骨董品買取について

遺品整理の骨董品や古美術に価値はある?骨董品の買取事情を徹底解説!

遺品骨董品買取

遺品の骨董品の処分にお困りではありませんか?

絵画、茶道具、甲冑、陶器、掛軸を始めとした骨董品・古美術には驚くような価値が秘められていることもあります。

遺品整理で見つけた骨董品や古美術の処分に困ったときに利用したい骨董品買取について、骨董品の処分方法や買取事情について解説いたします。





骨董品とは

遺品骨董品買取

骨董品とは、古美術や古道具のことを指し、「アンティーク」などとも呼ばれています。

骨董品といってもその種類は千差万別ですが、100年以上前の物である場合がほとんどです。

全ての骨董品に価値があるわけではありませんが、中には価値の高い骨董品も多数存在します。

というのも骨董品の多くは、現代では製造できません。

そのため製造当時の技術で作られた味わいを現代で再現することが難しく、そういった味わいが骨董品の魅力のひとつとなっています。

中でも有名な作家物の骨董品は、さらに高額買取に期待できる品物のひとつです。

遺品の骨董品の買取査定について

遺品骨董品買取

遺品整理の際に、骨董品のやり場に困ってしまうことは珍しくありません。

実際に買取を依頼される方の多くが、遺品の骨董品のやり場に困っているようです。

そこで以下では、そんな遺品の骨董品買取について、紹介していきます。

どんな骨董品が買取対象になる?

どんな骨董品であっても、その骨董品に対する需要があれば買取は可能です。

とくに有名作家が手掛けた骨董品や、多くのコレクターが存在するジャンルの骨董品(時計や食器類など)であれば、買い取ってもらえる可能性は高いです。

一方で有名作品の贋物や作者不明の物、盗品であると判断されてしまった骨董品等は、買取が不可となってしまうので注意が必要です。

傷などの状態と骨董品買取の関係

骨董品買取では、骨董品が大きく破損してしまっていたり、ひどく汚れてしまっていたりして、買取が不可(歴史的資料となる特別希少性の高い骨董品を除き)となってしまうケースがあります。

そのため割れてしまったり、一部欠けてしまったり、変色してしまったりしないよう、骨董品の取り扱いには細心の注意を払いましょう。

価値が無いように見えても高値で売れることも

一見価値がないように見える骨董品でも、コレクターの需要によっては予想以上の買取価格になることは珍しくありません。

そのため骨董品で少しでも気になる物がある場合は、一度でもプロの査定士に見てもらうことをおすすめします。

骨董品の買取相場について

骨董品の買取相場は、日々変わっています。

というのも時が経つにつれて、基本的に骨董品は価値を高めていきます。

それゆえ骨董品の買取相場の変動は激しいので、価値が下がる前に買取の依頼をするのが良いでしょう。

遺品の骨董品の買取方法は?

遺品骨董品買取

骨董品の買取を希望していても、骨董品の買取を行っている業者が少なく、どんな方法で買取してもらうことができるのか、わからなく困ってしまっている方が多くいるようです。

遺品の骨董品を買取してくれるところは?

骨董品を買取に対応している業者はあまり多くありません。

というのも骨董品に価格をつけるのはとても難しいうえに、買い取った骨董品を再販売する販路があまり開拓されておらず、中々骨董品の買取を行うことができない業者が数多くいます。

そのため骨董品の買取で、多くの買取実績を持つ企業に買取の依頼をしましょう。

ネットオークションやフリマサイトで骨董品を売るときの注意

買取以外でも骨董品を売る方法はいくつかあります。

近年はネットオークションやフリマサイトなどを利用して、個人と個人で品物の売り買いをすることができるようになりました。

一方で個人間同士で売り買いをするため、骨董品の価値を正確に見極めるプロの査定士を通していないので、骨董品が持つ本来の価値よりも価格が低くなってしまい、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。

骨董品を高く売るためのポイント

遺品骨董品買取

上記では、骨董品の買取について述べてきましたが、実際に骨董品を高く売るためにはどうすれば良いのでしょうか。

骨董品を高く売るためのポイントについて、以下紹介していきます。

無料査定で相見積もりを取る

骨董品を高く売るために、複数の買取業者に買取査定の依頼をし、相見積もりを取って、一番高く買取価格を提示してもらった業者に買い取ってもらう方法があります。

この場合、買取の依頼をする業者は、査定における費用がかからない業者に依頼することを心掛けましょう。

また相見積もりを取る場合には、買取価格を提示してもらった後で他の業者の買取価格をその業者に伝えると良いでしょう。

他の業者よりも低い買取価格である場合、その業者は買取価格をあげてくれることがあります。

鑑定書があれば合わせて査定に出す

骨董品の買取価格を決めるうえで、鑑定書は重要な参考資料となります。

鑑定書があるからといって、必ず高額買取に至る訳ではありませんが、鑑定書が無いがために高額買取に至らない場合があります。

そのため骨董品を買取査定に出す際には、鑑定書の有り無しを確認しておくと良いでしょう。

保存状態

骨董品の保存状態は、骨董品の買取価格を決めるうえで、重要な項目となります。

しかし骨董品は千差万別の種類があるため、種類によって管理の方法が変わってきます。

そのため今からでもお持ちの骨董品の適切な管理方法を調べておくと良いでしょう。

おわりに

遺品で骨董品が出てきて骨董品のやり場に困っている方も、この記事を参考にして、自分の納得する方法で骨董品を買取してもらいましょう。

そのために、買取の依頼をする業者の口コミや評判をしっかりと調べ、複数の業者に依頼することを心掛けましょう。

また買取査定を希望する骨董品の相場についても、買取依頼をする前に事前に準備しておくと良いでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!