古銭知識

【古銭コラム】近代銭

近代銭

  • 近代銭とは、明治時代以降に鋳造・発行された硬貨を指します。コイン収集をしている方ならば耳にすることの多い一円金貨・十円金貨の他、貿易銀として流通した一円銀貨等が含まれます。古銭収集家や買取り業者にとってお宝と言えるこの金貨は、なぜそれほどの魅力を持つのでしょうか。

    明治時代に創業された造幣局は、当時英国の技師を中心に製造技術を教わりました。そのため英国の伝統も色濃く反映され、当時は公式の記録こそありませんがプルーフ硬貨も製造されています。その後は様々な仕様の変更等もあり、ただでさえ枚数も少なく価値の高い金貨に希少性が添えられ、結果として価値の上昇に拍車がかかります。もっとも、この時期の硬貨に関しては金・銀を問わず高い評価がされるのが特徴です。

    特筆して興味深いのは「貿易銀」です。明治時代初期である1870年代、海外と貿易取引をする際に専用で発行された大型の銀貨で、当時の海外交易の場でシェアを広げていた規格に合わせて銀の含有量を調整されていました。これがいわゆる「一円銀貨」です。現在は発行されない品ですので、その価値は高く、当時の諸外国でも発行された貿易銀と併せて買取・収集されることが多いようです。

    近代銭は通貨単位の編纂により、記載されている額面と実際の価値が全く一致しません。ご自宅に眠るその品は、実はとても希少な年度の物かも知れないのです。汚れが目立つ物であっても、無理に洗浄したりはせずに査定をしてみることが、あなたにとって思わぬ利益になるかもしれません。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報