骨董品コラム

近代日本画家を代表する横山大観

近代日本画家を代表する横山大観

明治に生まれ、大正、昭和と3つの時代を生きた横山大観は、近代日本画家の代表とも言える作家です。

幻想的で壮大な横山大観の作品は数々の美術館に所蔵されており、稀に市場に出れば高値で取引されています。





明治から昭和まで生き抜いた画家

横山大観は、現在の茨城県水戸市出身の日本画家です。

明治元年の1868年に、水戸藩士であった酒井捨彦の長男として生まれましたが、後に母方の横山家の養子になったことで横山姓に改姓しました。

明治維新により父が水戸藩士としての地位を失ったことが、1878年に家族で東京へ移転するきっかけとなっています。

その後、東京府中学校、東京英語学校を経て、現在の東京芸術大学である東京美術学校の第一期生として学びました。

昭和33年の1958年に89歳で亡くなるまで多くの作品を生み出し、他の日本画家や文化人とともに近代日本画の礎となる数々の功績を残しています。

そして、その功績が讃えられ、朝日文化賞、文化勲章、文化功労者、勲一等旭日大綬章を受賞しました。

 

名だたる人物たちとの交流

東京美術学校時代は、創設者でもある岡倉天心や橋本雅邦の指導を受けています。

卒業後は同校の助教授として勤めていましたが、校内騒動に巻き込まれてしまい、岡倉天心らとともに辞職した後は、岡倉天心の呼びかけで茨城県五浦に居を移し、日本美術院の創設の一員として参加しました。

同じく、日本画家の菱田春草や下村観山は東京美術学校の同期でもあり、ともに日本美術院の創設に参加しています。

また、菱田春草とは新しい日本画の画風を画策するために洋画の画法を取り入れ学び、研究に没頭するなど、生涯に渡って深く交流しています。

 

狩野派の影響も受けながら幻想的な作風に

横山大観は東京美術学校への入学を前に、最後の狩野派と言われる狩野芳崖と結城正明に師事した時期があります。

横山大観の画風は、狩野派に代表される日本画を強く感じながらも、洋画の要素が取り入れられたことで独特の世界観を作り出しているのが特徴です。

特に、菱田春草とともに学び研究を重ねた朦朧体(もうろうたい)という画法は、横山大観の作品を広く印象づけるものとなりました。

朦朧体とは、あえて輪郭線を描かずに絵の具を重ねていくことで形作る画法です。

この画法により、背景に溶け込むような幻想的な日本画が確立したのです。

 

市場に出たらかなりの高値に!重要文化財に指定される大観の画

横山大観の作品は自身の住居跡を利用した横山大観記念館を始め、多くの美術館に所蔵されています。

中でも、東京国立博物館蔵の『蕭湘八景』や東京国立近代美術館蔵の『生々流転』は重要文化財に指定されるなど、どれも芸術価値の高いものです。

横山大観は本物の作品が一般に出回ることはなかなか難しい作家の1人とされています。

稀に、掛軸などの作品は個人で所蔵されているものもあるようですが、かなりの高値で買取されることは間違いありません。

横山大観の作品は、コロタイプという名画を精巧に再現するために用いられることの多い印刷法で複製されたものも出ています。

印刷といっても量産されないもので、精巧な複製として出されており、気軽な観賞用として好まれています。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!