骨董品コラム

ほしいものは必ず手に入れたい!コレクターの行動あるある!

  • 世の中には、ほしいものを手に入れるためには手間隙かけた行動を惜しまない「コレクター」と呼ばれる人たちがいます。あなたの家で眠っている古い品も、コレクターからすると魅力的なアイテムである可能性もあるのです。

                         

    コレクターは希少価値が大好き

    コレクターの傾向として希少価値の高いアイテムを愛することが挙げられます。切手やお酒のボトルなど、発売当時は大して高額でなかったものでも、後々手に入りにくくなったものであれば、コレクター心をくすぐるプレミアム品になることもあります。たとえば、切手や雑誌、本には印刷ミスが起こりえます。誤字脱字があったり、インクの定着が悪くて汚れていたり、実際の品物としては問題があるものでも、コレクターの中では珍品として喜ばれます。あなたの家でも印刷ミスによって使い物にならない切手がないでしょうか。鑑定に出すと思わぬ値段がつく可能性があります。

    コレクターは記念品が大好き

    コレクターが愛するアイテムとして、何かの記念品があります。オリンピックや天皇即位など、歴史的な大事件を記念して販売された商品には限定的な価値がつくことがあります。商品としては市場でよく見かけるものでも、期間限定でパッケージが変わっていたり、記念ラベルが貼られていたりすると、一気に価値が上がるのです。こうした商品で多いのがお酒です。特にワインや日本酒などのボトルに入ったものです。コレクターはお酒が飲めない人であっても、収集するだけで満足を覚える人がたくさんいます。中には、中身のお酒よりもボトルやラベルに価値を見出している人もいます。そのため、中身が入っていなくてもボトルやラベルが残っていれば価値を調べてみることをおすすめします。

    コレクターはノベルティーグッズが大好き

    非販売品で、イベントや販促のために作られた品のことをノベルティーグッズといいます。一般市場には出回っていない品物は、コレクターからすればかなりの労力を使わなければ手に入れられないので、非常に注目を集めています。たとえば、あなたの会社で創立二十周年などの行事があったなら、そのときに記念グッズが社員に贈られませんでしたか。腕時計、万年筆などのアイテムが人気メーカーの限定デザインであれば、コレクターからの需要が高まることでしょう。もしも使わないまま放置しているのなら、査定を依頼してみることをおすすめします。

    コレクターは意外な物が大好き

    コレクターが何を愛好しているかは、一般人には分からないことが多々あります。空き缶や空き瓶など、普通ならゴミとして扱われるものでもコレクターがいて、高値で取引されることがあるのです。意外に思えるような品物でも、コレクターがいる可能性はあります。あなたの家で埃をかぶっている数々の品物が、予想外の価値を含んでいることもありえるのです。もしも家の整理をするなどして眠っていた品物が大量に出てきた場合には、捨ててしまう前に買取業者を呼んでみてはいかがでしょうか。出張買取であれば、労力を払うことなく手軽に査定をしてもらえます。あなたにとってはゴミだと思っていた品物がコレクターにとってのお宝に化けることもあります。

骨董品買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報