古銭知識

ぜひコレクションしたい明治金貨

  • 見た目も美しく、資産としての価値も高い明治金貨。明治金貨にまつわる歴史や、時期ごとの金貨の特徴などをご紹介します。

                           

    明治時代の貨幣制度とは

    大政奉還ののちに全く新しい国家体制を目指した明治政府は、新たに貨幣の鋳造も始めました。しかし、設備がなかなか整わず、初めは金貨と銀貨のみが新たに作られ、銅貨については江戸時代のものを代用していました。そして、明治6年に銅貨が製造されるようになりますが、実は江戸時代の寛永銅銭や文久銭は通用停止にならず、昭和28年の小額通貨整理法まで流通していました。明治時代の貨幣制度は、明治4年の新貨条例と明治30年の貨幣法が軸になっています。新貨条例では、金本位制であること、銀貨・銅貨を補助貨幣とすること、円形の打刻貨幣とすることが定められました。しかし、世界的な銀の大量産出によって、事実上は銀本位制となっていたのが明治中期であり、金本位制を立て直すために明治30年、改めて貨幣法が公布されました。

    明治前期に発行された金貨

    貨幣法以前の明治時代には、様々な額面の金貨が流通していました。もっとも少額なものは1円金貨であり、明治4年には大量発行されましたが、年を追うごとに製造量が少なくなっていったため、明治9年以降のものは希少価値があるとされています。同じ時期には2円金貨、5円金貨、10円金貨、20円金貨も発行されました。発行枚数が比較的多かったのは5円金貨で、現在でも手に入りやすい傾向があります。一方で、希少性が高いのは2円金貨で、なかなか市場に出回っていません。10円金貨、20円金貨はともに収集家から人気の高い金貨であり、貨幣法施行までの明治9?29年に発行されたものは数も少なめで高い価値をつけられています。特に20円金貨は大型であるため、美的価値も高く評価されています。1円?20円金貨いずれも表面に龍、裏面に日章がデザインされており、品位は金900:銅100でした。

    明治後期に発行された金貨

    貨幣法をきっかけに、金貨は改鋳されることになります。明治30年以降発行されたいわゆる新金貨は、5円金貨、10円金貨、20円金貨の3種類です。デザインは表に菊、裏に日章として変更され、品位は金900:銅900と変わりませんが、明治4年の新貨条例制定当時は1円=金1.5グラムだったのに比べ貨幣法では1円=金0.75グラムという変更があります。これらの金貨は製造枚数としては多かったものの、昭和初頭の円相場下落により、海外へ流出したり地金として処理されたりするなどで減少し、国内の現存枚数はとても少なくなっています。3種類いずれにも高い価値がつけられている点が、新金貨の特徴といえます。

    明治金貨を保管するときのポイント

    価値の高い明治金貨ですが、適切に保管することでその状態を適切に維持することができます。ポイントは、専用のマットを敷いたケースに裸のまま入れること。ビニール袋などに包むと、化学薬品によって劣化する可能性があります。また、強く磨くとキズや摩耗の原因となるため、柔らかい布で優しく拭いてお手入れをしましょう。指の腹全体をつけてつかむのではなく、指先で金貨のフチをつまむようにして触れることが、指紋をつけないポイントです。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報