古銭知識

【古銭コラム】大判・小判

大判・小判

  • 日本の古銭として、ドラマや時代劇で目にする最も印象が強いものといえば大判・小判。正式な呼び名は「大判金」「小判金」という“計数貨幣”です。

    この頃に商人の間で出回る通貨の主流は“秤量貨幣”で、重さで価値が決められていました。それに対し「これ1つでこれだけの価値が保証される物」それが計数貨幣です。主に恩賞・贈答むけに用いられた大判金・小判金ですが、「判金」としてまとめられる中に一分金・一朱金など少額のものもあり、一般的な人々の間でも使い勝手の良いものとして出回っていました。交易の広がりに応じて、土地によって価値が変動しやすい秤量貨幣よりも数字または刻印に示された貨幣価値を保証された計数貨幣が全国的に浸透したのは当然の流れだったのでしょう。

    判金は古銭を取り扱う業者やコレクターの中で安定した価値を保有しています。時代によって額面も様々、含有される金属の量が異なります。等しい金額であるはずの十両大判も、並べて見ると驚くほどに色味が違います。これは元となる金と合わせる他の金属の性質や割合が異なるためで、それを踏まえてそれぞれに含まれる金の価値、施された文字や造型の古美術としての価値など複数の観点から査定され、最終的な価値が変化します。全体の打目や花押と言った地金部分の状態や、墨書があるものであればそれがどのくらい鮮明に残っているか、使用感があるのかないのかもとても大切な要素です。もしも価値が不明な大判や小判が見つかったら、まずは類似を探してみるのも良いですがそのまま一度価値の確認だけでもしてみると良いでしょう。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報