古銭買取について

ウィーン金貨ハーモニーの買取相場と買取時に気を付けること

ウィーン金貨ハーモニーの買取相場と買取時に気を付けること

ウィーン金貨(正式名称:ウィーン金貨ハーモニー)は、クラシックの本場・オーストリアで発行されている世界的に人気のある金貨です。

ウィーン金貨は多くのコレクターがうっとりするほどの美しいデザインです。

ウィーン金貨はデザインが美しいからこそ、できるだけ高値で売りたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

そこで、今回はウィーン金貨の特徴、買取相場、買取で気を付けることをご紹介します。





ウィーン金貨とは?

ウィーン金貨とは?

ウィーン金貨とはオーストリア造幣局が発行する金貨で、重さによって4種類が存在します。

また、ウィーン金貨の表裏には様々な楽器のデザインが彫られています。

それでは、ウィーン金貨にはどのような特徴があるかをご紹介しましょう。

ウィーン金貨の特徴

ウィーン金貨は1989年から毎年発行されているヨーロッパ唯一の純金として誕生しました。

金貨の品質と重量はオーストリア政府が保証しています。

ウィーン金貨は純度K24(純金)で、1オンス・1/2オンス・1/4オンス、1/10オンスの4種類があります。

ウィーン金貨の表面のデザインはフィルハーモニー管弦楽団の本拠地・ウィーン楽友協会に鎮座するパイプオルガンが彫られています。

金貨の裏面にはウィンナホルン、ハープ、チェロ、ビオラ、バイオリン、ファゴットの6種類の管弦楽器が束のようなデザインになっています。

そして、管弦楽器の上にはドイツ語で「オーストリア共和国」と書かれています。

職人の磨き抜かれた技を惜しみなく注がれたウィーン金貨は、今にも美しい楽器の音色が聞こえてきそうです。

なお、ウィーン金貨は2007年、ウィーン商工会議所によって高品質な製品に与えられる「ウィーン・プロダクツ」に正式認定されています。

ウィーン金貨の重さは4種類ある

ウィーン金貨は重さ別に全部で4種類存在します。

以下、ウィーン金貨の特徴をサイズ別に表にしました。

量目 重量(g) 額面 発行年数 直径
1オンス 31.1g 100ユーロ 1989年 37.0mm
1/2オンス 15.5g 50ユーロ 1994年 28.0mm
1/4オンス 7.7g 25ユーロ 1989年 22.0mm
1/10オンス 3.1g 10ユーロ 1991年 16.0mm

この表以外にも、ウィーン金貨には限定で発行された記念金貨が2つあります。

一つ目の限定記念金貨は、2004年に世界で15枚限定で発行された1,000オンス(100,000ユーロ)の金貨です。

この1,000オンス金貨は直径が37㎝、厚さは2㎝、重さは31kgと通常のウィーン金貨と違ってサイズや重量が大きいです。

一方は、2014年にはウィーン金貨の発行25周年を記念して、特殊な鏡面加工を施した金貨セットが発売されました。

ウィーン金貨25周年記念の金貨セットは僅か5,000セットしか出回っていないことで知られています。

そのため、通常のウィーン金貨に比べて希少性があります。

ウィーン金貨以外の外国金貨の種類

ウィーン金貨以外の外国金貨の種類

ウィーン金貨以外にも海外の金貨は多くあります。

その中で日本でも人気のある金貨を一部ご紹介します。

カナダ メイプルリーフ金貨

メイプルリーフ金貨は1979年からカナダ造幣局で毎年発行されている地金型金貨です。

4種類全ての金貨の表面にはエリザベス2世の横顔、裏面にはカナダの象徴であるサトウカエデの葉が彫られています。

メイプルリーフ金貨の特徴をサイズ別は以下の表の通りです。

量目 重量(g) 額面 発行年数 純度
1オンス 31.1035g 50カナダドル 1979年〜 24K(99.99%)
1/2オンス 15.5517g 20カナダドル 1986年〜 24K(99.99%)
1/4オンス 7.7758g 10カナダドル 1982年〜 24K(99.99%)
1/10オンス 3.1103g 5カナダドル 1982年〜 24K(99.99%)

メイプルリーフ金貨の詳しい説明はこちらに記載しています。

参考記事:メイプルリーフ金貨について

オーストラリア カンガルー 金貨

カンガルー金貨とは1989年からオーストラリアのパース造幣局で毎年発行している地金型金貨です。

4種類全ての金貨の表面にはエリザベス2世の横顔の肖像、裏面にはカンガルーがデザインされています。

カンガルー金貨の特徴をサイズ別は以下の表の通りです。

量目 重量(g) 額面 発行年数 純度
1オンス 31.1g 100ドル 1989年 24K
1/2オンス 15.5g 50ドル 1989年 24K
1/4オンス 7.7g 25ドル 1989年 24K
1/10オンス 3.1g 15ドル 1989年 24K

カンガルー金貨の詳しい説明はこちらに記載しています。

参考記事:カンガルー金貨について

南アフリカ クルーガーランド金貨

クルーガーランド金貨は南アフリカ共和国造幣局が発行した地金型金貨です。

クルーガーランド金貨は約91.67%の金、約8.33%の銅が入っています。

4種類全ての金貨の表面には、現在の南アフリカ共和国に実在した「トランスヴァール共和国」の初代大統領であるポール・クルーガーの肖像、裏面にはウシ科の一種であるスプリングボックが採用されています。

クルーガーランド金貨の特徴をサイズ別は以下の表の通りです。

量目 重量(g) 額面 発行年数 純度
1オンス 33.9g 100ドル 1967年〜 22K
1/2オンス 16.9g 50ドル 1980年〜 22K
1/4オンス 8.4g 25ドル 1980年〜 22K
1/10オンス 3.3g 25ドル 1980年〜 22K

