骨董品買取について

鉄瓶の売却は骨董品買取がおすすめ!買取相場や高く売るコツを紹介

鉄瓶の売却は骨董品買取がおすすめ!買取相場や高く売るコツを紹介

引っ越しや遺品整理などで、昔使われていた骨董品が出てくる場合があります。日常でごく普通に使われていた「鉄瓶」もその1つでしょう。

鉄瓶の処分を考えているなら、骨董品買取業者に買取してもらうのはいかがですか?今回は、骨董品買取を利用するとよい理由や、鉄瓶の買取相場、高額買取のコツをご紹介します。





鉄瓶とは?

鉄瓶とは?

鉄瓶とは、飲用のお湯をわかす鉄製のやかんです。もともとは、お湯をわかすのに使われていた「茶釜」と呼ばれる茶道具に、つぎ口やつる(持ち手)がつけられ、普及していきました。

鉄瓶は熟練した職人によりひとつひとつ丹念に作られており、使うほどに風合いが増し、価値が高まります。日本が誇る、伝統工芸品です。鉄瓶でわかしたお湯は、鉄分が豊富で健康に良く、まろやかで、お茶やコーヒーがより深い味わいになります。現代では、湯わかし道具としての価値が見直されてきただけでなく、芸術品や骨董品としても高く評価されてきました。

希少価値が高い鉄瓶の中には、美術館で保管されるほどの価値がある品もあります。実用性と美しさを兼ね備えた鉄瓶は、茶道家や骨董品コレクターをはじめ、幅広い層のファンに愛されてきました。最近では、骨董ファンの増加や中国をはじめとする外国での人気に加え、海外オークションなど、海外マーケットへの販売が容易になったことから、鉄瓶の買取需要が増えています。

【南部鉄瓶】

「南部鉄瓶」とは、日本を代表する鉄瓶の産地、岩手県盛岡市を中心に作製されてきた鉄瓶です。江戸時代初期、藩内に良質な鉄資源があることから、南部藩主「重直公」が京都出身の釜師「小泉仁左衛門」に茶の湯釜を作らせたのが始まりと言われています。後に、三代「仁左衛門清尊」が便利さを追求した湯わかし道具を作り、一般の人の間でも広まっていきました。南部鉄瓶の知名度が全国的に広まったのは、明治時代です。

質の高い鋳鉄と伝統の技術が生かされた、黒色や茶色の飾り気のないデザインが純日本的と高く評価されてきました。蓋が鉄製で摘みが一体化しているのが、南部鉄瓶デザインの特徴です。作家としては、「小泉仁左衛門」や「鈴木盛久」が有名でしょう。

【京鉄瓶】

関西地方で作られた鉄瓶は、「京鉄瓶」と呼ばれます。一般的には、蓋は銅製で、梅の摘みや釜底に鳴り金がついているのが特徴です。「龍文堂」や「亀文堂」、「金寿堂」や「金龍堂」などが有名でしょう。有名作家には、金寿堂の「雨宮宗」や、大阪を代表する職人「大國寿朗」などがいます。

龍文堂

龍文堂は京都の有名な鉄瓶屋で、江戸から昭和の時代にかけて続きました。京鉄瓶の元祖とも称される存在で、特に、明治から大正の時期には、高級な鉄瓶を製作したことで知られています。龍文堂と銘が入っている鉄瓶は、本家で作られた品である証です。「安之助」の作品はとても価値が高く、人気があります。

亀文堂

龍文堂で学んだ「波多野正平」が近江で工房を開いたのが始まりです。蝋型鋳金の技法により、有名になりました。亀文堂の歴史は4代と短く、作品の流通量が少ないため、希少価値が高めです。「波多野正平」や「淡海秀光」の作品は特に、高く評価されています。

鉄瓶を高く売るなら保管が大切

鉄瓶を高く売るなら保管が大切

鉄瓶の買取査定では、作家やデザイン、市場価値などがチェックされます。屋号や作家は、蓋の裏や瓶底などに刻印されている場合があります。デザインは、シンプルなものから動物や植物が描かれたものまで、形や装飾方法もさまざまです。特殊な技法が使われている鉄瓶もあります。例えば、「象嵌」は、模様を刻み、金や銀など他の素材をはめ込んだ装飾方法です。「袋鉉」は、持ち手内部を空洞にすることで、握った際に熱さを和らげる工夫がされています。

