群馬県で古銭買取ならお任せください!

大切な古銭、眠っていませんか?スピード買取.jpなら群馬県全域で古銭を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く古銭を買取させていただく事を信念としております。古銭を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 古銭を売るなら今がチャンスです!

    今、古銭収集家の減少に伴い、その価値も低下傾向にあります。

    限定で造幣された金貨や記念硬貨、明治・大正・昭和などの旧札・紙幣は日々市場へ大量流出し、価値が下がり続けています。

    このまま価値の低下が進んでしまうと、

    売ることが不可能になる可能性もあります。

  • 古銭・記念硬貨・金貨を売るなら今!

    状態のよいもの、希少性の高いもののほか、収集家の間では多少古く汚れているものでも

    大量に購入することで保有欲を満たす傾向にあります。

    古銭を売却・処分するなら今がチャンスです。

    もし、あなたが、古銭を売りたいとお考えなら、「今」お売りすることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

群馬県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 群馬県地域
  • 群馬県内(市)

    前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市


    群馬県内(郡)

    北群馬郡榛東村、北群馬郡吉岡町、多野郡上野村、多野郡神流町、甘楽郡下仁田町、甘楽郡南牧村、甘楽郡甘楽町、吾妻郡中之条町、吾妻郡長野原町、吾妻郡嬬恋村、吾妻郡草津町、吾妻郡六合村、吾妻郡高山村、吾妻郡東吾妻町、利根郡片品村、利根郡川場村、利根郡昭和村、利根郡みなかみ町、佐波郡玉村町、邑楽郡板倉町、邑楽郡明和町、邑楽郡千代田町、邑楽郡大泉町、邑楽郡邑楽町

群馬県のお客様の声

  • 古銭の買取は素晴らしいですね

    出張買取 | 群馬県前橋市 | 50代 | 男性

    私の家は、代々続く豪農です。年末の大掃除の際に、蔵を開けると、何と大量の古銭が見つかりました!どうしようかと頭を抱えていたところ、買取をして頂けることになり、大変助かりました。ありがとうございます。また利用しますね。

  • 古銭をインターネットで出張買取してもらいました

    出張買取 | 群馬県館林市 | 60代 | 男性

    古銭を集めていましたが、全く興味が無くなりインターネットで古銭を買取してくれると知ってすぐにお願いをしました。訪問してきた方に色々とお話しを聞きその他の不用品も買取して頂きました。非常に良かったので、今後も利用させてもらおうと思います。

  • 嫁も喜んだ古銭の処分

    出張買取 | 群馬県伊勢崎市 | 40代 | 男性

    嫁の実家から江戸時代の古銭の処分を依頼され、ネットで買取業者を探しました。来られた方は古銭の専門家であり、次から次に古銭の値段が決まっていきます。お陰で義理の母親へのお小遣いが出来、嫁も喜んでいます。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

古銭買取|群馬県の豆知識

  • 古銭色々
  • 群馬県の古銭買取の現場では小判が人気

    は古代より富や特権階級の象徴として世界各国で尊ばれてきた貴金属です。金は他の貴重な素材とは異なり科学的な実験などを通して得られるわけでも、地中深く掘らなければ見つからないような素材というわけでもなく、そのままの形で自然界に存在しています。そのため人類が金属の中でも最も早くからその存在を確認することができた金属です。歴史的にもまた現在においても金は最も価値のある金属とされ、多くの通貨制度は金を基準に整備されてきました。 現在は既に金の発掘は見られなくってしまいましたが、実は群馬県には金山があったこともあり、江戸期から本格的に流通するようになった日本製金貨である小判の原料にも群馬産の金が使われました。古銭収集家には様々な種類の小判が人気で、群馬県下にある古銭買取専門店に持ち込まれることが少なくありません。希少性によってその価値が普遍的に担保されている金が成分に含まれることから小判は古銭の中でも買取に出した際に高価買取が他の古銭と比べ期待しやすいものでもあります。

  • 日本の流通金貨である小判の誕生

    人類の歴史上、金がいつから流通し始めたかご存知でしょうか。金は紀元前3000年頃から使われ始めたと言われています。当時は物々交換という文化が主流でしたが、最古の金貨は遡ること紀元前7C頃に既に存在していたとわかっています。最古の金貨が使用されていた地域は中央アジア付近で反映していたリディアという地域で作られた『エレクトロン貨』という金貨で、金や銀の合金に動物や人物が打穀されています。もしかすると世界史で学んだ方もいらっしゃるかもしれません。また、日本では淳仁天皇の治世時である天平宝字4年(760年に)作られた『開基勝宝(かいきしょうほう)』が日本において最古の金を使った貨幣として知られています。その後も『甲州金』や豊富秀吉が作った『天正大判』などが製造されました。『甲州金』は戦国時代の後も19世紀初頭まで作り続けられ、金の含有量が変化しない貨幣として長く親しまれました。そのため群馬県の古銭買取の現場に持ち込まれることも少なくありません。

  • 古銭
  • 古銭
  • 小判の種類

    上記でご紹介しました、金を使用した日本の金貨、『甲州金』の誕生の後も、金は依然として砂金を中心に重さと量によって取引の対価としていましたが、江戸幕府を開くおりにようやく全国流通を目指した貨幣が作られるようになりました。その際に流通貨幣として『慶長小判』が発行され始めました。この慶長小判に関しては以降の時代において長く流通することとなります。その後、江戸時代の人口増加に伴い、当然市場で必要になる貨幣の需要が増えたため、経済的に滞りがないよう貨幣の流通量を増やす政策が進められました。この政策によって『慶長小判』の流通が徐々に衰退し『元禄小判』が誕生します。財政難や将軍の交代などを理由に小判の改正は続き時代が変わるごとに更新が頻繁に行われ、最終的には10種類もの小判が誕生しました。 ここで買取業者になぜ小判が引っ張りだことなっているかについてご紹介したいと思います。小判は質量および金の品質が一定に定められた計数貨幣です。つまり、偽造品の小判出ない限り、単純に金としての価値が小判には内包されているということです。たとえ歴史的に価値が低い、あるいは傷や汚れがひどく査定してもそれほど付加価値がつかないような小判でも、その金が持つ価値に支えられ、買取に進んで対応できるという点があります。群馬県下の古銭買取店をはじめ、古銭収集家の間では『小判金』と呼ばれています。

  • 慶長小判の特徴

    初期の『慶長小判』は『慶長古鋳小判』と呼ばれており、大変価値が高いものです。初期に製造された一般の慶長小判には谷型のたがねの跡が付いているのに対して『慶長古鋳小判』にはU字型の鎚で叩いた跡が残っていることが特徴です。長小判とも呼ばれ、質量、金の品質共に良いものとして他の通常の小判とは区別して扱われていました。古銭買取の現場では江戸座京座駿河座、などに分類して取り扱われることがあります。このように歴史の一片を覗いてみると古銭や小判の奥の深さが見えてくるかと思います。 古銭は含まれている金属の価値だけでなく歴史や希少性が買取の際には査定に大きく影響を与えます。群馬県で古銭の価値を知るには専門の古銭買取業者の手を借りるとよいでしょう。

  • 古銭いろいろ

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について