骨董品コラム

家で眠っている茶器を少しでも高く売るコツ

  • 茶器は数ある骨董品の中でも、特に人気の高いアイテムです。祖父が使っていた、あるいは倉庫から出てきたガラクタ同然の茶器でも思わぬ高値がつく場合があります。そこで、自分では使ったことがなく、相場も分からない人のために、少しでも高く茶器を売るコツを説明します。

                         

    意外と重要な茶器の箱

    茶器は単なるお茶を飲む道具ではなく、主と客人が同じ時空を共にしながら一体感を共有する総合芸術です。したがって、茶器自体の美しさや芸術性の他に、どのような人がそれを作って誰が受け継いできたかによっても、その価値は大きく異なってきます。特に、箱入りの茶器の場合、その箱に茶器の由来や作家の直筆サインが書かれているケースが多く、その内容によっては驚くような値がつく可能性あります。もし、家にあるのが箱入りの茶器なら、箱は絶対捨てずに大切に保管しておいてください。ちなみに、茶器にはお茶会用と稽古用があり、前者は桐や黒塗りの箱に入れられ、後者は杉や紙の箱に入っていることが多いそうです。そのうち、茶器の由来や作家の名前を書いているのはお茶会の箱の方です。

    一式揃えば買取額も大きくアップ

    茶器とは茶碗や香炉といった個別のアイテムがバラバラに存在しているわけでなく、お茶会に用いるものすべてが揃って1セットとなります。したがって、単品で売りに出すよりも、全部揃えて査定に出した方が高値を期待できます。茶事で用いる茶器には、お茶を点てる『点前道具』、床の間を飾る『装飾道具』、懐石に使う『懐石道具』、お勝手で使う『水屋道具』などがあるので、全部揃っているかあらかじめ確認をしておきましょう。また、道具だけでなく、箱を包んでいた布やそれを結ぶ紐も重要な意味がります。ひとつでも欠けていると大減額になる可能性があるので、保管には十分気をつけてください。

    査定前の掃除が大切

    茶器に限らず、骨董品はきれいな状態であるか否かが鑑定士の印象を大きく左右します。割れや欠損がなかったとしても道具がホコリだらけの場合、大事に扱われていなかったのだと判断され、実際の価値より値段を低めに見積もられてしまう可能性があるのです。そこで、少しでも高く買取ってもらうためには、査定に出す前になるべくきれいに掃除をしておくことが大切です。ただし、茶器の中には手入れが難しいものもあり、間違って傷めてしまうと価値が大きく下がってしまいます。したがって、茶器の手入れに詳しくない人は、ほこりを払ったり、軽く拭いたりする程度にとどめておくのが賢明です。

    茶器を売る時は出張査定サービスの利用がおすすめ

    茶器を売る場合、問題はどこで売るかです。ネットオークションという手もありますが、茶器の鑑定は素人では難しいため、正当な評価が得られない可能性が高くなります。もし、数千円で落札した茶器があとで数十万円の価値があることが判明すれば泣くになけないところです。やはり、骨董品を専門に扱っている業者に買取を依頼するのが無難です。しかし、茶器の目利きはたとえプロでも容易ではありません。そのため、同じ茶器を持ち込んでも業者によって査定額が大きく異なる場合があります。より高い値段で買取ってもらうには複数の専門店に持ち込み、その中で一番高い値をつけてくれたところに売るのがよいでしょう。ただ、この手の専門業者は遠方にしかない場合が多く、それを何軒も回るのは大変です。また、移動中に茶器が傷んでしまう可能性もあります。そこで、おすすめなのが無料出張査定サービスの利用です。そうしたサービスのある業者に依頼をすれば家にいながら買取ができますし、売りに出す茶器を壊してしまう心配もありません。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報