さらに、買取査定では、欠けや割れ、汚れやさび、水漏れするかなど鉄瓶の状態もチェックされ、査定額に大きく影響します。修復歴の有無も確認されるでしょう。基本的に、骨董品は中古品です。「古い」というのが前提で、古いほど価値が高まる場合もあります。そのため、多少の劣化は仕方がありません。むしろ、より味が出て、芸術的価値が高まるケースもあるでしょう。

しかし、劣化が激しいと、価値は下がってしまいます。鉄瓶は、使わずにしまっておくだけでも劣化してくため、高額買取を狙うなら、価値が下がるほど劣化してしまう前に売却するとよいでしょう。劣化を遅らせるためには、日頃からきちんとお手入れをしておくことや、保管方法に気を配ることが大切です。小さなさびは、緑茶を浸した布で軽くふき取るとよいでしょう。

内部全体がさびているなら、20分~30分ほど茶殻を煮詰める、という方法もあります。効果が感じられなければ、何度か繰り返すとよいでしょう。お湯をわかし終ったら、すぐにお湯を出し、まだ鉄瓶が熱いうちに逆さにして水をきり、水分を蒸発させることが大切です。内部に水分が残らないように注意してください。乾燥した場所で、湿気を避けて保管し、さびていないかをときどき確認しましょう。

鉄瓶の買取相場はどれくらい?

鉄瓶の買取相場はどれくらい?

鉄瓶の買取相場は数千円から、高額の品では100万円以上と、品によって大きく異なります。有名作家の作品や希少価値の高い鉄瓶なら数十万円~数百万円の高額査定、市場価格の6割から8割程度、状態が良ければ9割程度の価格が期待できるでしょう。

【龍文堂の鉄瓶】

10万円前後となることが多いですが、蓋だけが変えられた「龍文堂もどき」も多く出回っており、その場合、数千円~一万円前後が相場となります。安之介の鉄瓶なら数百万円もの価格で取引される場合があります。

【淡海秀光(亀文堂)の鉄瓶】

高価な品は数百万円の値が付けられることもありますが、贋物も多く、20~30万円前後での買取が多く見られます。

【大國寿朗の鉄瓶】

状態にもよりますが10万円前後が相場になります。希少性が高い作品は100万円を超える価値があります。

【金龍堂の鉄瓶】

2万円~20万円程度。

【金寿堂の鉄瓶】

状態にもよりますが10万円~20万円程度が平均的な買取価格となっています。雨宮宗の作品なら30万円以上の査定が出る場合があります。

【南部鉄瓶】

5千円程度~。鈴木盛久など有名作家の品は5万円前後が買取相場です。

鉄瓶を含め、骨董品の価値を正しく鑑定するには、専門的な知識や経験が必要です。鉄瓶を売却するなら、骨董品・芸術品・美術品を専門で買い取っている買取業者に買取してもらうとよいでしょう。フリマアプリやネットオークションを活用して売却する方法もありますが、鉄瓶の本当の価値がわからなければ損をするリスクが大きくなります。

ただの古いやかんに見えたものが、実は、有名作家による歴史的に価値の高い鉄瓶であるケースもあります。また逆に、高そうに見える鉄瓶が偽物で、大した価値がないこともあるでしょう。判断を誤ると大きな赤字を生みだしてしまう危険をはらんでいるため、鑑定に自信がなければ、当然査定額は下がります。しっかりした販売ルートを持ち、中古市場にも詳しい専門の鑑定士がいる専門の買取業者を選んでください。複数業者の査定額を比較するのもよいでしょう。

金や銀など、高価な金属が使われている鉄瓶や、金粉や翡翠があしらわれた鉄瓶は高額で取引されています。特殊な技法が使われている鉄瓶も高価です。砂鉄が使われた鉄瓶も希少価値が高く、高額買取が期待できるでしょう。 高額買取を成功させるには、箱や証明書などの付属品をしっかりそろえておくことも大切です。作家や屋号の銘がある場合もあります。

まとめ

鉄瓶などの骨董品は、見た目からは想像もできないほどの価値を持っている場合があります。不要な鉄瓶があるなら、古そうだし価値がわからないしと安易に処分する前に、ぜひ査定に出してみてください。貴重な鉄瓶は、保管状態に気を配りましょう。さらに劣化が進んでしまう前に、鉄瓶の価値をしっかり評価してくれる買取業者に買取してもらうことをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!