古銭買取について

古銭の買取相場における寛永通宝の価値

  • 古銭を買取に出そうとお考えの方の多くは、自分が持っている古銭の価値や相場が気になる方も多いと思います。 買取に出される古銭の中で、「寛永通宝」は比較的よく見かけることが多いといえます。なぜ寛永通宝が多いかといえば、古銭をイメージするモノとして寛永通宝(穴銭)や大判・小判が挙げられ、さらには時代劇の影響で、劇中の登場人物が使用していることも要因として考えられるかもしれません。
    さて、そんな寛永通宝は古銭買取や買取相場においてはどのような価値があるのでしょうか。寛永通宝という名前や形は知っていても、寛永通宝が実際に貨幣として流通していた時代背景や、古銭買取相場での価値など、なかなか知らない方もいることでしょう。ここではそんな寛永通宝が生まれた背景や価値、そして買取相場における価値をひも解いていきましょう。

    寛永通宝ってどんな貨幣?

    寛永通宝は江戸時代に広く流通した貨幣で、初めて出現したのは寛永3年に佐藤新助という人物によって作られた説が有力といわれています。そして寛永13年から流通を始め、幕末まで鋳造されました。寛永通宝を始めとした穴銭は、当初は年号が記されていました。(寛永通宝は寛永時代に製造されたので表面に寛永通宝と記されている)しかし、後に出現した天保通宝などの穴銭など、数百種類もの種類を寛永通宝と呼び、穴銭の代名詞として使用した経緯もありました。
    寛永通宝はいわゆる「穴銭」のジャンルに該当し、穴銭は貨幣の中心部に四角く穴が開いており、表面に文字が四方に記されています。現在の通貨である5円玉は中心に丸い穴があいていますが、どうして寛永通宝などの昔のお金の穴は四角なのでしょうか。これも諸説ありますが、製造過程での手間がかからなかったため、四角かったのではないかといわれています。当時はまだ製造技術がそこまで進歩していなかったということもあって、四角い穴のおかげで比較的簡単に製造できたといわれています。
    この「穴」はもうひとつの利点があります。それはこの穴に縄を通すと大変持ち運びに便利だったという文献も残っています。そして96枚で100枚として換算し、九六文勘定と呼んでいます。また、穴をあけた形はひもを通した時に目が不自由な人でも判別できるようにという意味合いも込められています。

    寛永通宝の価値は?

    古銭の買取でもよく見かける寛永通宝は、買取相場についても気になるところではないでしょうか。寛永通宝は多くの枚数が流通していたので残念ながら希少性という点ではそこまで高額ではありません。しかし前述したとおり、何百種類もある多くの穴銭を「寛永通宝」という名称で呼んでいたため、全ての種類が該当しないというわけではありません。
    価値を見極めるポイントを挙げるなら、色合いや書体、形状で判別します。特に書体や製造された期間や場所によってはプレミアに該当する寛永通宝も存在していることは間違いありません。寛永通宝=何でも高値になる、というわけではありませんが、例えば天保通宝という種類の古銭は寛永通宝よりも価値があるとされ、査定に出してみる価値はあるといえます。

    寛永通宝をはじめ穴銭の種類を紹介


    寛永通宝の特徴や買取相場

    古銭の買取に出される穴銭の中で最もメジャーな種類と言っても過言ではない寛永通宝ですが、上記で記述したように詳細はとても複雑といえます。買取相場や価値という点においては値段も上下するといえ、古銭収集を趣味にするマニアの間では稀少性の高い寛永通宝は数10万~100万円に迫る寛永通宝も存在しています。

    天保通宝の特徴や買取相場

    天保通宝は大きく分けて4種類に区分けでき、この種類を把握することでいつの時代かの天保通宝か見分けることができます。また、母銭というものに該当すれば買取価格は稀少性が高いといえるでしょう。もし、天保通宝がご自宅に眠っていたらまずはお問い合わせ下さい。思わぬ価値が眠っているかもしれません。

    大世通宝の特徴や買取相場

    あまり聞き慣れない大世通宝という穴銭ですが、これは琉球(現在の沖縄県)で発行された穴銭で、表面に大世通寶に記されており、表面をみれば見分けもつきやすい種類といえます。

    世高通宝の特徴や買取相場

    この穴銭も同じく琉球で発行された貨幣のひとつです。大世通宝と同様に世高通寶と記されているのでまずは表面をチェックしてみましょう。また、琉球の古銭はそこまで流通していないので、もし自宅に眠っている品を見つけたら、まずはお問い合わせ下さい。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報