古銭知識

聖徳太子が描かれた紙幣の種類と現代での価値

  • 現代の日本紙幣にはそれぞれ肖像画が描かれていますが、中には別の紙幣に何度も登場している人物もいます。最も登場回数が多いのが聖徳太子です。100円から10000円札に至るまで、昭和の高額紙幣にはすべて登場しています。しかし、現代での価値はどの程度なのでしょうか。

    基本的に額面以上の価値は期待できない100円札の『A号券』

    1930年に兌換券として発行された100円紙幣で聖徳太子が初めて登場しました。しかも、この100円紙幣はインフレ抑制の新円切り替えのため、3回も更新され、聖徳太子の肖像画が描かれた100円札は4種類もあります。まず、1930年に発行されたものを『乙号券』と呼び、1944年に『い号券』、そして、1945年と1946年に発行されたものがそれぞれ『ろ号券』または『A号券』など名称がそれぞれあります。この中で、現在でも100円として使用できるものは、最後のA号券だけです。戦前のお札である『乙号券』や発行年数が極端に短かった『い号券』、『ろ号券』に比べ、A号券は10年以上発行し続けていたため、現存枚数もかなりの数になります。したがって、A号券だけは極端に価値が低く、現在でも使用可能な紙幣ということもあって、額面以上の価値はまず期待できません。ただし、未使用品やピン札であれば100円以上で買い取ってくれるところもあるようです。

    100円札の中ではもっとも価値の高い『ろ号券』

    聖徳太子の100円紙幣の中で最も高い買取価格が期待できるのは『ろ号券』です。『ろ号券』は発行期間がわずか半年ほどだったため、発行枚数が少なく、希少価値が高いのです。状態が良ければ1万円程度の買取額が期待できます。そして、残りの『い号券』と『乙号券』は同程度の価値であり、買取相場は数千円程度となります。ただ、ここまで高値がつくのは、あくまでも美品だけです。シミや破れがあれば当然、買取額は大きく下がり、場合によっては買取自体を断られるケースもあります。そうなれば、銀行で両替もできないため、その価値はA号券以下になってしまいます。

    前期のものなら高価買取の可能性もある聖徳太子の1000円札

    聖徳太子の1000円札はB号券と呼ばれ、1950年に発行されて1965年に発行停止となっています。比較的新しい紙幣であり、現在でも使用可能です。したがって、希少価値も低く、基本的には額面以上の価値はありません。買取業者に持ち込んでもほとんどの場合は、買取を断られるでしょう。ただし、B号1000円札は前期のものと後期のものに分かれ、前期のものであれば希少価値も高く、高値で買取ってくれる可能性があります。そして、前期か後期かは紙幣の色で判別可能です。しかし、素人がそれを見分けるのは困難なため、専門業者に確認してもらうのがおすすめです。

    10000円札や5000円札は製造番号やミスプリントに注目

    聖徳太子の5000円札は1957年に1万円札は1958年に登場し、ともに1986年に発行が停止されています。ここまで広く流通している紙幣の場合、希少価値はほとんどありません。これでは額面以上の買取価格は期待できないところですが、例外はあります。ひとつは製造番号です。『333333』という具合に数字の6桁がゾロ目になっていたり、『345678』のように連番になっていたりするケースです。中でも、『1111111』や末広がりの『888888』、超レアの『123456』などは特に人気が高いようです。また、紙幣の製造番号は『A000001A』から始まりますが、最初がAのひと桁で末尾もAならば、最初期に造られたものとしてかなりの高価買取が期待できます。さらに、紙幣の印刷がずれていたり、紙幣の余白が大きかったりというミスプリントに対してもプレミアムな価値は発生します。これは、B号5千円札や1万円札に限らず、すべての旧紙幣に言えることです。他にも、珍しい番号や製造上のミスには高値がつく可能性があるので、気になる紙幣を見つけた場合はメール査定を利用するのがよいでしょう。メール査定とは業者にメールで写真を送り、仮の査定をしてもらうというサービスです。近くに専門業者がいなくても気軽に自分のもっている紙幣の価値を確認することができます。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報