古銭知識

古いお金の価値が知りたい!高価買取に繋がる条件

  • 古いお金の価値を知る方法、それは古銭を専門で買取を行っている業者へ査定に出すか質屋に出すなど価値を調べる方法はいくつかあります。
    押し入れや引き出しの整理をしていたらふいに出てきた見覚えのないお金。少し得した気分になったけれど、よく見るとちょっとデザインも今とは違うから、「このお金は使えるの?」なんて思うかもしれませんね。
    古いお金は別名「古銭」「古紙幣」とも呼ばれ、現在は流通していないお金・発行が終了したお金が該当し、古いお金の中にはいわゆる稀少価値があり、高値で買取されるものが存在します。
    古いお金を見つけたら価値をしっかり見極めてくれる買取専門店に相談すべきですが、その前に古いお金が出てきた時に知っておきたいことや古いお金の価値、高価買取の条件を紹介します。

    古いお金って買い物で使える?

    古いお金は一部を除いて現行の貨幣や紙幣と同じように使うことができるのですが、古いお金とは上記でお伝えしたように「現在は流通していないお金・発行が終了したお金」です。ですからもし買い物で使おうとお考えの場合は、まずそのお金が今も使えるかどうかを調べなければいけません。現在も使うことができる紙幣や貨幣の一覧は以下の通りです。

    現在も使用できる貨幣(硬貨)

    5円黄銅貨(国会議事堂・穴無:昭和23年発行)
    5円黄銅貨(稲穂等・楷書体:昭和24年発行)
    10円青銅貨(平等院鳳凰堂・ギザあり:昭和26年発行)
    50円ニッケル貨(菊・穴無:昭和30年発行)
    50円ニッケル貨(菊:昭和34年発行)
    100円銀貨(鳳凰:昭和32年発行)
    100円銀貨(稲穂:昭和34年発行)
    500円白銅貨(桐:昭和57年発行)

    現在も使用できる紙幣

    旧壱円券(大黒天:明治18年発行)
    改造壱円券(武内宿禰:明治22年発行)
    い壱円券(武内宿禰:昭和18年発行)
    A壱円券(二宮尊徳:昭和21年発行)
    A五円券(彩文模様:昭和21年発行)
    A拾円券(国会議事堂:昭和21年発行)
    A百円券(聖徳太子:昭和21年発行)
    B五拾円券(高橋是清:昭和26年発行)
    B百円券(板垣退助:昭和28年発行)
    B五百円券(岩倉具視:昭和26年発行)
    B千円券(聖徳太子:昭和25年発行)
    C五百円券(岩倉具視:昭和44年発行)
    C千円券(伊藤博文:昭和38年発行)
    C五千円券(聖徳太子:昭和32年発行)
    C一万円券(聖徳太子:昭和33年発行)
    D千円券(夏目漱石:昭和59年発行)
    D五千円券(新渡戸稲造:昭和59年発行)
    D一万円券(福沢諭吉:昭和59年発行)

    参照元:財務省ホームページ

    「じゃあ、ここに該当しないお金は使えないの?!」と思うかもしれませんが、安心してください。使うことはできませんが、銀行に持ち込むことで現在のお金に両替してくれます。ただし、ここに該当するのは通貨単位が「円」の古いお金のみ該当します。円以前の通貨「銭単位のお金」は残念ながら銀行での両替は昭和28年施行の小額通貨整理法により使用が禁止されました。よって使うことができませんのでご注意ください。

    銭単位のお金の中には価値の高いものが存在する

    買い物でも使えず、銀行でも両替対象から除外された銭単位のお金ですが、一部の銭貨幣・銭紙幣は稀少価値が高く、高値で買取されるものもあります。こういったものであれば、古いお金を専門で買取してくれる業者へ査定に出すことで、当時の通貨価値よりも何倍も高く買い取ってもらうことができます。買取に出して高値が付く古いお金=コレクター需要や人気が高く、「板垣退助 50銭紙幣」や「5銭白銅貨」といった銭紙幣や銭貨幣の中でも特に有名です。

    板垣退助 50銭紙幣



    5銭白銅貨


    しかし全ての銭単位のお金に稀少価値があり買取対象になるわけではありません。銭単位のお金は種類も多くそれぞれ価値も異なりますので、もしご自宅に古いお金や銭貨幣や紙幣を見つけたら迷わずご相談下さい。

    円単位のお金で価値の高い貨幣や紙幣

    円単位のお金の中で価値の高い貨幣や紙幣は、古いお金を専門で収集するコレクター需要が大きく関係しています。ではどんな条件がそろえばコレクター需要が高まるのでしょうか。ポピュラーな例を挙げると「発行数」が少ないものは比較的需要が高い傾向があります。貨幣や紙幣というのは毎年日本銀行から特定の枚数が発行されますが、発行当時の様々な事情や理由で発行枚数が少なかった時期があります。そういった貨幣や紙幣はコレクターの間で高値がついたりする場合があります。

    昭和から平成にかけて発行数が少なかった円単位のお金はいくつかありますが、その中でも特に人気が高いのが昭和62年の50円玉といわれています。この年に発行された枚数はとりわけ少なく、一般流通したお金ではなくコレクション用として製造された経緯があり、稀少価値が高いのです。

    古いお金の価値が高騰するもう一つの条件

    古いお金の価値というテーマにおいて、実はもう一つお伝えすべき重要なポイントがあります。それは「エラー貨幣」「エラー紙幣」と呼ばれる部類に該当するお金です。これは日本銀行で製造・発行される過程で何らかの理由で不良品の状態で発行され、流通してしまったお金が該当します。 不良品の状態で発行された代表的なお金といえば、やはり50円玉の穴ずれ・穴なしではないでしょうか。他にも角度のずれたものや刻印や模様がずれたもの、さらにはへゲエラーと呼ばれる一部がめくれたものなど存在します。紙幣ですと印刷ミスなどがエラーに該当し、エラーではありませんがぞろ目なども有名です。

    このように、古いお金の価値には様々あり今もコレクター人気や需要は根強く、もしそういったお金を見つけたら今すぐスピード買取.jpへお問合せ下さい。古いお金を専門で取り扱い、経験豊富ですからどうぞ価値の不明な古いお金がありましたらお問合せお待ちしております。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報