静岡県で古銭買取ならお任せください!

大切な古銭、眠っていませんか?スピード買取.jpなら静岡県全域で古銭を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く古銭を買取させていただく事を信念としております。古銭を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 古銭を売るなら今がチャンスです!

    今、古銭収集家の減少に伴い、その価値も低下傾向にあります。

    限定で造幣された金貨や記念硬貨、明治・大正・昭和などの旧札・紙幣は日々市場へ大量流出し、価値が下がり続けています。

    このまま価値の低下が進んでしまうと、

    売ることが不可能になる可能性もあります。

  • 古銭・記念硬貨・金貨を売るなら今!

    状態のよいもの、希少性の高いもののほか、収集家の間では多少古く汚れているものでも

    大量に購入することで保有欲を満たす傾向にあります。

    古銭を売却・処分するなら今がチャンスです。

    もし、あなたが、古銭を売りたいとお考えなら、「今」お売りすることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

静岡県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 静岡県地域
  • 静岡県内(市)

    静岡市浜松市、 沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市

    静岡県内(郡)

    賀茂郡東伊豆町、賀茂郡河津町、賀茂郡南伊豆町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町、田方郡函南町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、駿東郡小山町、富士郡芝川町、榛原郡吉田町、榛原郡川根本町、周智郡森町、浜名郡新居町

静岡県のお客様の声

  • 多くの古銭を出張買取してもらえて良かったです!

    出張買取 | 静岡県沼津市 | 60代 | 男性

    多くの古銭が見つかったので買取を考えました。ネット検索でWEBからの予約で日時を決められて簡単でした。旧札が多く、持ち歩きが怖かったので出張買取をお願いしました。査定員の身分証明書も見せてもらえたので安心して対応ができました。丁寧に手袋を利用して査定してくれたので感心させられました。買取金額は想像を上回る物で喜ばしかったです。来てもらえて本当に良かったです。

  • 価値のわからない外国の古銭を買取ってもらいました

    出張買取 | 静岡県伊東市 | 30代 | 男性

    実家の大掃除をしていたら古銭や古紙幣が沢山出てきたので買取ってもらいました。価値があるかはわかりませんがとりあえず来てもらいました。ほとんどが外国の古銭だったので買取してもらえるか不安でしたが、大丈夫とのことでした。中国の古銭の中にはとても価値があるものもあったらしく、高値が付きました。ほとんど価値がないと思っていたので買取ってもらえて良かったです。また利用しようと思います。

  • 古銭をまとめて買取ってもらいました

    出張買取 | 静岡県焼津市 | 40代 | 男性

    父が古い物が好きで、古銭を集めていました。遺品整理で、誰も使わないので買取することになりました。かさばるので、自宅まで来てくれて助かりました。丁寧に査定してくれて良かったです。買取金額も思ったより高かったです。不要なものを買ってもらえて助かりました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

古銭買取|静岡県の豆知識

  • 古銭色々
  • 静岡の古銭買取に関するイベントは神社が人気!

    静岡県の県庁所在地は静岡市です。人口は2014年時点で約370万人で、東西に長いことから地域による住民意識の違いが大きいと言われています。また地域地域による方言の違いから文化面においてもかなりギャップがあります。静岡県は、旧令制国でいうところのおおよそ伊豆国・駿河国・遠江国の3国にあてはまっています。 静岡県静岡市葵区にある静岡護国神社では、骨董や古銭に関連するさまざまなイベントが定期的に開催されています。毎月の最終日曜日とその前日の土曜日には「蚤の市」が、第1日曜日と第3日曜日には「フリーマーケット」が開かれ、境内はアンティークを愛好する人々や買取業者などによって賑わいます。

  • 静岡の古銭と駿府銀座

    静岡には20店舗以上古銭買取をしている店舗があります。静岡の伝統工芸は国の伝統的工芸品、郷土工芸品として国から指定されており古銭ばかりでなく工芸品も扱っている買取業者もいます。徳川三代将軍家光が浅間神社の造営に際して秀でた名工たちを集めたのが、静岡の伝統工芸の始まりです。 静岡の古銭の歴史ですが、駿府銀座は江戸時代初期の1606(慶長11)年に徳川家康が駿府城の蓄財のために銀貨鋳造目的で設置されています。駿府城築城と同時に駿府金座・銀座を定め、多くの両替商がその周辺に集まったとのことです。静岡市内には金座町・両替町・銭座町などといった町の名前が、その名残りとして残っています。

  • 古銭
  • 古銭
  • 小判でお買い物?静岡まつりで江戸時代にタイムスリップする

    静岡県静岡市葵区にある駿府城公園では、毎年4月初旬に「静岡まつり」が開催されています。静岡まつりは昭和32年(1957年)から始まった市民のお祭りで、静岡市の支援のもと市民によって企画・運営が行われ毎年盛大な盛り上がりをみせています。徳川家康は駿府城にて隠居していたのですが、家臣と共に花見を楽しんだという故事にならったのがその由来です。桜の花が咲く頃に行われるお祭りとして、静岡市民に大変親しまれています。 静岡まつりでは江戸時代へのタイムトリップをしたかのような催しが色々となされていますが、その一つとして古銭買取業者も興味を抱きそうな「静岡まつり小判」という金券が発行されています。この金券は、公園にある駿府屋台村などでお金の代わりとして使うことができるのです。

  • インフレと宝永小判の関係は?

    「宝永小判」とは、宝永7年(1710年)に通用開始された小判です。小判の右上に「乾」字が打印されているところから、乾字金とも呼ばれています。 1710年に元禄小判から宝永小判への「宝永の改鋳」が行われ、その結果物価の高騰をもたらされてしまい江戸庶民の生活は困窮しました。幕府旗本の荻原重秀によって繰り返された改鋳は、銀の品位をコントロールすることで困窮する幕府財政の打破し品物の値段を安定させるという目的がありました。しかし貨幣の発行増に伴って品物に対してお金の価値が下がり、結果としてインフレを招いたとされています。 豊富な専門知識に基づかなければ、古銭の鑑定は難しいとされています。お手持ちの古銭があれば、静岡の古銭買取業者へ持ち込んでみることを強くおすすめします。

  • 古銭いろいろ

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について