古銭知識

コレクション価値の高い貨幣セットとは?

コレクション価値の高い貨幣セットとは?

未使用のコインを専用ケースに封入した貨幣セット。

毎年の干支や記念行事にまつわるコインとともに販売されている貨幣セットは、コレクターから高い人気を集めています。





貨幣セットとはどのようなもの?

貨幣セットとは、その年に製造した通貨や記念コインがセットになって販売されているものです。

貨幣セットは国内外ともに普及していて、新たに製造されたコインのセットだけでなく、オリンピックや王位継承などの行事にまつわる記念コインセットなども人気を得ています。

基本的に未使用のコインが納められるので状態が格段に良好であることが特徴で、希少価値が伴った場合に高い査定額をつけられることがあります。

日本で発行されている貨幣セットの種類とは

日本では造幣局が毎年販売しており、主な種類としては「ミントセット」「通常貨幣プルーフセット」「世界文化遺産貨幣セット」「記念貨幣セット」などがあります。

ミントセットとは、毎年製造する新硬貨6種類(500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉)と、発行年・干支が刻まれた年銘板の計7枚が専用ケースに納められたセットであり、年によって製造数は異なります。

通常貨幣プルーフセットは内容としてはミントセットと同じく新硬貨6種類と年銘板1種類ですが、鑑賞用としてコインの表面が鏡のように磨かれていることが特徴です。

ミントセット、プルーフセットともに、年銘板だけでなくキャラクターコインや記念硬貨がセットになることもあります。

さらに世界文化遺産の指定や、法制定の周年記念、国家行事の記念に際して、特別に専用の記念コインが製造されセットとして販売されることもあり、コレクターからの注目を集めています。

実は奥が深い貨幣セットの歴史

日本で貨幣セットが誕生したのは昭和44年のことで、当初は海外向けのセットとして販売されていました。

続いて、昭和50年には日本国内でも販売が開始され、翌年には年銘板の封入が始まり美的価値の高いセットとなっていきました。

プルーフコインのセットが販売されるようになったのは昭和62年のことで、造幣技術の向上やコインのコレクション趣味が浸透してきたことなどが背景となっています。

現在では、毎年多様な種類の貨幣セットが展開されており、通信販売、イベントでの販売、造幣局の併設ショップというルートで入手することができます。

製造数の少ないセットや美的価値の高いセットが人気を集める傾向があり、昭和44年や昭和62年のセットは高値で取引されています。

記念コインのセットも、希少価値の高いものは高額になっています。

たとえば1995年の「ロシアバレリーナコインプラチナプルーフセット」は10万円前後で取引されたという事例もマニアの間では噂になっています。

貨幣セットの保管方法

貨幣セットの価値を左右するポイントとして、コインの保管状態があります。

一般的に貨幣セットには未使用品が封入されているため、キズや汚れのリスクは少ないですが、取り扱い方によってはコインが劣化してしまう可能性があります。

特に気をつけたいのは湿気で、サビや変色の原因となってしまうため、風通しのよい暗所にて保管するようにしましょう。

指紋の付着を避けるため、素手でつかまないようにすることもポイントです。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!