古銭知識

昔のお金って価値はあるの?知っておきたい古銭のこと

昔のお金って価値はあるの?知っておきたい古銭のこと

クローゼットの整理をしていたら、ジャケットのポケットに500円玉が入っていた。そんな経験したことはないでしょうか?少し得した気分になりますよね。

もしそれが実家の納屋で、見たこともないような古いお金だったらどうでしょうか。恐らく古銭などの昔のお金に詳しくない方は、価値が分からず捨ててしまうかもしれません。

実は昔のお金は現在でもコレクターが多く、モノによっては驚くような高額で取引されていることもあります。

ここでは、昔のお金が今どのような価値を持っているのか、実際に昔のお金にはどのような種類があるのかを交えてご紹介したいと思います。





昔のお金の中で今も使える硬貨と紙幣の一覧

昔のお金の中で今も使える硬貨と紙幣の一覧
昔のお金には「今も使えるお金」と「今は使えないお金」という2種類に分類され、使えないお金に関しては法律で利用停止されているため買い物で支払おうとしても使うことができません。 現在も使用できる古いお金の種類を硬貨ごと、紙幣ごとに発行年代に合わせて紹介します。

現在も使用可能なお金(硬貨)

現在も使用可能なお金(硬貨)
硬貨額面 図柄 発行開始日
100円硬貨 昭和57年
100円硬貨 稲穂 昭和34年
100円硬貨 鳳凰 昭和32年
50円硬貨 昭和34年
50円硬貨 昭和30年
10円硬貨 平等院鳳凰堂 昭和26年
5円硬貨 稲穂等 昭和24年
5円硬貨 国会議事堂 昭和23年

現在も使用可能なお金(紙幣)

/wp-content/uploads/kosen_20180627-10.png
紙幣名称 肖像画 発行開始日
1万円券 福沢諭吉 平成16年
5千円券 樋口一葉 平成16年
千円券 野口英世 平成16年
2千円券 守礼門 平成12年
1万円券 福沢諭吉 昭和59年
5千円券 新渡戸稲造 昭和59年
千円券 野口英世 昭和59年
5百円券 岩倉具視 昭和44年
千円券 伊藤博文 昭和38年
1万円券 聖徳太子 昭和33年
5千円券 聖徳太子 昭和32年
百円券 板垣退助 昭和28年
5百円券 岩倉具視 昭和26年
50円券 高橋是清 昭和26年
千円券 聖徳太子 昭和25年
百円券 聖徳太子 昭和21年
10円券 国会議事堂 昭和21年
5円券 彩紋 昭和21年
1円券 二宮尊徳 昭和21年
1円券 竹内宿祢 昭和18年
1円券 大黒像 明治18年
1円券 竹内宿祢 明治22年

昔のお金は種類によって価値が大きく異なる

昔のお金は種類によって価値が大きく異なる

昔のお金と一口に言っても、現在も使うことができる紙幣や硬貨、そして過去に流通していて現在では貨幣的な価値を持たないお金があります。後者は一般的に古紙幣や古銭と呼ばれています。

現在も貨幣として流通している「旧一円玉」「旧百円玉」「ギザ十」といったお金は市場では額面よりもわずかに高くなる程度であり実はそこまで高額で取引される傾向は見られません。

古いお金以外には、中には「穴なし」や「穴ずれ」の五十円玉や五円玉のようないわゆる「エラー硬貨」と呼ばれるものはコレクターも多く、価値が高くなることもあります。

そして古銭は資産性があることに加えて、希少性や歴史的価値によっては高額買取になることもあるようです。

次ではこういった価値のある古いお金を持っていたときに損しないよう、現在買取市場で人気のある昔のお金の中でも代表的な金貨・銀貨について紹介したいと思います。

金貨は地金にコレクションの価値が付加されることも

金貨は地金にコレクションの価値が付加されることも

近代以前では、淳仁天皇治下の天平宝字四年(760年)に発行された、開基勝宝(かいきしょうほう)と呼ばれる金貨の記録が残っています。

当時は実際には金銀はそこまで流通することは無く、金銀は中世まで秤量貨幣という扱いでした。

また皆さんもご存知かと思います「大判」「小判」は、江戸時代に、徳川家康がお金の制度を「三貨制度」と呼ばれる金銀銅の三種からなる貨幣制度で整備した際に広く普及しました。

