古銭知識

【古銭コラム】プレミア硬貨

プレミア硬貨

  • 私たちに最も身近なプレミアム硬貨、それはエラーコインです。

    エラーコインはふと気づいたら手元に舞い込んでくる可能性もある物ですので、いざという時に見逃さないようご紹介したいと思います。

    前提として、国内通貨の硬貨は造幣局で鋳造されるものしか存在しません。専用の機械で鋳造されるためエラー品が頻繁に出ることは無いのですが、それでもやはり機械の始動・停止のタイミングや様々な要因でイレギュラーが生まれる可能性はあります。しかしそうしたエラーは、本来最終的な人によるチェックで取り除かれます。それらがなにかの拍子で世間に流れ出ると、希少性による高い評価を受けるのです。

    有名なものとして

    「穴ズレ」5円・50円で中央にあるべき穴が中央からずれている。

    「穴なし」5円・50円で中央にあるべき穴が開いていない。

    「角度ズレ」表裏の模様角度がずれている。

    「刻印ズレ」本来コインの中に収まるべき刻印がずれてはみ出している。

    「影打ち」なんらかの原因で片面の刻印が済んだコインが重なった上から反対面をプレスされることにより、表裏が鏡で写したようになっている。

    「影移り」なんらかの原因で反対面の刻印が映ったもの。

    「ヘゲ」コインの金属表面がめくれた状態で刻印されてしまったもの。

    これらのエラーコインは総じて高い評価をされますが、同じ「穴ズレ」でも中央から離れていればいるほど高い価値とされるなどのエラーの状態によって差が伴います。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報