クルーガーランド金貨の詳しい説明はこちらに記載しています。

参考記事:クルーガーランド金貨について

ウィーン金貨の買取相場

ウィーン金貨の買取相場

ウィーン金貨の買取相場をご紹介します。

以下は、金貨4種類の重量、額面、発行年数、直径を記載した表です。

ウイーン金貨は重さによって買取金額が異なります。

量目 重量(g) 額面 発行年数 直径
1オンス 31.1g 100ユーロ 1989年 37.0mm
1/2オンス 15.5g 50ユーロ 1994年 28.0mm
1/4オンス 7.7g 25ユーロ 1989年 22.0mm
1/10オンス 3.1g 10ユーロ 1991年 16.0mm

1オンス金貨は直径37mmと、他のブランドの1オンス金貨よりもかなり大型です。

1オンスは金の重量が一番重く額面が高いので買取相場が高い傾向があります。

ウィーン金貨はK24(純金)なので金としても価値が高いです。

4種類全てのウィーン金貨の買取相場は、数万円~数十万円にもなる傾向があります。

楽器をモチーフにした上品なデザインが人気のウィーン金貨は、投資目的以外にもコレクションとして持っておきたい人も多いでしょう。

一方、1/10オンスは金の重量が一番少なくても、金として価値があるため額面の何倍もの価格で買い取られる傾向が高いです。

ウィーン金貨を買取するときに気を付けること

ウィーン金貨を買取するときに気を付けること

ウィーン金貨を安心して買取に出すにはいくつか気を付けることがあります。

買取をする際に何に注意すると良いかをご紹介します。

高価なウィーン金貨を高く買い取りたいのであれば参考にしてみてください。

金貨と一緒に付属品も査定に出す

新品で金貨を購入すると付属品が付いてきます。

付属品とは鑑定書(金貨が本物である証明する文章、金貨の紹介が書かれた説明書、金・銀・プラチナの含有量が明記されている)、手では簡単には開かない金貨専用のケース、巾着袋があります。

金貨はコレクションとしてでも保管できるように付属品が付いてきます。

金貨のサイズに合わせた専用のケースを使えば金貨に傷が付きませんし、ケース内でカタカタと揺れないので安全に保管ができます。

さらに、専用ケースに金貨をしまっておくと変色を防止できます。

鑑定書付きの状態で査定に出せば、査定員に「金貨は本物である」という証明ができます。

金貨だけよりも付属品が付いている方がきちんと保管している印象を与えるため、買取金額が上がる可能性があります。

したがって、金貨の付属品は捨てずに取っておきましょう。

オークションで売ることはおすすめできない

オークションで売ることはおすすめできない

ウィーン金貨の偽物は、オークションを通じて少なからず出回っていることが報告されています。

金貨の偽物は厚みが薄く、金の重さが軽いといった特徴がありますが、見た目からでは容易に判断はできません。

オークションで金貨を購入する人は偽物でも付属品が揃っていると、本物だと勘違いしてしまう恐れがあります。

オークションは出品者が落札価格を設定できる、他の金貨とまとめて出品できるメリットがあります。

しかし、出品者が金貨に詳しくて正確な情報を商品ページに書けるとは限りません。

くわえて、出品者は金貨の写真や鑑定書も実物ではなく、販売元の写真を無断で掲載している可能性もあります。

万が一、金貨が偽物だとしたら落札者に「落札金額をだまし取られた」とクレームになりかねません。

オークションの落札者の中には金貨の真贋を見極め方を知らない人や、金貨の出所を不審に思う人がいます。

出品者が高価な金貨を本物かどうか確証がないまま売ってしまうと、落札者の信用を損ねてしまいます。

出品者も落札者も金貨の真贋の見極めは難しいため、ネットオークションで金貨を売ることは避けたほうが賢明でしょう。

金貨は買取専門店に査定をしてもらう

金貨を売る際には必ず専門家に査定してもらうようにしましょう。

なぜなら、コインの買取専門店には金貨に熟知した査定員がいるからです。

査定員は多くの金貨を査定してきた経験から真贋を見極めるスキルに長けています。

査定員が査定時に見る部分は人気のある金貨かどうか、きれいな状態で保管をされているか(専用ケースにしまってある、手垢や汚れが付いていない、付属品が揃っている、へこんでいない、割れていない、金としてでも価値があるか)が挙げられます。

金貨の売却を検討している人は安心して売却できるサービスが充実している買取店も選ぶと良いでしょう。

例えば、「買取に関する手数料は無料か」「査定方法を選べる」「事前に不安な点を相談できる」「平日も土日も査定やお問い合わせに対応している」が挙げられます。

「金貨を売る場所に迷っている」「本物かどうかを確かめたい」と思っているのであれば、一度金貨の買取専門店に査定をしてもらいましょう。

ウィーン金貨を買取するときに気を付けることまとめ

ウィーン金貨を買取するときに気を付けることまとめ

ウィーン金貨はオーストリア造幣局で作られたK24の金貨です。

ため息が出るほど美しいデザインのウィーン金貨を大切にしているコレクターは世界中にいます。

そして、その美しいデザインのウィーン金貨が欲しいという人も多くいます。

不要になったウィーン金貨をお持ちであれば、欲しい人に譲ることを検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、金貨を買取に出す際には金貨の買取価格を落とさないために注意することがあります。

一例を挙げると「金貨と一緒に付属品を出す」「オークションで売却しない」「金貨の専門店で査定をしてもらう」ことです。

高価な金貨の価値をきちんと判断してもらうにはコインの買取専門店で査定をしてもらいましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!