骨董品買取について

【茶碗買取】茶碗はいくらで売れる?高額査定のポイントや買取相場情報

【茶碗買取】茶碗はいくらで売れる?高額査定のポイントや買取相場情報

不要な茶碗の買取をご検討中ですか?茶道の必需品である茶碗には、井戸茶碗、天目茶碗、志野茶碗、抹茶茶碗など、現在も買取で人気の茶碗が多数存在します。

日本の伝統文化である茶道は現在、海外でもすそ野を広げており、精緻な技術と文化が詰まった茶碗は、芸術品としての価値が高まっています。

今回は茶碗に注目して、不要な茶碗の買取について、査定の前に知っておきたい、高額査定のポイントや買取相場に関する情報をご紹介します。





茶道の必需品、茶碗は買取でも大人気

茶道の必需品、茶碗は買取でも大人気

茶道において欠かせない茶道具の一種、”茶碗”。

「茶道具のコレクションを整理したい」「引っ越しを機会に買い取ってもらいたい」「新しい趣味のためにお金に変えたい」などの理由から、茶碗の買取を検討中の方も多いのではないでしょうか?

茶碗は骨董品の買取においても高額買取となることの多いアイテムです。

工芸品でありながら、作家独自の技術やシルエットの美しさ、デザイン(絵柄)の美しさが詰まった茶碗は、芸術品としての価値が評価されています。

茶碗の有名作家も数多く、高級な茶碗には、金粉があしらわれたもの、翡翠など宝石が使われる作品も多く、数百万円の額が付くこともあります。

ご自宅に不要な茶碗がある方はぜひ骨董品買取で査定を受けてみることをおすすめします。

茶碗の骨董品としての魅力

茶碗の骨董品としての魅力

元来はお茶を飲むための食器である茶碗ですが、骨董品として愛される理由はどこにあるのでしょうか?

茶碗は、奈良時代から平安時代に、お茶の文化とともに中国より伝来したとされています。

「一樂二萩三唐津」や「一井戸二樂三唐津」といった、茶人に愛される優れた茶陶を焼く窯を呼び表わす言葉もあり、茶の湯の世界では、欠かすことの出来ない茶道具の一つであることが窺えます。

茶碗の姿・形、釉薬による色や現れた景色、華やかな絵付、見込や高台の様子、手触りなど、一つとして同じものはなく、これらのあらゆる要素が重なり合って骨董品コレクターを魅了しています。

最上級の茶碗「耀変天目(ようへんてんもく)茶碗」

南宋時代(12~13世紀)の中国福建省の建窯で作られたとされる最上級の茶碗が「曜変天目茶碗」です。世界の陶芸史上最も美しく、そして最大の謎に包まれた幻の茶碗と言われています。

世界に4点のみが現存し、4点すべてが日本にあり、1点を除き、いずれも国宝に指定されています。

もしも値段を付けるとしたら、その額は数十億円にも上るとも言われています。ちなみに耀変天目よりもワンランク落ちると言われている、「油滴天目茶碗」は2016年のオークションで12億円という値が付けられました。

博物館でないとお目にかかる機会はありませんが、まさに最上級の茶碗といってもいいでしょう。

茶碗の買取相場は?

茶碗の買取相場は?

骨董品全般の買取においても同じことが言えますが、数百円にしかならない作品もあれば、数百万円の値がつく逸品もあり、買取金額の幅が非常に広いため、明確な買取相場は存在しないと思って良いでしょう。

買取業者が過去の買取実績などを紹介している場合、参考にしてみるのもいいかもしれません。ただし、査定時の市場状況や、状態によっても大きく買取相場は変動するためあくまで参考価格としてみるのがいいかもしれません。

高値の付く茶碗の特徴

数百万円とはいかなくとも高値で買取が行われる茶碗は多数存在します。骨董品の買取で人気の茶碗の種類をご紹介します。

井戸茶碗(二重箱入り)、荒川豊蔵、志野茶碗、天目茶碗 了々斎書附、若尾利貞 志野茶碗、各務周海 瀬戸茶碗、天目茶碗、高麗茶碗 二重箱入、抹茶茶碗、金城次郎 抹茶茶碗、高麗茶碗、天目茶碗、天目茶碗

上記の茶碗はコレクターも多く、買取でも人気のアイテムになります。お持ちの方は一度査定に出して価値を把握してみてはいかがでしょうか?

茶碗の買取価格はどうやって決まる?査定時のチェックポイント

茶碗の買取価格はどうやって決まる?査定時のチェックポイント

茶碗の買取価格はどのように決まるのでしょうか?買取価格にも影響を与える査定の際のチェックポイントをご紹介します。

茶道具の買取市場で重要視される「状態」

鑑賞品としての用途でコレクションされる茶碗ですので、現物の状態は査定の際にも重要視されるチェックポイントです。欠けやヒビ、かんにゅう、修繕痕がある品だと、その分査定評価はマイナスに働いてしまいます。

保管の状態は日頃から注意しておきましょう。また査定を受ける前には、できるだけキレイな状態で依頼するといいでしょう。手入れをしている印象を与えることで査定時の評価も変わってくることもあるでしょう。

ただし修繕した分、買取価格に反映されるということはありませんので、あくまで表面のホコリや小さな汚れを取り除いて上げる程度に留めておきましょう。

茶碗のブランドや作家

無銘の作品でも品質が良ければ高額買取に至る茶碗は多数存在しますが、有名作家やブランドの品であれば買取価格のアップが期待できます。

なお、茶碗を始めとした骨董品の査定は、プロの鑑定でないと価値を見極めるのが困難な場合も多いので、鑑定力のある業者に依頼するのも重要となります。

付属品も買取価格に影響あり

茶碗の査定では、付属品も買取価格に影響を与える場合があります。

中でも、
・共箱(ともばこ)・・・作者が作品を制作しみずから箱書きして納めた箱が,そのまま作品とともに残っているもの
・仕覆(しふく)・・・茶入や薄茶器、茶碗、挽家などの道具類を入れる袋
は作品の証明書の役割も果たすこともあり、再販する際の価値にも大きく影響があるため、共箱、仕覆などの付属品が買取価格を左右することもあります。

おわりに:茶碗は鑑定力の高い買取業者に依頼しましょう

茶碗の目利きは大変難しく、買取業者により買取価格に大きく開きがあります。鑑定力のない業者ですと、貴重な逸品も価値を見落とされてしまうかもしれません。

価値のある茶碗を安く手放してしまわないために、複数の買取業者に相見積もりを取るのも一つの有効手となるでしょう。無料査定サービスなどを積極的に利用し、買取価格に妥協せず最も高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!