古銭知識

【千円札が1,000倍に?】あなたの財布にも眠っているかもしれないエラー紙幣や希少な古銭

あなたの財布にも眠っているかもしれないエラー紙幣や希少な古銭

皆さんは「エラー紙幣」と呼ばれる驚きの価値を持つお札をご存知でしょうか。

日々の生活で何気なく使っているお札は、造幣局の徹底した管理の元、製造されています。

今回ご紹介するエラー紙幣は、製造過程で出てしまったいわば「不良品」で、通常であればまず出回ることはありません。

国の管理機関である造幣局の厳しい製品検査をなぜすり抜けて流通してしまったのかは不明ですが、古銭コレクターの間では幻の紙幣として高い人気があり、オークション等でも高値で取引されています。

破れていたり汚れていたりするものとは違い、製造過程で起こったトラブルによる変形や印刷ミスのあるお金は、その状態によって額面の10倍から1000倍以上という驚きの価値が付きます。

それでは、古銭の中で滅多にお目にかかれないエラー紙幣や、希少な古銭の世界を見てみましょう。

エラー紙幣とは?

エラー紙幣とは?

破れや汚れのみられる紙幣は銀行に持って行けばきれいな状態のものに交換してもらえます。

ただし、交換にはいくつか条件があります。3分の2以上残っているなら全額交換、5分の2以上残っているものは半額のみ交換してもらえますが、それ以下なら紙幣として認められず交換もされません。(※1)

破れたものや汚れたものは製造時点ではきれいな紙幣で、流通後に使用される過程で起こった紙幣です。

反対にエラー紙幣とは、製造過程で印刷ミスや断裁ミスが起こり、造幣局内のチェックも通過してしまった極めて珍しい紙幣なのです。

テレビの鑑定番組などで取り上げられることもある珍品ですから、多くの方が「エラー紙幣なんて自分には関係ない」「一部のコレクターが持っている希少な紙幣だろう」と思うかもしれません。

しかし、エラー紙幣は様々な偶然が重なった上で出回った経緯を考えると、皆さんの周りにもしかしたら存在するかもしれず、こういった珍品はコレクターが大金を払ってでも欲しがる理由があるのです。

※1 参照元:日本銀行が行う損傷現金の引換えについて

エラー紙幣にはどんな種類がある?

耳付きエラー紙幣
耳付きエラー紙幣の一例。「耳付き部分とは画像左側の箇所を指す(※2)
印刷ミスの1000円札
1000円札の「日本銀行券」表記の右側にインクのようなにじみが見られる(※3)
落札相場
オークションでの落札相場。最も高いものは2000円札がなんと129倍に(※4)

これまで発見されたエラー紙幣の特徴をみてみましょう。

エラー名称 状態
印刷ミス 印刷が欠けており絵柄の一部が空白、または絵柄が片面のみの状態
印刷ズレ 絵柄がずれて重なったりして印刷されているもの
耳付き 紙が折れたまま断裁した場合などに起こるもので、紙幣の角にカットされていない余分な紙が残ったもの
記号違い 紙幣の下部に記載されているアルファベットと数字が表と裏で異なっている(通常は一致)

これらは本来一般的には流通しないものですが、チェックを逃れてしまうことがあります。

破損や汚損の場合は本来の貨幣価値以上になることはありませんが、エラーだと判明すれば額面の何倍もの価値を有するプレミア紙幣となるのです。もしもエラー紙幣を発見したら銀行で交換する前に価値を調べてみましょう。

※2 参照元:ヤフーオークション大正兌換銀行券10円
※3 参照元:ヤフーオークション千円札エラー紙幣
※4 参照元:ヤフーオークション「エラー紙幣」検索結果(2017/10/24)

エラーは紙幣だけじゃない!コインや硬貨にもエラーは存在する

製造過程で偶然に生まれてしまったお金は紙幣だけではありません。コインや硬貨にも存在しており、実はコレクターも数多くいます。

エラーコイン、エラー硬貨の代表的な特徴をみてみましょう。

コレクターも多いエラー硬貨

穴あきエラーの50円玉
「穴なし」と呼ばれるエラー硬貨の代表といえる50円玉。コレクターに人気
穴ずれエラーの50円玉
「穴ずれ」エラーの50円玉。穴がふさがった状態もエラーの中では有名
エラー硬貨落札相場
エラー硬貨の落札相場。1円硬貨が40万円という超高額に(※5)

こちらも紙幣同様に、気づかれないまま流通してしまったものです。エラー硬貨には次のようなものが存在しています。

エラー名称 状態
穴なし 5円硬貨や50円硬貨などの穴あき硬貨に見られるエラーで、本来開いていなければならない穴が完全に塞がっています
穴ずれ 同じく5円硬貨や50円硬貨に見られるエラー。穴の角度がずれてエラーになります。
角度ずれ 硬貨の表面と裏面の模様の角度がずれてしまったエラー。昭和40年代の10円硬貨に多くみつかっています。
刻印ずれ 硬貨の絵柄がずれてしまったもので、ずれ幅が大きい程希少価値があります。
影打ちエラー 硬貨の表面や裏面、両面に同じ刻印がなされ、さらに別の硬貨の絵柄がコインされてしまったもの
裏写りエラー 本来両面に刻印されるそれぞれの刻印が重なって刻印されたエラー
ヘゲエラー 硬貨の一部がはがれてめくれたり、形状がいびつになってしまったもの

現在の状況を見ると、エラー硬貨は紙幣よりも価格が高い傾向がうかがえます。

特に硬貨やコイン類は比較的収集を始めやすいということもあり、今回ご紹介したように、中にはエラー紙幣を上回る値段がつくものもあります。

いずれにしても、エラー品は元々普通の額面のお金だったものが、製造過程で起こったミスにより希少性が増すという性質があり、そのため、エラー紙幣や貨幣の中には「偽物」と呼ばれる”エラー品に仕立てた古銭”も存在しますのでくれぐれもご注意ください。

※5 参照元:ヤフーオークション「エラー硬貨」検索結果(2017/10/24)

普通のお金がエラーなら額面の何倍もの価値ある逸品に

普通のお金がエラーなら額面の何倍もの価値ある逸品に

エラー紙幣やエラー硬貨は、それぞれにコレクターがいます。もちろん、エラーの状態によって価値は異なります。

中でも、珍しいと言われているヘゲエラーは価値が分かれやすい傾向があります。

めくれても1枚の硬貨として塊になっていれば価値がつきますが、めくれ過ぎて完全に浮いてしまったものは価値がつかない場合もあるようです。

いずれにしてもエラーかかどうかを判別するためには古銭の価値に詳しい専門業者へ相談するのがベストといえそうですね。

エラー紙幣や硬貨を見つけたらまずは価値を見極めてもらおう

エラーのある紙幣や硬貨は希少性の高さから、見つけようと思ってもなかなか見つけられるものではないでしょう。

しかし、過去に発見されたエラー紙幣や硬貨は偶然発見されたという経緯を考えると、買い物をした時のおつりや両替したお金の中に紛れている可能性は十分にあります。

まずはお財布の中にある紙幣や硬貨を見てみてはいかがでしょうか。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報