古銭買取について

天保一分銀とは?買取価格から一分銀の種類まで解説します

天保一分銀とは?買取価格から一分銀の種類まで解説します

「天保一分銀(てんぽういちぶぎん)」は、幕末に発行された「一分銀」と呼ばれる銀貨の一種です。

当時としては非常に銀の純度が高かった天保一分銀ですが、買取を検討されている場合は貴金属店では無くて、古銭の買取業者に査定をお願いしましょう。

なぜなら天保一分銀は銀以上に古銭としての価値が非常に高いためです。

ではどうして古銭としての価値が高いのか。

天保一分銀の特徴や古銭の価値が決まる要因などをご説明をします。

また、古銭を高く売るための買取方法についてもお伝えします。

本コラムを参考に、天保一分銀の買取を検討していただけたらと思います。





天保一分銀とは

天保一分銀とは

天保一分銀は1837年~1854年の幕末に発行された「一分銀」と呼ばれる銀貨の一種です。

一分銀とは、主に銀を素材とした日本国内で流通した貨幣です。

一分銀には天保一分銀の他に「安政一分銀」「明治一分銀」などが存在し、発行された時代ごとに大きくこの3種類に分類することができます。

天保一分銀という呼び名は、発行が始まった1837年が和暦では天保と呼ばれていたことに由来をしています。

また天保一分銀は3種類の中で最も古い一分銀とされていて、「古一分銀」とも呼ばれています。

天保一分銀をはじめとした一分銀の特徴は、貨幣価値の決め方です。

当時流通していた丁銀などの銀貨は、秤量貨幣(しょうりょうかへい)と呼ばれる、銀の重量を基準に価値を決めていました。

それに対して一分銀は、計数貨幣と呼ばれる刻印された額面で価値を決める貨幣となっていました。

一分銀の価値は1/4両に相当していて、当時は4枚の一分銀で1枚の両小判と交換することができたとされています。

天保一分銀は銀としての質も高く、純度約98%の銀貨となっていて、後続で発行された他の一分銀よりも純度が高いです。

発行枚数は約7800枚となっていて、一分銀のなかでも多くの枚数が流通しました。

天保一分銀のデザインと見分け方

天保一分銀のデザインと見分け方

天保一分銀の表面には額面を表す「一分銀」が刻印されていて、文字を囲うように20個の桜花(おうか)のデザインが施されています。

裏面には「定 銀座 常是」と記されて、周りには表面と同様に20個の桜花が刻印されています。

このデザインは他の一分銀でも同様で、一分銀に詳しい人でないと種類を見分けるのは至難の技です。

しかし、刻印されている「一分銀」「定 銀座 常是」の書体や、「逆桜」と呼ばれる桜花のが逆さになっているマークの配置位置の違いで、古銭の知識がない素人でも一分銀の種類を見分けることも可能です。

