古銭買取について

ナポレオン金貨の買取相場や高く買い取ってもらう方法まとめ

ナポレオン金貨の買取相場や高く買い取ってもらう方法まとめ

「ナポレオン金貨」とは、19世紀半ば~20世紀初頭にフランスで発行された金貨のことです。

100年以上前に製造されたものの、大量に製造されたため未だに所有しているという方も多いのではないでしょうか。

今回はナポレオン金貨の品位はもちろん、高値で買い取ってもらうためのテクニックや注意事項を紹介します。

ナポレオン金貨を買取に出そうか悩んでいる方は、当コラムを一読することをおすすめします。





ナポレオン金貨とは

ナポレオン金貨とは

ナポレオン金貨とは、1852年~1870年にかけて発行された20フランの金貨を指します。

発行元はフランス国立造幣局(モネ・ド・パリ)で、864年に設立された世界最古の造幣局です。

由緒ある造幣局から発行されたため、ナポレオン金貨は信頼性が高い金貨です。

19世紀以降に100フラン・50フラン・40フラン・10フラン・5フランも新たに発行されたので、これら6種類の金貨をまとめて「ナポレオン金貨」と呼ぶこともあります。

余談ですが、19世紀当時の1フランは(計算方法にも寄りますが)約5,000~6,000円と言われています。

また、ナポレオン金貨は、1848年にフランス大統領となったナポレオン3世の肖像が描かれていることが特徴です。

日本でナポレオンというと「吾輩の辞書に不可能の文字はない」という言葉で有名なナポレオン1世を連想しますが、金貨には彼の甥に当たるナポレオン3世が彫られています。

1世が描かれているナポレオン金貨もありますが、今回は3世のものについて紹介します。

金の品位

ナポレオン金貨の品位は、純度90%以上のK21.6(21.6金)になります。

金貨自体の重量は約6.4グラムなので、純金は約5.8グラム含有していることになります。

買取業者に査定に出した際は、ナポレオン金貨としての価値はもちろん、金の買取相場も加味された買取額が算出されます。

ナポレオン金貨のデザインについて

ナポレオン金貨のデザインについて

ナポレオン金貨には、ナポレオン3世が描かれています。

彼はフランス第二共和政の大統領(在任1848 - 1852年)やフランス第二帝政の皇帝(在位1852年 - 1870年)を歴任した人物です。

ナポレオン金貨のデザイン的特徴をまとめると、以下のようになります。

・表面にはナポレオン3世の肖像画がある。

・裏面にはミントマークとプリヴィマークが刻印されている。

・ミントマークや発行年によっては、高価買取が期待できる。

ナポレオン金貨の表面

ナポレオン金貨の表面には、ナポレオン3世の横顔が中央に描かれ、その周りを「NAPOLEON Ⅲ」と「EMPEREUR(フランス語で皇帝の意)」という文字が囲んでいます。