大判の中でも豊臣秀吉の発行した「天正長大判金」は、現存する世界最大の金貨であり数千万円以上の価値があるともいわれています。

近代では明治時代には、金本位制度が確立され、金貨は銀行が発行する日本銀行券との交換が可能となり、その価値が保証されることとなります。

日本の近代金貨は明治四年(1871年)、明治政府によって発行されたものが最古とされています。 その後貨幣制度の改正に伴い、金貨は種類を減らし、昭和の初期には貨幣の歴史から姿を消すこととなりました。

旧一圓、旧二圓、旧二十圓金貨など種類がある近代金貨ですが、中でも非常に高額で取引されている金貨が存在します。それは昭和七年発行の二十円金貨です。

明治30年から昭和7年まで発行された新二十円金貨は状態によっては数万円の価値が付くといわれています。

中でも昭和7年のものは一月のみ、さらにそのうちの20日間しか発行されませんでした。そのため市場に流通した量は至極少なく幻の金貨と呼ばれています。

日本で最も古いお金といわれている銀貨

日本で最も古いお金といわれている銀貨

銀貨の歴史は古く、日本最古の通貨とされている「和同開珎」は銅でも製造されましたが始めは銀銭として発行されたとされています。

その後江戸時代には、「丁銀」や「豆板銀」と呼ばれる銀銭が秤量銀貨として流通しました。定位貨幣としては、「明和五匁銀」「文政一朱銀」「天保一分銀」などが先ほどの秤量銀貨とともに流通していました。

この時代の銀貨は歴史的価値も非常に高くコレクターも多いため、価値のある銀貨といえるでしょう。

明治時代には現在コレクターの間でも人気であり買取市場でも活発に取引されている銀貨が多く登場します。

この時期は世界的にも銀貨が貨幣として広く流通しており、日本においても「貿易銀」と呼ばれる銀化が、アメリカ合衆国、イギリスとの貿易における通貨として発行されました。

銀貨も他の古銭と同様に、状態や発行部数によっては非常に高額で取引されています。

先ほどの貿易銀加えて一円銀貨、旭日竜50銭銀貨などが有名で、銀としての価値にプレミアの価値が付加されて取引されることが多いようです。

「八咫烏10銭銀貨」は大正7年~8年のみの発行のため、数十万円以上の価値がつくこともあるようです。 その後、戦後の銀の不足や紙幣の台頭に伴い、昭和41年をもって通常銀貨は姿を消すことになりました。

発行枚数や、貨幣として広く普及した背景から、銀貨をお持ち方もいるのではないでしょうか?非常に高額で取引されている可能性もあるのでぜひ一度鑑定してもらうことをおすすめします。

まとめ:古いお金は価値を知る古銭買取専門業者へ!

古いお金の買取について

それでは実際に古いお金を見つけた、もしくは昔収集していた古銭を手放したい、価値を確認したいという方はどうすればいいのでしょうか。

上で説明したとおり、古銭は「希少性」「状態」「歴史的価値」によってはときに思いもしないような金額で売買されています。 古銭は時代ごとに特有のデザインや素材がありまさに多種多様といえるでしょう。

また種類も多くその価値も幅広いです。現在古銭の買取を行っている買取業者は多くあります。おそらくご近所のリサイクルショップでも買い取ってもらえるかもしれません。ですがここでは注意が必要です。

ここでは古銭の買取でも人気のある金貨・銀貨について紹介しましたが、活発に取引されている古銭には、古紙幣や銅銭なども存在します。

古銭への知識が乏しく鑑識眼の無い査定員と、一方見識が深く、古銭の市場にも精通している査定員とでは、鑑定される古銭の金額は大きく変わってしまうのです。

古いお金ですので見た目には汚れた状態で保管されていることも散見されます。やはり古いとはいえ見た目には思いもしないような価値を持っていることもある古銭ですので、買取に出すことをお考えの方は信頼できる買取業者に依頼するのが望ましいでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!