の作風を作り出した人物です。

板谷波山の主な作品の特徴は、主に絵付けと立体模様に分けられます。

花瓶や器といった作品が多く、シンプルで上品なフォルムが目につきます。

派手な色合いはほとんど使用せず、目に優しい淡い中間色を多用し、さらに輪郭をぼかすように絵柄を描くことで器に自然に馴染むのが板谷波山の代表的な作風です。

この他、彫刻から得た感覚と技法は青磁の花瓶や器を中心とした作品に残されています。

絵付けをしない代わりに植物などを立体的に型取ったものです。

色を入れないことで、控えめながら存在感のある作品に仕上がっています。

主張しない色味の板谷波山の作品は場所を選ばず飾りやすい反面、完成された存在感があることで魅力を感じる人は多いようです。

そして、これらの見事な板谷波山の作品は、陶芸を芸術品の位置に高めたとしてその功績が讃えられ、1953年には陶芸家としては初の文化勲章を授章しました。

香炉と観音像を作った理由とは?

板谷波山の作品はその美しさに定評があり、本人が亡くなった1963年以降も高い評価とともにそれに相応しい価格で取引されています。

しかし、板谷波山の魅力は作品だけに留まりません。板谷波山は花瓶や器の他に香炉や観音像といった仏像も作品として残しています。

そして、その作品には板谷波山の人柄が見えるエピソードがあります。

板谷波山は郷里をこよなく愛する陶芸家でした。

郷里の文化財の保存や地域の文化的発展に力を入れるだけでなく、日中戦争をきっかけに地元の戦没者に哀悼の意を深く感じるようになったのです。

そこで、香炉や観音像を制作し、遺族へ贈るという行動を起しました。他にも、高齢者全員に自作の杖を贈っていたというエピソードも残っています。

今も愛される板谷波山の作品

2004年には、板谷波山の映画も公開されました。

没後も人気の衰えない板谷波山の作品は、その人柄とともに賞嘆され続けています。

淡い色合いを中心にした絵付けや立体で表した作品の他にも、釉薬の絶妙な色合いが美しい器も人気の高いものです。

多少高値でも欲しいというコレクターも多く、作品が出るとどれも好条件で取引されています。

板谷波山は、花瓶や壷など大きな作品はもちろんですが、香炉といった小さなものも人気です。

作品によっては一般には出回りにくいという印象もあり、買取の場合も良い条件がつきやすくなっています。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!