古銭知識

希少価値の高い古銭の記念硬貨とは

希少価値の高い古銭の記念硬貨

天皇即位やオリンピックなど、国家を挙げての行事の際に発行される記念硬貨。

現在では製造されていない古銭の記念硬貨は、美的価値や希少価値が高く、コレクターから人気を集めています。

日本で発行されてきた記念硬貨の概要や保管のコツなどをご紹介します。





古銭とはどのような硬貨?

現在では使用されていない昔の硬貨の総称が、古銭です。

国内外に様々な古銭があり、古いものでは古代ギリシャや古代エジプトにまで遡ります。

金や銀の加工技術を編み出した古代人は神々や動物を刻印した硬貨を製造し、儀式や贈答、取引に使用していました。

中世になると支配者それぞれが自らの顔を刻印した硬貨を発行し、支配力の強化に利用するようになります。

硬貨の製造技術が発達するにつれて実用的な価値だけでなく、美的価値も評価されるようになり、国家行事などの折に記念硬貨が発行されるようになりました。

日本では昭和39年、東京オリンピック記念として初めての記念硬貨が発行されています。

日本で発行された記念硬貨

昭和39年の東京オリンピック記念硬貨以降、日本では様々な記念硬貨が製造されてきました。

東京オリンピックの記念硬貨は100円銀貨、1000円銀貨でしたが、その後しばらくは白銅貨による記念硬貨が発行されていきます。

たとえば大阪万博記念の100円白銅貨、札幌五輪記念の100円白銅貨、沖縄国際海洋博覧会記念の100円白銅貨などです。

そして、昭和61~62年に発行された天皇陛下御在位60年記念の硬貨では、白銅貨や銀貨に加えて金貨も登場します。

その後、天皇即位や皇太子御成婚などの皇室関係の記念硬貨で多く用いられてきた金貨ですが、1990年代後半からは長野オリンピックやFIFAワールドカップ、愛知万博などの大規模イベントに際しても記念硬貨として金貨が発行されており、多様な材質・デザインがより楽しめるようになっています。

記念硬貨を上手に保管するには

記念硬貨の収集家にとっては、保管方法も気を配りたいポイントです。

記念硬貨は未使用品で販売されるため、キズや摩耗の心配はあまりありませんが、汚れや変色、変質などのリスクが潜んでいます。

保存状態を良くするためには、保管の際にカビや色褪せの原因となる湿気や直射日光を避け、通気性が高い暗所に置くことがコツです。

また、市販のビニール袋などに入れてしまうと化学薬品が染み出してくる可能性があるため、コイン専用ケースで保管することがおすすめです。

手に取る際は、指紋の付着を避けるために指先で軽くつまむようにしましょう。

価値の高い記念硬貨とは?

記念硬貨は美的価値や希少価値が高いものほど高価格をつけられます。

全体的な傾向としては、皇室関係の記念硬貨で発行された金貨は高い査定額をつけられており、平成2?3年に発売された天皇陛下御即位記念の10万円金貨は15万円前後が相場となっています。

また、平成11年の天皇陛下御在位10年記念1万円金貨は買取価格の目安は8万円前後、平成21年の天皇陛下御在位20年記念1万円金貨も8万円前後が目安です。

その他には、平成16年の愛知万博記念1万円金貨、平成14年のワールドカップ記念金貨なども比較的高値をつけられる傾向があります。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!