骨董品コラム

日本人を魅了する焼き物の正体とは?

  • 和食に彩を添える焼き物には、多くの種類があります。これは日本人が食で美しさも大事な要素の1つとしているからに他なりません。生活を豊かにしてくれる焼き物について歴史を軸に分かりやすくお伝えします。

                           

    そもそも「焼き物」とはどんなもの?

    焼き物には有名な産地の名の付いたものが様々ありますが、その歴史は世界最古の焼き物と言われる縄文土器までさかのぼるほど日本人とのかかわりが深いものです。焼き物とは大まかに言ってしまえば、粘土を焼いた器です。柔らかな粘土が焼かれることにより含まれている成分がガラス化し土の粒同士をしっかりとつなぎ合わせます。そうなることで、冷めても固まったままで水も通さなくなるのです。土や岩に含まれている長石と珪石がその役割を果たしています。最古の土器は歴史の教科書にも登場する縄文土器です。この発明によって煮炊きが可能となり、食用となる素材の幅も広がりました。土器の時代は焚き火を利用していましたが、次第に製作の技術は進歩していきます。

    紛らわしい焼き物の種類を見分けるコツ

    よく耳にする「陶磁器」という言葉は、「陶器」と「磁器」をひとくくりにした言葉です。焼き物の意味で使われることがあります。陶器も磁器も焼き物ですので間違いではありませんが、正確に言えば焼き物には他の種類のものもあるのです。大雑把に言えば、陶器と磁器のほかに「土器」と「せっ器」があります。ただその数が少ないため陶磁器が焼き物の代名詞のようになってしまっているのです。具体的に見ていきましょう。土器は粘土をそのまま野焼きをした縄文土器や弥生土器、土師器などで現代でも植木鉢などに使われています。せっ器は須恵器、常滑焼、備前焼、信楽焼などが挙げられます。陶器は美濃焼、萩焼、京焼などが代表的なものです。磁器は4種の中で最も硬いものです。伊万里焼、鍋島焼などがあります。

    焼き物の個性を決定づけるもの

    焼き物にはその原料や焼成法、特徴などでそれぞれ個性的な特徴が生まれます。中でも、個性を強く打ち出す重要な要素となっているのは産地です。焼き物を焼くにはそれにふさわしい土が第一に必要となります。さらに焼成するための資源が豊富なことも欠かせない条件です。そのため、その土地ごとに焼き物の特徴が異なってきます。産地ごとに職人の持つ技も自ずと違いが出てきます。産地ごとの作風が歳月を重ねることで伝統として培われます。そのため、焼き物の作風から産地を推定することもできるのです。ただし、現代ではそうした傾向は薄れてきています。どんな材料でも容易に手に入る時代であっては作り手が意図すれば好みのものを焼くこともできます。

    暮らしに寄り添う焼き物

    焼き物は土や焼きの工程が同じだとしても一つとして同じ着色や色合いの作品はありません。同じ工程をたどっていたとしてもその時の気温や室温によっても微妙な違いがあり、個性として現れます。高価なものであっても使うことでその良さが分かるのが焼き物です。茶碗から香合などありますが、身近にふれることの多い食器はやはり種類も多く日本料理の器として欠かせないものです。目にも美しい文様や色合いは料理を盛り付けることで華やかさを増します。優れた絵付けの大皿が1枚あるだけで心を豊かにしてくれる、それが焼き物の魅力です。焼き物は大事にしまい込まず、どんどん使いたいものです。もし自分の生活スタイルに合わない焼き物があれば、一度出張買取に相談してみるのもおすすめです。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報