茨城県で古銭買取ならお任せください!

大切な古銭、眠っていませんか?スピード買取.jpなら茨城県全域で古銭を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く古銭を買取させていただく事を信念としております。古銭を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 古銭を売るなら今がチャンスです!

    今、古銭収集家の減少に伴い、その価値も低下傾向にあります。

    限定で造幣された金貨や記念硬貨、明治・大正・昭和などの旧札・紙幣は日々市場へ大量流出し、価値が下がり続けています。

    このまま価値の低下が進んでしまうと、

    売ることが不可能になる可能性もあります。

  • 古銭・記念硬貨・金貨を売るなら今!

    状態のよいもの、希少性の高いもののほか、収集家の間では多少古く汚れているものでも

    大量に購入することで保有欲を満たす傾向にあります。

    古銭を売却・処分するなら今がチャンスです。

    もし、あなたが、古銭を売りたいとお考えなら、「今」お売りすることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

茨城県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 茨城県地域
  • 茨城県内(市)

    水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市

    茨城県内(郡)

    東茨城郡茨城町、東茨城郡大洗町、東茨城郡城里町、那珂郡東海村、久慈郡大子町、稲敷郡美浦村、稲敷郡阿見町、稲敷郡河内町、結城郡八千代町、猿島郡五霞町、猿島郡境町、北相馬郡利根町

茨城県のお客様の声

  • 日本の古銭を買取してもらい感謝

    出張買取 | 茨城県結城市 | 60代 | 男性

    寛永通宝や天保通宝など、長年集めていた日本の古銭が大量に蔵にあったので、買取をお願いしました。量が多かったので、家まで査定に来てくれるというのは助かりますね。スピード感ある買取で待ち時間も少なかったので、良い業者であると思います。

  • 祖父が集めていた古銭を買取してもらえました

    出張買取 | 茨城県水戸市 | 40代 | 男性

    祖父が亡くなって遺品整理をしていたら、収集していた古銭が沢山見つかり困っていました。電話で査定をお願いしたら、直ぐに自宅まで来て頂けて全部買取してもらえました。処分しなくて良かったと、今はとても感謝しています。

  • 古銭が売れて感激です

    出張買取 | 茨城県古河市 | 50代 | 男性

    家に置きっぱなしの古銭の処遇をどうしようかと考えていたところに、貴社の案内を目にしました。古銭を一枚から買取していただけるというその姿勢は尊敬に値するものがあります。素早い対応からの買取には感謝です。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

古銭買取|茨城県の豆知識

  • 古銭色々
  • 茨城県で古銭買取を考えているあなたへ

    茨城県は、地図で見ても分かるように縦長の地形をした県です。東京からの交通の便も良いので、最近では都会で暮らしながら茨城に田んぼや畑を借りて農業を楽しむ人も増えているようです。
    茨城県は、8世紀前半、奈良時代に編纂された常陸国風土記に「土地広く、土が肥え、海山の産物もよくとれ、人びと豊かに暮らし、常世の国のようだ」と記されており、昔から多くの人々が豊かに暮らしてきました。 江戸時代には、水戸に徳川家の藩が置かれ、江戸に近いため水陸交通の要所として発展し、地方における政治、経済、文化の中心となっていました。かの有名な副将軍・水戸光圀や、尊王攘夷を説く水戸学でよく知られています。 茨城県には、偕楽園や鹿島神宮などの文化遺産が各地にあり、さらに日本画の横山大観、近代陶芸の板谷波山、童謡作詩の野口雨情などの偉大な先人を多く輩出しています。
    そんな茨城県の中でも人口が集中しているのは、主に県庁所在地である水戸市と、最近では都市開発が急速に進み住みやすい街ランキングでも上位を獲得したつくば市が上位2都市で、この2都市に様々な種類の店も集中していると言えるでしょう。
    古銭の買取を行っている店は県内全体にありますが、水戸市かつくば市であれば店舗が見つけやすいでしょう。それ以外ですと、出張買取を行っている業者に依頼するのがベストです。

  • 茨城県といえば水戸黄門

    茨城県の古銭事情を語る上で外せないのが、やはり『水戸黄門』ではないでしょうか。 かの有名な時代劇ドラマで、現在の茨城県の前身である水戸藩の藩主であった徳川光圀がこの『水戸黄門』なのです。水戸藩は徳川御三家のうちの一つであったことからも、江戸幕府の中でかなりの力を誇っている藩であったことが伺えます。
    江戸幕府では、貨幣の発行権は全て幕府が取り仕切っていたとされています。通常ならば徳川幕府の寛永通宝以外のものは存在しないはずでした。しかしながら、例外的に地方銭として認められた通貨が藩内限定で流通していたとされており、買取をする際にはそんな貴重な古銭にも出会うことが稀にあるのです。
    ちなみに時代劇の「水戸黄門」では黄門様が全国を行脚していますが、実際の光圀は水戸藩が位置する茨城県、神奈川県の鎌倉など、栃木県、千葉県の一部に文化事業のために行脚したことしかありませんでした。 光圀の旅に関して記された「鎌倉日記」や「甲寅(このえとら)紀行」という書物によると、大きな旅は9回しかしていないのです。それではなぜ全国を回ったという話が出たかといえば、水戸黄門漫遊が描かれた講釈本が明治の初めにでました。これが現存する最古の講釈本です。

  • 古銭
  • 古銭
  • 茨城で人気の古銭

    古銭の買取の際に、珍しいものに出会えることがあると上述しましたが、その中でも茨城県の前身である水戸藩において地方銭として認められ、流通していたのが“水戸虎銭”です。 “水戸虎銭”は幕末時代の水戸藩が作製した地方貨で、「富国強兵」の文字と虎の図が特徴的です。元治元年、水戸の細谷銭座で撒銭の名目で虎の図を表にして造られた鉄銭が最初のもので、これを慶応3年、材質を銅に変え「富国強兵」を表にして再鋳し、五十文銭として藩内に流通させたものがこの“水戸虎銭”です。
    幕末時代の地方貨は、バリエーションが豊富でコレクターの人たちにも人気が高いと言われている代物です。 磨いたり、洗ったりしないでそのままの状態で売ることが古銭を売る上では重要なポイントです。

  • 文政小判発見も夢じゃない?

    茨城は上述した“水戸虎銭”以外にも、“大黒銭”(大黒の図が刻印されているもの)という古銭が存在し、これもコレクターの間で人気が高く、かなり希少性も高いため、なかなかお目にかかることが出来ないと言われています。
    しかしながら、茨城県は全国でも可住地面積が全国で4位という結果からも分かるように、とにかく各家ごとの土地の面積が広く、古くからある家には必ずといって良いほど“蔵”が存在します。買取の際には、“蔵”というキーワードをかなりの確率で耳にします。 文政小判のような黄金の小判が眠っている可能性もあるので、一度は中をじっくり見てみることをおすすめします。

  • 古銭いろいろ

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について