古銭知識

世界中で愛される古銭の金貨

  • 「古銭」とは、現在は流通していない古い貨幣全般を指すこともあれば、古代の貨幣のみに限定して用いられることもある言葉です。ここでは古い貨幣全般を対象に、古銭の金貨の豆知識をご紹介します。

                           

    金貨が流通していた背景とは

    装身具などで古くから活用されていた金ですが、金貨という貨幣として製造されたのには幾つかの理由があります。それは、美しく見栄えの良いこと、柔らかく加工しやすいこと、金の希少性が高く偽造しにくいことなどです。また、耐久性が高いため、腐食などの変質をする不安もなく、硬貨として適した素材だったといえます。古くは東ヨーロッパやイスラム圏で金貨が流通し、西ヨーロッパでは銀貨が主に使われていましたが、国際貿易の活発化をきっかけに、西ヨーロッパでも金貨が徐々に浸透していくことになりました。ゴールドラッシュも相次ぎ、世界は金本位制になっていきましたが、1900年台に相次いだ大恐慌により金本位制は崩れ、現在は変動相場制が主流となっています。

    日本の金貨にはどのようなものがある?

    日本では、江戸時代にも小判など金を用いた貨幣が流通していましたが、品位のばらつきや偽造といった問題がありました。金本位制のもと、安定した通貨として金貨が定着したのは明治時代以降のことです。明治時代の金貨は、大きく分けて明治前期の旧金貨と、明治後期の新金貨の2種類に分けることができます。旧金貨には1円・2円・5円・10円・20円の金貨があり、いずれも年を追うごとに発行枚数が減ったため、製造年号が新しい方が価値は高い傾向があります。また、新金貨には5円・10円・20円金貨があり、昭和の恐慌で改鋳されたものが多いため、現存している新金貨はいずれも高い価値をつけられています。大正時代と昭和時代前期には引き続き明治の新金貨の5円・20円が流通し、その後戦争によって金貨が廃止されました。

    時代もデザインも多様な海外の金貨

    海外では、紀元前から金貨が流通していました。古いものでは古代ギリシャや古代エジプト、古代ローマなどで、ほぼ金塊といって良いような形状のコインに、神々や動物、王族のモチーフが刻印され金貨として使用されていました。中世では世界貿易の発展により、金貨の流通もさかんになっていきます。コインの製造技術も高くなっていき、その時々の支配者が、自らの権威を示したり経済混乱を解消したりするために金貨を発行していました。近代や現代に入ると加工技術が一層発達し、金貨の美的価値も上がっていきます。アメリカでは、博覧会記念として八角形の金貨が発行されるなど、記念コインも一般的になっていきました。このように海外では、時代性を反映した金貨が数多く流通し、現在では希少性に応じて価値がつけられています。

    金貨を保管するときのコツ

    せっかく収集した金貨を、状態を維持しながら保管するためには、いくつかのコツがあります。まずはビニール袋などに入れず、専用マットに裸で置いておくことです。ビニール袋などには化学薬品が含まれているため、金貨の質に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、強く磨いたり、洗ったりすることは避け、布でホコリを優しく落とす程度のお手入れにしましょう。触れる時に指紋がつかないようにすることも大切です。このように保管した金貨は、良い状態が保たれ、高い査定価格につながります。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報