古銭知識

コレクションにも投資にも使える外国コインの古銭

コレクションにも投資にも使える外国コイン

長い歴史を経て現代にたどりついた外国コインの古銭。

収集家から特に人気を集めているのは、アメリカやイギリス、フランス、スイスなどで製造された、装飾性や希少性の高いコインです。

外国コインの古銭をコレクションするにあたってのポイントをご紹介します。





外国コインの古銭にはどんなものがある?

外国コインといえば、一般的には硬貨が流通しているどの国のものでも当てはまります。

収集家から特に人気を集めているのは、アメリカやイギリス、フランス、スイスなどで製造された、装飾性や希少性の高いコインです。

年代は古いものではローマ帝国や古代ギリシャ、古代エジプトにも遡ります。

当時は王族や神話、神獣などがデザインされており、その国の歴史や価値観を知るにも役立つ存在です。

また、近代のコインになると、イベントや追悼などでの記念コインも増え、バラエティ豊富になっていくことも魅力です。

素材としては金や銀、銅、白銅、真鍮、鉄やパラジウムなどと多様であり、金属ごとに美的価値や希少性が異なるため、価格のばらつきもあります。

いずれも二度と生産されない希少価値の高いものであるため、オークションでは高価格がつけられ、世界中の収集家を魅了しているのです。

外国コインの古銭はコレクションにも資産保全・投資にも使える

海外コインの古銭は単に美しさを愛でるだけでなく、資産保全や投資のツールとしても活用できます。

このような活用ができる大きな理由は、コインの価値が比較的安定性している点にあります。

現在使用されている円やドルなどの通貨は社会情勢や景気などで価値が変動し、デフレやインフレなどで価値が上下してしまいますが、古銭であればそのようなリスクが大幅に軽減されます。

その理由としては、古銭は二度と製造されないため希少価値が上がり続けること、もともと金属として純度の高いものが多いことなどです。

そのために、現物資産として保持しておくことで資産保全が実現するのです。

さらに、年々価値が上がり続ける人気コインであれば、将来的にオークションで高価格にて落札されるなど、投資のツールとしても利用できます。

古銭の価値を左右するグレード

古銭の値付けに影響する要素として、グレードがあります。

各国共通の基準があり、もっとも高値の「完全未使用品」から評価の低い「劣品」まで7段階の区分がされています。

市場に流通した古銭のうち、もっとも高値となるのは「極美品」です。

少しのキズや摩耗のみで抑えられており、主要デザインが明確に識別できる古銭です。

一方で、「劣品」になると、消耗してデザインが不明瞭になったものが当てはまります。

家で保管するときのコツとは?

古銭を家でコレクションしたり、保管したりする際に、気になるのは状態維持の方法です。

ツヤ出しを目的として磨く人もいますが、逆にキズがついてしまい価値が下がってしまうため、お手入れは柔らかい布で拭く程度にしておきましょう。

手に取る場合は、親指と人差し指でコインの端をつまみ、指紋をつけないようにすることがポイントです。

また、保管する際は、専用マットなどが敷かれたケースに裸のまま入れるようにしましょう。

ビニール袋や紙袋には、化学薬品が含まれているため、コインの質を劣化させてしまう可能性があります。

銀や銅などは変色や変質をしやすい金属なので、不安な場合は金などの耐久性の高いコインからコレクションしてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!