古銭知識

ナマコ形をした丁銀は切って使用した歴史のある秤量貨幣

ナマコ形をした丁銀は切って使用した歴史のある秤量貨幣

丁銀は、日本の古い時代に使われていた銀貨です。

今現在使用されているコインのイメージとは違い、支払いの際に銀貨を切ってしまうという変わった使い方をされていました。

江戸時代に日本は三貨制度を取っていて、丁銀はその貨幣のひとつでした。どのようなものか見ていきましょう。





丁銀は秤量貨幣で小判は計数貨幣

丁銀とは銀貨で、秤量貨幣の一種です。

秤量貨幣とは、貨幣ひとつ分の値段や大きさなどがきちんと決まったお金ではなく、取引の時に秤で重さを計り、必要な分を切って相手にわたすといった使い方をする貨幣のことです。

小判や現在流通しているコイン、紙幣のように、ひとつのお金の価値が決められていました。

丁銀には現在のコインのようなしっかり決まった型はありませんが、海に住んでいるナマコのようなナマコ形の形状をしていて、切って使う「切遣い」をしても元が丁銀であったことが分かるように、ナマコ形のあちこちに刻印が打たれていました。

丁銀は室町時代の後期から明治時代まで使われていて、他にも豆板銀などの秤量貨幣がありました。

金貨と銀貨と銭の三貨があった

江戸時代には時代劇で見るような小判も使用されていましたが、金でできた計数貨幣は主に江戸で流通していました。

そして、銀でできた丁銀は大阪などで商取引に使われていたのです。

これは日本の東の方に金山が多く、西に銀山がたくさんあったため、貨幣を製造する金属が決まっていったという理由があります。

また、大阪は商人の街として昔から商いが盛んでしたが、その中には中国との貿易もあり、銀で取引していたという歴史があって、銀貨の風習が根付いていたのです。

しかし、銀貨や金貨はお金としての桁が大きく、一般庶民にはあまり縁がないもので、取引額の大きい商用などで使用されるものでした。

庶民は銭形平次が投げるコインである「銭」を、主に使って生活していたのです。

銀座の名の由来とは

銀座といえば東京が浮かびますが、もともとは丁銀や豆板銀などの銀貨を製造する鋳造所などの機関のことでした。

江戸以外にも銀座はあったのです。小判などの金貨を作る機関は金座、銭は銭座でした。

銀座は幕府が直接運営していたのではなく、銀と他の金属との割合といった質などの銀貨の規格を幕府が決めて、貨幣製造のための組合に作らせるという民間委託のような方式を取っていました。

幕府が銀貨の流通量が足りないと判断した場合には、銀以外の金属の割合を増やすようなこともできたわけです。

しかし、銀の割合が減った丁銀は目方が変わるので取引相場も変化し、その結果、物価が上がる原因になることもあったのです。

銀座は京都や大阪、長崎などにもありましたが、最終的には江戸に統合されました。これが東京の銀座の街の名前の由来となったのです。

江戸時代だけでも11種類ある

丁銀は11種類製造されてきました。銀貨の銀と他の金属との割合による純度を品位といいますが、11種類の丁銀は皆、品位が違うのです。

江戸よりもっと古い時代に製造された丁銀は、古丁銀と呼ばれます。

丁銀は切遣いもされましたが、取引のたびに秤で重さを計ったり、切ったりするのは手間が掛かります。

そこで、丁銀や豆板銀をまとまった量取り分けて紙に包んだ「包銀」という形で扱われることも多かったのです。

丁銀は希少価値があり、特に包銀は鋳造されたそのままの姿をしているため人気があります。

古銭は長い年月を経ているので、汚れて見えて素人の目では価値がわかりにくいものです。

しかし、買取に出せば、思わぬ値段が付くかもしれない価値のあるものでもあるのです。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!