古銭知識

プレミア硬貨を買取に出したらいくらになる?プレミア硬貨の特徴と買取相場

エラーコイン2

あなたは「プレミア硬貨」と呼ばれる種類の古銭をご存知でしょうか。

名前だけ聞くとなかなか見る機会も少ないように思えますが、中には今も流通している種類がありますのであなたの財布の中に入ってるかもしれません。

プレミア硬貨に該当する種類の多くは基本的には全て額面以上の買取価格が付くとされ、多くのコレクターが探し求めている古銭なのです。

今回はそんなプレミア硬貨の特徴や買取相場をご紹介します。

プレミア硬貨と気になる買取相場は?

プレミア硬貨と気になる買取相場は

プレミア硬貨と呼ばれるものの多くが、皆さんが日常生活で普段から使っている1円・10円・50円・100円・500円からなる硬貨が該当します。

日本国内で流通している硬貨の価値は基本的に額面価値しかありませんが、稀少価値の有無により額面価値にプラスして古銭の価値が付くだけではありません。

買取相場という観点で言えば、最低でも額面の2倍以上、そして状態にもよりますが高い物なら100倍という驚きの価値が付くプレミア硬貨も存在しています。

これだけ高い価値を有している理由が古銭の買取相場が高くなっているのですが、その背景にはプレミア硬貨を探し求めるコレクターのが関係しています。

プレミア硬貨の多くは古銭コレクターが所有しているためあまり市場に出回ることはありませんが、コレクターに発見されていないプレミア硬貨が人知れず日常生活で普通の硬貨として流通している可能性もあるのです。

プレミア硬貨となる条件その1:発行枚数が極端に少ない硬貨

発行枚数が極端に少ない硬貨

硬貨は毎年国の基準で定められた枚数が発行されていますが、日本においては造幣局で製造枚数が厳密に定められています。

毎年膨大な枚数の硬貨が日本国内で流通しているのですが、発行枚数はその年の経済動向に大きく左右されるため極端に発行枚数が少ない年があります。

発行枚数が極端に少ないことからその後プレミア硬貨とされた硬貨の種類と発行年は以下の通りです。

発行枚数の少なかった1円玉

発行枚数の少なかった1円玉
発行年 発行枚数
昭和30年(1955年) 381,700,000枚
昭和64年(1989年) 116,100,000枚
平成12年(2000年) 12,026,000枚
平成13年(2001年) 8,024,000枚
平成14年(2002年) 9,667,000枚
平成22年(2010年) 7,905,000枚
平成23年(2011年) 456,000枚
平成24年(2012年) 659,000枚
平成25年(2013年) 554,000枚
平成28年(2016年) 574,000枚

発行枚数の少なかった5円玉

発行枚数の少なかった5円玉
発行年 発行枚数
昭和32年(1957年) 10,000,000枚
昭和64年(1989年) 67,332,000枚
平成12年(2000年) 9,030,000枚
平成18年(2006年) 9,594,000枚
平成19年(2007年) 9,904,000枚
平成20年(2008年) 9,811,000枚
平成21年(2009年) 4,003,000枚

発行枚数の少なかった10円玉

発行枚数の少なかった10円玉
発行年 発行枚数
昭和32年(1957年) 50,000,000枚
昭和33年(1958年) 25,000,000枚
昭和34年(1959年) 62,400,000枚
昭和61年(1986年) 68,960,000枚
昭和64年(1989年) 74,692,000枚
平成25年(2013年) 100,892,000枚

発行枚数の少なかった50円玉

発行枚数の少なかった50円玉
発行年 発行枚数
昭和60年(1985年) 10,150,000枚
昭和61年(1986年) 9,960,000枚
平成12年(2000年) 7,026,000枚
平成13年(2001年) 8,024,000枚
平成14年(2002年) 11,667,000枚
平成15年(2003年) 10,406,000枚
平成16年(2004年) 9,903,000枚
平成17年(2005年) 10,029,000枚
平成18年(2006年) 10,594,000枚
平成19年(2007年) 9,904,000枚
平成20年(2008年) 8,811,000枚
平成21年(2009年) 5,003,000枚
平成26年(2014年) 7,538,000枚