ちなみに1世が描かれているナポレオン金貨も存在します。

肖像や文字の表記・配置は3世と同じですが、Ⅲの字がありませんのでこの点で見分けることが可能です。

ナポレオン金貨の裏面

ナポレオン金貨の裏面

ナポレオン金貨の裏側は額面によってデザインが異なります。デザインによって中央に紋章があったり、額面や枝葉が描かれていたりします。

また、ミントマークとプリヴィマークが刻印されています。

この2つのマークはナポレオン金貨に限らず、フランスで発行された金貨にはすべて記されています。

ミントマークとは、コインを鋳造した場所を特定するために、コインの図案や銘字とは直接関係のない、アルファベットや図案をコイン上に付け加えたマークのことです。

世界各国の発行元の地域ごとにアルファベットが決められています(パリの場合はA)。

プリヴィマークは造幣局長の私的なマークで、いわばサインのようなものです。

ミントマークとプリヴィマークはは金貨の下部にある発行年の脇に表記されています(額面によっては表面の肖像の首元にあります)。

ミントマークや発行年によっては希少性が高く、高額で買い取られる可能性があります。

ナポレオン金貨を高く買い取ってもらうには

ナポレオン金貨を高く買い取ってもらうには

今持っているナポレオン金貨を少しでも高く売りたいと考えた場合、どのような方法で、どんな点に注意すれば良いのでしょうか。

買取金額で損をしないためのテクニックをご紹介しますので、参考にしてみてください。

状態を劣化させない

ナポレオン金貨は発行から100年以上経っているので、状態が製造当時より劣化している場合がほとんどです。

今以上に品質が落ちると買取価格が下がる可能性が高いため、なるべく現状維持を目指しましょう。

金は汗・皮脂・薬品などに触れると化学反応を起こして変色し、その美しさが損なわれてしまいます。

触れる際は清潔なピンセットを使ったり、手袋をはめたりするようにしましょう。

また、金は性質上とても柔らかく、ぞんざいに扱うとすぐに変形したり傷がついたりします。

ナポレオン金貨は純金の配合割合が多く比較的柔らかいので、絶対に爪で引っかいたり床に落としたりしないように注意してください。

突然自宅に訪問してくるような買取業者では絶対に売却しない

突然自宅に訪問してくるような買取業者では絶対に売却しない

金は資産・アクセサリー・コレクションとしての需要以外にも、通電性の高さや錆・腐食に強いことなども相まって工業製品や医療機器を取り扱う製造業者からも必要とされています。

国内外・個人法人を問わず幅広い層に需要があるため、是非とも買取したいと考える業者は数多あります。

そのため、買取業者の中には破格の安さで仕入れて、コレクターや製造業者に高く売ろうと考える悪徳業者も存在しますので注意が必要です。

それらしい適当なことを言って売り手を騙して、何とかして安値で買い取ろうとする査定員もいることが懸念されるため、ご自身が信頼できる買取業者を選ぶことが必須になります。

「全く連絡したことがない買取業者の査定員が急に自宅に訪問してくる」「買取業者を名乗るオペレーターが突然電話をかけてくる」「玄関や電話口で何度も断っているのに、しつこく買取を迫ってくる」といった場合、悪徳業者である可能性が高いです。

もしも悪徳業者に遭遇したら、すぐに消費者ホットライン(局番なし188番)に通報するようにしましょう。

安心して任せられる買取業者を選ぶ

もし買取業者にナポレオン金貨の査定や買取を任せる際は、ご自身が全幅の信頼を寄せられる業者を選んでください。

買取業者のホームページや口コミサイトを見て、「実績が豊富であるか」などを確認しましょう。

特に「手数料が無料」「申し込みがあったお客様にのみご連絡」「顧客満足度第1位を獲得」などを謳っている買取業者は、利用者の不安・不満解消に尽力しており、高い信頼を得ている証拠になりますので、業者選びの参考にしてみてください。

また、新聞や電車に広告を出稿していたり、テレビCMを放送していたりする買取業者は、それだけ実績があり優良なところであることが分かります。

安心して査定・買取を任せられる期待が持てますので、こちらも買取業者選ぶの際に考慮してみましょう。

まとめ

まとめ

ナポレオン金貨は大量に発行されたため希少性は低く、プレミア価格での買取は難しいようです。

しかし、ナポレオン金貨の中にはミントマークや発行年によっては希少性が高く、他のナポレオン金貨よりも高値での買取される傾向にあるものも存在します。

金貨としての人気が低いとしても、含有されている金に対しては価値があるので、極端に悪い状態でない限り万単位で買い取ってもらえるでしょう。

まずは買取業者に査定してもらい、所有しているナポレオン金貨にどれくらいの買取額がつくかを聞いてみてください。

また、買取業者はホームページをしっかり読んで、口コミを参考にしながら納得できるところを選びましょう。

「あの買取業者に売らなければ良かった」と後悔しないように厳選してくださいね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!