旧貨幣

  • 旧貨幣
  • 旧貨幣とは、現行で発行されているもの以外の貨幣のことを言います。具体的には、時代劇で有名な大判・小判、同じく計数通貨である一分金や一朱銀、秤量貨幣の丁銀や豆板銀、また明治以降に発行された近代銭と呼ばれる一円金貨や十円金貨、また海外との交易のためだけに発行された貿易銀などに大きく分けることができます。江戸時代を中心にわが国に流通していた大判・小判や一分金・一朱金などは判金として分類され、古銭はコレクターの間でも安定した高い価値を持っています。

    時代によって含有される金の量も異なり、花押しや墨書きなどの美術品としての総合的な評価をされ価値が決定されます。

    近代銭は明治維新後、国際的に通用する通貨として江戸時代の慶長の幣制と呼ばれる、両・分・朱の貨幣制度から、欧米の制度(主にイギリス)参考に円・銭・厘の貨幣制度に変更されときに発行された洋式のコインです。これらは日本のコインの中でも最も収集家が多く人気も高いものです。特に評価が高いものとして、幕末の混乱期、一分銀の不足により米国総領事ハリスの提案により1857年発行された改三分定銀大字や加納夏雄がデザインした竜と旭日の図案を用いた試作貨 旧1円銀貨、あるいは旧10円金貨 有輪、旧5円金貨などのコインが存在します。

    あなたのご自宅にも、希少価値のある江戸時代の貨幣や明治以降に発行された近代銭が眠っているかもしれません。ご自宅に古いお金をお持ちでしたらぜひ査定をお薦めいたします。