古銭知識

旧硬貨って価値はあるの?

  • 古銭
  • 父の実家で昔のお金が見つかったんだけど・・・今も使えるの?もしかして売ったらいい値段にならないかしら?見慣れないお金や昔の貨幣を見つけたらきっとこんなことを思うかもしれません。

    「昔」が近世以前の場合、そのお金を「古銭」と呼ぶことがあります。古銭は現在は流通していない古い貨幣全般を指すこともあれば、古代の貨幣のみに限定して用いられることもある言葉です。
    また「旧硬貨」「旧紙幣」といえば、古銭を指すこともありますし、戦後の1946年から行われた新円切替以降に発行され流通した、現在も使用可能な貨幣を指すこともあるようです。

    ここでは古いお金、「旧硬貨」に焦点を当て、旧硬貨が今どのような価値を持っているのか、また買取に出すときに知っておきたいポイントを紹介したいと思います。

                           

    旧硬貨の種類と価値

    硬貨

    皆さんの中には「ギザ十」や「フデ5」といった言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

    ちなみに「ギザ十」とは1951年から1958年に発行された旧十円硬貨のことで、普通の十円硬貨よりも希少価値はありますが、発行枚数も多く状態によっては額面と価値はほぼ変わらないようです。

    このように旧硬貨は基本的には「希少性」「状態」によって価値が決まる傾向があります。ときにコレクターの需要が高い硬貨は額面をはるかに越えた額で取引されることもあるようです。

    それでは今から古銭の買取市場でも人気の代表的な旧硬貨やその価値を紹介します。

    旧硬貨の中でも需要が高い:金貨

    日本では、江戸時代にも小判など金を用いた硬貨が流通していましたが、品位のばらつきや偽造といった問題がありました。金本位制のもと、安定した通貨として金貨が定着したのは明治時代以降のことです。
    明治時代の金貨は、大きく分けて明治前期の旧金貨と、明治後期の新金貨の2種類に分けることができます。旧金貨には1円・2円・5円・10円・20円の金貨があり、いずれも年を追うごとに発行枚数が減ったため、製造年号が新しい方が価値は高い傾向があります。
    また、新金貨には5円・10円・20円金貨があり、昭和の恐慌で改鋳されたものが多いため、現存している新金貨はいずれも高い価値をつけられています。大正時代と昭和時代前期には引き続き明治の新金貨の5円・20円が流通し、その後戦争によって金貨が廃止されました。
    旧金貨は非常に人気の古銭で一般的にプレミアの価値も付きやすく、「旧20円金貨」は状態によっては数十万円の価値になることもあるようです。

    戦後まで流通していた旧硬貨:銀貨

    銀という素材は調度品や装身具として古くから人々の生活に欠かせないものとして知られていました。銀貨においても歴史は古く、紀元前の時代から貨幣として流通していたと言われています。
    銀はその光沢の美しさ、変色や変質への耐久性が高いという性質や、加工がしやすくデザインの自由度の高さから貨幣の素材に適していたのです。

    日本でも古くから銀は貨幣に使われており、江戸時代には「三貨制度」が整備され、通貨が金貨、銀貨、銅銭の三種類に統一されました。銀貨は重さによって価値が決められており、使用する際は店先で天秤などにより計量されていたといわれています。

    銀貨は明治時代以降にも発行されていて、明治初期には5銭銀から1円銀貨まで実に十種類以上の銀貨が流通していました。このとき発行された銀貨は有名なものも多くコレクターにも非常に人気で高値で取引されている銀貨も多いようです。
    中でも旭日竜の描かれた旧硬貨「旭日竜50銭銀貨」のシリーズや、イギリス、アメリカとの貿易に用いられた「貿易銀」は特に有名で旧硬貨の買取市場でも非常に人気のある銀貨です。

    希少価値から額面以上の価値になることもある旧硬貨

    金貨、銀貨などの古銭について紹介しましたが、冒頭でも触れた「ギザ十」や「フデ五」のように実は現行の硬貨も発行年度によっては額面以上の価値が付くこともあるようです。
    しかし額面以上といっても基本的には、未使用であるなど保管状態が良くて額面を多少上回る程度になる場合が多いようです。 中には、「昭和62年の50円硬貨」や「昭和35年の50円硬貨」などは数千円から数万円で取引されることもあるようですので、今一度財布の中の硬貨をチェックしてみてはいかがでしょうか?