発行枚数の少なかった100円玉

発行枚数の少なかった100円玉
発行年 発行枚数
平成13年(2001年) 8,024,000枚
平成14年(2002年) 10,667,000枚

発行枚数の少なかった500円玉

発行枚数の少なかった500円玉
発行年 発行枚数
昭和62年(1987年) 2,775,000枚

プレミア硬貨となる条件その2:発行年代により刻印の違いがある硬貨(フデ/ギザ)

5円玉と10円玉のプレミアとしては発行年代により形状がやや異なる「フデ」と「ギザ」が有名ではないでしょうか。

現在も流通している硬貨ですので、財布の中を探したら見つかるかもしれませんので探してみましょう。

フデ5

昭和24年から33年の間に発行された5円玉は表面の文字が楷書体で、まるで筆でなぞったように見えることからフデ5と呼ばれています。

また、日本国の刻印も「日本國」と表記されているのも見逃せないポイントです。

ギザ10

10円玉の縁に溝があり、見た目がギザギザなことからギザ10と呼ばれてます。ちなみに溝の本数は132本となっています。

昭和57年から平成11年発行の500円玉

現行の500円玉ですとギザ10のように縁に溝が掘られているのみですが、昭和57年から平成11年発行の500円玉は側面に◆NIPPON◆500◆と刻印がされており、レアです。

また、表面の数字(500)の内側も平坦となっています。

プレミア硬貨となる条件その3:不良品にも関わらず流通してしまったエラー硬貨

不良品にも関わらず流通してしまったエラー硬貨

前提として、国内通貨の硬貨は造幣局で鋳造されるものしか存在しません。

専用の機械で鋳造されるため不良品が頻繁に出ることは無いのですが、それでもやはり機械の始動・停止のタイミングや様々な要因でイレギュラーが生まれる可能性はあります。

しかしそうした不良品は、本来最終的な人によるチェックで取り除かれます。それらがなにかの拍子で世間に流れ出ると、希少性による高い評価を受けるのです。

こういった不良品をコレクターの間では「エラー硬貨」と呼び、プレミア価値を誇っています。ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

エラー名 状態
穴ズレ 5円・50円で中央にあるべき穴が中央からずれている
穴なし 50円で中央にあるべき穴が開いていない
角度ズレ 表裏の模様角度がずれている
刻印ズレ 来コインの中に収まるべき刻印がずれてはみ出している
影打ち なんらかの原因で片面の刻印が済んだコインが重なった上から反対面をプレスされることにより、表裏が鏡で写したようになっている
影移り なんらかの原因で反対面の刻印が映ったもの
ヘゲ コインの金属表面がめくれた状態で刻印されてしまったもの

これらのエラーコインは総じて高い評価をされますが、同じ「穴ズレ」でも中央から離れていればいるほど高い価値とされるなどのエラーの状態によって差が伴います。

エラーコインはプレミア価値が付く一方で、オークション等で安価で売られている偽物を掴まされる場合もあるようです。

入手の際はくれぐれもご注意ください。

プレミア硬貨となる条件その4:記念硬貨など、発行数が限定されている硬貨

プレミア硬貨となる条件その4:記念硬貨など、発行数が限定されている硬貨

記念硬貨もプレミア硬貨に該当する場合があります。

記念硬貨の身近な例を挙げるとオリンピックなど国を挙げての行事やイベントを記念して発行される硬貨があります。

お金として使用されている硬貨のように毎年何万枚も発行されることがないため、枚数に限りがあるため人気の記念硬貨は発売後すぐに売り切れとなるためプレミアがつきます。

また、普段の生活で流通している硬貨はアルミやニッケル、銅といった素材が使われていますが、記念硬貨は銀や金という稀少な素材が使われており、コレクター価値のほか資産としても十分な価値が見込めます。

プレミア硬貨の特徴と買取相場まとめ

プレミア硬貨の特徴と買取相場まとめ

今回はプレミア硬貨と呼ばれる古銭の特徴やその稀少性についてご紹介しました。

プレミア硬貨に該当する種類の多くは元々は皆さんが日々の生活で使用する硬貨であり、発行年数や製造過程での少なさからプレミア硬貨としての価値がつくほか、記念硬貨でのプレミア硬貨も存在しています。

ひとたびプレミア硬貨に該当するとなればその額面価値は倍以上になるだけでなく、古銭としての価値も見逃せませんね。

古銭コレクターが今だに探し求めるプレミア硬貨は、もしかしたらあなたの財布の中や身近なところにプレミア硬貨が出てくるかもしれませんので探してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!