古銭知識

【珍しいコイン】硬貨の常識を打ち破る逸品の数々!

珍しいコイン

珍しいコインというと、どのような硬貨を思い浮かべるでしょうか。数が少ないコイン、かなり昔の古銭などが思いつく方も多いでしょう。

しかし実際にはその常識を打ち破るコインが多数存在しています。それではご紹介しましょう。

希少なエラーコインの英領西アフリカペニー白銅貨

英領西アフリカペニー白銅貨

1945年にイギリスにあるバーミンガム私立造幣会社が、英領西アフリカからペニー白銅貨の製造依頼を受けたのですが、本来であればコインの国王の名をジョージ6世とすべきなのに、前の国王のエドワード8世としてしまいました。

王位が継承されてから8年も経っていたにもかかわらず、極印を間違えてしまったのです。

このエラーコインは少なくとも7枚~12枚が製造され、なぜか市場へ流通してしまいました。

その後バーミンガム私立造幣会社は、1945年のジョージ6世のタイプを新たに製造しなおし、900万枚製造して英領西アフリカ当局に納めました。

このコインのサイズは直径32ミリで、海外においては穴あきコインが少ないのも相まって非常に珍しいコインといえます。

もしこれがアフリカではなくアメリカのコインであれば、10万ドル以上の価値があったといわれています。

パプアニューギニア純金コイン

7角形のパプアニューギニア 純金コイン



1枚で2種類の通貨単位を有するコイン

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国時代の「ツイン・カレンシー・コイン」とは1枚で2種類の通貨単位を有するコインです。

これは、第二次世界大戦時、連合軍に給与を支払うために特別に製造されたコインです。

このコインは、1枚で1米ドルと2.5インドルピーの2種類の通貨単位を有する通貨として発行されました。

インド人兵士、外国人兵士両者に支払いができるように造られています。

しかし兵士たちはこのコインを受け取らず、そのためイギリスはこのコインを回収せざるを得なくなり、コレクターの間でたいへん希少な逸品となりました。

この「ツイン・カレンシー・コイン」の価値は、当初5万ルピー(約8万2千円)程の価値でしたが、その後40万ルピー(約65万8千円)、そして今では600万ルピー(約987万円)程にまで高騰しました。

2種類の通貨単位を有する通貨として非常に珍しいコイン、古銭といえます。

オーストリアラクサルペ山荘記念ターレル銀貨

オーストリア ラクサルペ山荘記念 ターレル銀貨 1877年(発行枚数は100枚)

ニウエ 2008年(1ドル)

ニウエ 2008年(1ドル)



四角形の金貨・ラムダカット四角型

ドイツのラムダカット角型クリッペ金貨・地球上の羊

人気のラムダカットには丸型もありますが、その中でも希少な角型であるクリッペ(Klippe)です。

クリッペは西暦1500年代に緊急対応の通貨として、丸く成形する手間を省いて製造されました。

「ドイツのラムダカット角型クリッペ金貨・地球上の羊」は1700年の1年号のみ発行の記念金貨です。

重さは約0.88gで発行枚数は不明ですが、四角形の珍しい形が人気の希少コインです。

ゼウスの神話の中の黄金の羊伝説、地球上に立つ羊の図柄からラムダカットと呼ばれています。

四角形のコインは非常に珍しいですが、実はこの様な四角形コインは歴史的にみると古くから存在します。

主に16世紀~17世紀の時代、ドイツ、神聖ローマ帝国やその周辺で発行されていました。

一見するととてもコインには見えませんね。

フランスナポレオン百日天下5フラン銀貨

フランス ナポレオン 百日天下 5フラン銀貨 1815年



眼がガラス細工のモンゴルの銀貨

モンゴル野生生物保護シリーズ銀貨

コインや硬貨というと材質が金、銀、銅、アルミニウムなどのイメージがあると思います。

しかしモンゴルにはガラスが埋め込まれたコインが存在します。

2011年にモンゴルで発行されたフクロウの顔の銀貨があり、その眼にはオーストリアのガラス製造会社、スワロフスキーのクリスタルガラスが埋め込まれています。

この500トゥグリク(トゥグリクはモンゴルの通貨単位)の銀貨以外にもマヌルネコやハムスターがあります。

これらは野生生物保護シリーズのコインです。 ガラスの輝きも合わさり、非常に美しいコインですね。

世界にはまだまだ珍しいコインや古銭が存在しますが、ここでご紹介したのはごく一部です。

世界各国の驚くような珍しいコインを収集してみるのも楽しいかもしれません。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報