    とはいえ旧硬貨は種類も豊富で、状態によって価値は大きく変わってきますので 「もしかしてレアな硬貨かも?」と思ったときはプロの査定を受けることをおすすめします。
    そこで次では旧硬貨を買取に出す前に抑えておきたいポイントを紹介したいと思います。

    旧硬貨を買取に出す前に抑えておきたいポイント

    査定員女性

    先述のとおり旧硬貨には様々な種類があり、当然ながら一つ一つ希少価値は異なります。また査定金額を出す際には状態も十分加味されます。
    より高く買い取ってもらうために旧硬貨の査定ポイントなどを抑えておきましょう。

    旧硬貨の価値はその状態で変わってきます

    見慣れない旧硬貨をみつけたときに「これは一体いくらの価値があるのだろう?」と、インターネットで検索することもあるかもしれません。インターネット上では旧硬貨の買取相場や価値が記載されているサイトも散見されます。ところが実際に買取に出してみると 思ったより金額が少なく疑問に思う方も少なくないようです。

    特に金貨に関しては保管に注意が必要です。せっかく収集した金貨を、状態を維持しながら保管するためには、いくつかのコツがあります。 まずはビニール袋などに入れず、専用マットに裸で置いておくことです。
    ビニール袋などには化学薬品が含まれているため、金貨の質に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、強く磨いたり、洗ったりすることは避け、布でホコリを優しく落とす程度のお手入れにしましょう。触れる時に指紋がつかないようにすることも大切です。
    このように保管した金貨は、良い状態が保たれ、高い査定価格につながります。

    基本的に金貨も銀貨も、酸素、そして水と塩に弱いという性質を持っています。金属は湿気や空気に長時間触れると酸化を起こし、気づいたときにはサビがついてしまうこともあります。また銀貨は変色しづらいといわれていますが、常に直射日光に当たり続ける場所に保管しておけば少なからず、変色や日焼けを起こしてしまう可能性もあるでしょう。
    より高額での査定のために、金貨や銀貨、記念コインなど希少価値の高い旧硬貨はビニール袋で密封したり、可能な限り良い状態を維持するのが望ましいでしょう。

    旧硬貨は価値を理解してもらえる買取業者に依頼することも重要です

    旧硬貨の査定はインターネット上での査定、いわゆる「メール査定」も一般的となっています。お手持ちの旧硬貨の画像を買取業者に送ると買取価格を提示してくれるというサービスです。しかし実際に買取となる際はプロの査定士が実物を見て金額をつけます。

    旧硬貨は種類によっては高額で取引されています。そういったものは贋物も多く作られていて、中には非常に精巧なものも存在しているため、古銭に対する鑑識眼を持った査定員でないと真贋の判別は困難といえます。
    またコレクターに人気のある古銭で「寛永通宝」という穴銭があります。これは製造場所によって同じ寛永通宝でも、字体に相違が見られます。細かい差でありますが買取価格は異なってきます。
    こういった意味でも旧硬貨に対する知識、鑑識眼のある査定員でないと適正価格で買い取ってもらえない可能性があるのです。

    近年では査定を無料で行っている買取業者も増えているようです。手間は掛かってしまいますが複数社に査定を依頼して、提示金額を比較するといのも選択肢の一つではないでしょうか。また古銭を買取ショップに持っていくのが困難だという方は古銭の出張買取を行っている買取業者を利用するのもいいでしょう。

    どちらにせよ鑑識眼を持った査定員に査定をしてもらうことが旧硬貨の買取には重要なポイントとなります。旧硬貨を買取に出す際は業者選びは慎重になるのが望ましいでしょう。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報