古銭知識

昭和のお金の発行の歴史と価値を知ろう

  • 日本では様々なお金が発行されてきましたが、昭和のお金にも歴史があり、素材や希少性に応じて現在での価値が異なっています。昭和のお金の歴史と、そのうち高値をつけられそうなものについてご紹介します。

                         

    昭和前期に発行されたお金

    昭和前期には、大正時代と同じようなお金が発行されていました。硬貨は1銭、5銭、10銭、50銭が大正から引き続き製造され、加えて新たに明治30年から5円、20円の硬貨も作られるようになっています。素材やデザインは硬貨に応じて複数種類あり、1銭では桐が刻印された青銅貨とカラスが刻印された黄銅貨とがありましたが、黄銅貨は昭和13年にのみ発行されたもので、発行直後に戦争の影響でアルミニウムへと変更されたため貴重なものといえるでしょう。5銭では菊が刻印された白銅貨、とびが刻印されたニッケル貨があり、10銭でも菊を中心としたデザインで白銅貨、ニッケル貨が発行されました。続いて50銭では銀貨が用いられ、鳳凰や菊の文様があります。50銭銀貨は銀の含有率が約72%と高品位であり、銀貨の希少性も相まって高い価値をつけられる傾向があります。そして、5円と20円は金貨として発行され、日章がデザインされました。金貨のほとんどは明治に製造されたため、昭和のものには希少価値があります。

    戦争中に発行されたお金

    戦争中は金属が順需用途で回収されたため、主にアルミニウムや錫で硬貨が作られました。1銭はカラス、富士、菊などが刻印され、5銭はとびや菊、10銭では菊や桜、稲などがデザインされています。戦時中の物資不足を反映した劣悪な硬貨が多いため、現在ではあまり価値をつけられていません。戦争直後も、資材不足から1銭錫貨や5銭錫貨、10銭アルミ貨など錫とアルミニウムを中心に硬貨が製造されますが、GHQの規制により、それらの金属を使用できなくなったため、当時大量に存在した薬莢や弾帯のスクラップを利用し黄銅貨が作られるようになりました。これは50銭硬貨として流通します。

    戦後も多様なお金が流通してきた

    昭和28年に小額通貨整理法が施行され、1円以下の貨幣の使用が停止されました。この法律によって、現在の通貨体系と同じ態勢が整います。この前後の時期から、現行貨幣に通じるデザインが作られていきました。まずは5円?銅貨であり、発行直後は国会議事堂がデザインされた穴なし硬貨でしたが、1円?銅貨と区別しづらかったため、現在の稲デザインの穴あり硬貨へと変更されました。そして、現在でも使われている10円青銅貨が昭和28年に、1円アルミ貨が昭和30年に初めて製造されます。50円硬貨については、穴なしニッケル貨から穴ありニッケル貨へ、そして昭和42年に現在と同じ穴あり白銅貨へと変遷してきましいた。また、100円硬貨は戦後初めて製造されましたが、50円玉と同じ時期に素材が銀から現在の白銅貨へと変化しています。500円玉は昭和57年に白銅貨として発行されましたが、偽造防止の意味もあって平成12年にニッケル?銅貨へと変更されています。100円銀貨をはじめ、流通量が少ないものや純度の高い硬貨は、現在でも高値をつけられることがあります。

    今出回っているお金で価値のあるもの

    このように昭和後期には、現在出回っている硬貨が出揃いました。現在流通している硬貨でも、製造年数に応じて価値が異なります。その年の製造量が少ないほど、硬貨の価値が上がっていくのです。昭和に製造されたものでは、昭和32年の5円玉、昭和32?34年の10円玉、昭和35年と昭和60?62年の50円玉、昭和36年と昭和39年の100円玉、昭和62年と昭和64年の500円玉に希少価値があるとされています。お財布や貯金箱の中にこれらの硬貨が入っていれば、査定で価値を確かめてみてはいかがでしょうか。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報