古銭知識

記念硬貨の中でも人気が高い皇太子殿下御成婚記念硬貨の金貨・銀貨

記念硬貨の中でも人気が高い皇太子殿下御成婚記念硬貨の金貨・銀貨

日本では昭和39年の東京オリンピック記念硬貨以降、様々な記念硬貨が販売されており、コレクターからの注目も集めています。

特に皇室関係行事の記念硬貨は高い価値をつけられる傾向がありますが、ここでは人気の高い記念硬貨の1つである「皇太子殿下御成婚記念硬貨」についてご紹介します。





日本で製造されてきた記念硬貨とは

硬貨の長い歴史の中で、記念硬貨は比較的新しいものとして位置づけられます。

近代化にともなう硬貨の製造技術の発達により、実用的な価値だけでなく美的価値が重んじられるようになり、国をあげた大規模なイベントなどに際して記念硬貨が発行されるようになりました。

日本で最初に製造された記念硬貨は、昭和39年の東京オリンピック記念銀貨です。

その後、大阪万博や札幌オリンピックなどの国家的イベントや昭和天皇の御在位60周年記念、平成天皇の即位記念などの皇室関係行事、東北大震災復興行事など様々な場面で記念硬貨が発行されてきました。

硬貨の種類としては昭和時代には銀貨や白銅貨が中心でしたが、時代が下るにつれ金貨やニッケル黄銅貨など多様な材質が用いられるようになります。

由緒正しい皇室関係の記念硬貨

様々なタイミングで記念硬貨が発行されてきましたが、金貨が初めて使われるようになったのは昭和61年の昭和天皇御在位60年記念硬貨でした。

それまでは銀貨や白銅貨が中心で、額面も高くて1,000円でした。

しかし、昭和天皇御在位60年金貨では10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨という立派な硬貨が発行されています。

この記念硬貨以降、皇室関係の記念硬貨は由緒正しいシリーズとして、御在位記念や御即位、御成婚記念の折に発行されていきます。

皇太子殿下御成婚記念硬貨とはどんな硬貨?

皇太子殿下御成婚記念硬貨も、現在高い価値をつけられている硬貨の1つです。

平成5年に製造され、金貨・銀貨・白銅貨の3点セットと、銀貨・白銅貨の2点セットがそれぞれ10万セットずつ販売されました。

3点セットの内訳は5万円金貨、5千円銀貨、500円白銅貨であり、当時の販売価格は7万円でした。

また、2点セットは5千円銀貨、5百円白銅貨で構成されており、当時の販売価格は1万1千円です。

それぞれの特徴としては、まず5万円金貨が18グラムの純金でできており、表面には鶴と波、裏面には菊と皇太子殿下のお印である梓がデザインされています。

5千円銀貨は15グラムの純銀でできており、表面には鶴と瑞雲、裏面は金貨と同じく菊と梓が刻印されています。

また、500円白銅貨は銅750ニッケル250の品位でできており、デザインは5万円金貨と同じものになっています。

皇太子殿下御成婚記念硬貨の価値とは?

皇太子殿下御成婚記念硬貨の買取価格の目安としては、5万円金貨が7万?8万円程度であり、5千円銀貨が8千円前後、500円白銅貨が千円前後です。

皇室関係の記念硬貨の買取価格は、昭和天皇御在位60年記念金貨が12万円前後、平成天皇陛下御即位記念硬貨が15万円前後となっており、これらの硬貨は希少価値も高くなっています。

そのため、皇太子殿下御成婚記念硬貨はコレクション初心者にも比較的手を出しやすい硬貨です。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!