具体的には表面の下辺5個の桜花うち1個が逆桜で、かつ裏面の下半分の9つの桜花のうち1つが逆桜の場合は、天保一分銀であると判別できます。

ちなみに、天保一分銀の中には表面の「一分銀」の文字近くに「庄」と極印されている貨幣が存在します。

「庄」と極印されている一分銀は「庄内一分銀」と呼ばれ、天保一分銀だけではなく安政一分銀にも極印されている貨幣が存在します。

天保一分銀偽物(贋作)の判別方法

天保一分銀偽物(贋作)の判別方法

天保一分銀をはじめとした一分銀の中には、偽物(贋作)が存在しているので注意が必要です。

刻印されている文字などから本物か偽物かを見分けるのは、素人では極めて難しいことでしょう。

ただし、素人でも天保一分銀の真贋は重量の違いから判別することも可能です。

偽物の天保一分銀は、銀よりも安価な銅やニッケルで作られている場合が多く、これら銅・ニッケルの素材は銀よりも軽い素材で出来ています。

天保一分銀の重さは2.3匁(約8.62g)であるため、それよりも明らかに軽い天保一分銀は偽物かもしれないと疑った方が良いでしょう。

しかし、重さだけで本物と偽物を判別してしまうのは早計です。

天保一分銀の真贋の判別方法として確実なのは、古銭などを専門的に扱っている買取業者に査定をお願いすることでしょう。

古銭専門の買取業者に査定してもらう方が良い理由については、後ほど詳しくご説明します。

天保一分銀の市場価値や買取価格

天保一分銀の市場価値や、買取価格

天保一分銀は銀の純度が高いため、貴金属としての銀としての価値があります。

しかし、天保一分銀は銀貨ではなく古銭として査定に出す方が高い買取額になるでしょう。

仮に天保一分銀を貴金属店で買取依頼をしてしまうと、貴金属店は天保一分銀を銀として査定を行いません。

天保一分銀が持っている古銭としての価値は査定額に含まれることもないでしょう。

天保一分銀を古銭として扱ってくれるところとしては、古銭専門の買取業者が存在します。

古銭専門の買取業者は、古銭の買取市場での天保一分銀の価値を基準に買取額を提示してくれて、価値としては銀以上になる場合が多いです。

古銭の買取市場では一般的には「古銭の希少性」「古銭の状態」によってその買取価格が変動します。

一分銀の中でも発行枚数が多い天保一分銀は、希少性の面から考えたらそこまで高い価値を持ってはいません。

しかし、状態の良い古銭は買取の評価が高くなる傾向にあります。

状態の良い古銭とは、古銭の表面にサビや変色、傷などが少ない古銭のことです。

そのため、お持ちの銀貨が天保一分銀であったとしても状態次第では買取価格が下がりにくくなります。

諦めずまずは査定のお願いをしてみてはいかがでしょうか。

天保一分銀の高額買取価格になる特徴

天保一分銀の高額買取価格になる特徴

一分銀の中でも発行枚数が多かった天保一分銀は、希少性が低いため銀の古銭でも買取価格が高くなることはあまり期待できません。

しかし、天保一分銀のなかでも珍しい書体で刻印された天保一分銀には、特別な買取額が付くケースがあります。

天保一分銀をはじめ高額買取価格になる一分銀は、刻印されている「一分銀」「定 銀座 常是」の書体に、一般に流通している貨幣とは異なる特徴があります。

一分銀に共通する特徴

「定落」「逆打ち」と呼ばれる、全種類の一分銀で見られるエラー印刷があります。

定落は裏面に打たれているはずの「定」が無い一分銀のことを指します。

逆打ちは表裏どちらかの文字が上下反対に彫られている一分銀のことを言います。

一分銀は種類によっても彫られている文字の特徴で細分することができ、ここでは紹介しきれないほどの数が存在します。

安政一分銀・明治一分銀もお持ちの方は、今回の買取を機に天保一分銀と一緒に色々と違いを調べてみてはいかがでしょうか。

思いがけないお宝を持っていることに気付くかもしれません。

天保一分銀にだけある特徴

天保一分銀の場合も書体の僅かな違いによって「ハネ分」「長柱座」などに細分することができます。

僅かな特徴の違いでも希少性があるとして高額で買い取ってもらえる場合があります。

例えばハネ分は、表面に刻印されている「一分銀」の「分」の一画目が払わられずに跳ねているのが特徴です。

ハネ分は他の一分銀でも見られる特徴で、ハネ分の一分銀はどれも評価が高くなる傾向にあります。

ハネ分よりも評価が高くなるのが、長柱座と呼ばれる天保一分銀の特徴です。

長柱座の特徴は裏面に刻印されている「座」の「土」を書く際の二画目が長いことです。

長柱座の天保一分銀はハネ分よりも希少とされているため、より高い買取価格が期待できます。

天保一分銀や古銭を高価買取してもらう

天保一分銀や古銭を高価買取してもらう

天保一分銀などをはじめとする、いわゆる「古銭」と呼ばれる貨幣は、買取に出す方法一つで手間や手にするお金の額が大きく異なってきます。

本コラムを読んでいる方の中には、ネットオークションやフリーマーケットサイト・アプリでの出品を考えている人もいることでしょう。

では、天保一分銀の買取においてどの方法が最もお得に、かつ簡単に買取額を受け取ることができるのかをご紹介します。

価値の分かる人に売る

一分銀は大きく3つの種類に分類ができ、種類によって価値が異なってきます。

また、「ハネ分」「長柱座」の特徴がある天保一分銀は、希少性があるため高値が付くべき代物です。

そのため、天保一分銀の売却ではその価値が分かる人に売ることを心がけましょう。

例えば、ネットオークションやフリーマーケットサイト・アプリで出店した場合、不特定多数の人が目にするため、中には天保一分銀の価値が分からない人が購入する可能性があります。

また、フリーマーケットサイト・アプリで天保一分銀を出品する場合、販売価格を自分で設定する必要があります。

天保一分銀の古銭買取市場での価値を正確に把握していないと、適切な価格が設定できない可能性があります。

例えば、お持ちの天保一分銀の価値よりも安い販売価格を設定してしまった場合、あなたが損をしてしまいます。

反対に設定した販売価格が高額すぎると、購入する人が現れないかもしれません。

また購入に至った場合でも、購入者との発送や支払い方法などの連絡のやり取りや、発送の準備など細かな作業を一人で行う必要があります。

ネットオークションやフリーマーケットサイト・アプリは、専門的な知識が必要となる天保一分銀などの古銭の出品には、あまり向いていないといえます。

古銭を扱う買取業者に売る

天保一分銀などの古銭の売却では、その価値を見極めてくれる古銭専門の買取業者を利用しましょう。

古銭専門の買取業者は、普段から一分銀だけではなく様々な古銭の査定を行っているプロの業者です。

古銭に対する知識を有していることはもちろん、古銭の買取市場の動向変化にも敏感です。

そのため、たとえ種類が分からない一分銀であっても正確にその種類を見極めて、適切な買取額を提示してくれることでしょう。

もちろん、古銭専門の買取業者ならお持ちの古銭が本物か偽物かも判別することが可能です。

もしもお持ちの一分銀で「少し軽いから偽物かもしれない」と不安を持っているようでしたら、真贋の判別目的だけでも、まずは買取業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

査定依頼をする際は、査定を無料で行っている業者を選ぶようにしましょう。

買取業者の中には古銭の買取額に合わせた査定料を提示するところもあります。

実際に受け取れる現金が査定料などの手数料で天引きされてしまったら悲しいことかと思います。

そのため、無料の査定サービスを利用するのは必須と言えるでしょう。

また、より楽に古銭を売却したいとお考えでしたら、出張買取サービスを利用することをオススメします。

出張買取サービスとは、査定員が自宅まで訪問してくれてその場で古銭の査定から買取までを行ってくれるサービスのことです。

「車で買取をしてくれるお店まで行くのが面倒」「古銭が多くて持ち運ぶのが大変」と感じている人に向いている買取方法です。

天保一分銀とは?買取価格から一分銀の種類まで解説します:まとめ

天保一分銀とは?買取価格から一分銀の種類まで解説します:まとめ

一分銀の中で最も古い天保一分銀は、発行枚数は多いですが中には非常に珍しい特徴を持った古銭が存在します。

「発行枚数が多いから買取価格も期待できないのでは」「どの種類の一分銀か分からない」などお思いの方は、まずは気楽な気持ちで買取業者の無料査定を利用してみましょう。

一分銀の種類や状態によっては、思いがけない買取額になるかもしれません。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!