古銭知識

【古銭コラム】古金銀

古金銀

  • 江戸時代の通貨は、交易をおこなう商人を中心に“秤量貨幣”が一般的でした。これは大小織り交ぜた金ないしは銀の重さで代金とした物です。この場合は1つ1つのサイズに規定はなかったので、同じ慶長丁銀でも見た目は似たデザインであるのに、並べて見るとやや小振りであったり、細めだったりということが珍しくはありませんでした。また地域によって金や銀の価値が大なり小なり変化していたため、購入者と販売者の力関係が少々いびつだった印象を受けるエピソードが散見します。

    一方、庶民の間では豆板銀と呼ばれる、もっと小振りな銀の粒が用いられます。貨幣として使えるように極印を打たれた豆板銀が、露銀と呼ばれる0.1匁(もんめ)程度の小さな粒~10匁(1匁=3.75g)程度の銀の粒をそれぞれ財布の中に入れていたということですね。手っ取り早く1匁の重さを体感したい方は5円玉を手のひらに乗せていただくと、ぐっとイメージしやすくなります。

    それから時代の変化と貨幣の鋳造及び印刷技術の向上に伴い、主流な通貨が“秤量貨幣”から“計数貨幣”へと移行していくのですが、この時期様々な名称の計数貨幣が誕生しています。計数貨幣で代表的なものとしてあげられるのは、長方形の形状をした一分銀や一朱銀です。当初は金貨の通貨単位を担う計数貨幣として南鐐二朱銀が発行され、その後、天保一分銀や安政一分銀などの様々な一分銀や文政南鐐一朱銀をはじめとする一朱銀が発行されました。なかでも古南鐐二朱銀大型や庄内一分銀と明治一分銀などは比較的高額買取の対象になるケースもありますので、ご自宅に古銭をお持ちの方は一度確認してみることをお勧めいたします。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報