古銭買取について

古銭の買取相場はどれくらい?失敗しないためにおさえておくべきポイントは?

  • 自分の持っている古銭や部屋からふいに出てきた古銭、買取に出したらいくらになるのだろうか?価値の不明な古銭の買取相場はいくらの価値があるのか?なんてお考えではありませんか。せっかく売るなら失敗したくないですよね。ここではそんな古銭を買取に出す前に知っておきたい古銭の買取相場と、失敗しないために押さえておくべきポイントをまとめました。

    古銭買取での注意点

    古銭を買取に出すにあたって注意すべき点はたくさんあります。その中でもまず前提として心得ておくべき事柄を挙げます。

    古銭は価値の見極めが難しい

    古銭は買取に出す場所によって買取価格や値段に大きな開きが出る場合があるのですが、古銭はマニアと呼ばれる人たちがいる程、数え切れない程の種類があります。そのため古銭や古いお金の価値を見極めることはとても奥が深くて難しいのです。

    昔に比べて古銭は買取価格は下落傾向にある

    古銭を買取に出した際の目安になる指標となるのが古銭の買取相場なのですが、昔に比べて下落しつつあるといわれています。なぜ下落しつつあるかといえば、コレクター需要に起因していることが大きいです。昔に比べてコレクター全体の総数が減少し需要が減っています。

    そのため、昔は一定の価値のあったプレミア貨幣と呼ばれていた一部の古銭であっても、思った以上の値段にならないというケースも散見されるようです。当然ながら需要が減っているのに供給が上回れば値段は下がるのも致し方ないのかもしれません。

    一部の古銭は買取相場がいまだに高い

    全体的にコレクター需要の減った古銭とはいえ、いまだに一部のプレミア品はいまだに買取相場が高いです。古銭をコレクションされていた方が収集をやめ、そういった古銭が多く市場に出回るようになりました。その結果、過去に市場に出回らなかった一部のプレミア品を見かけるようになり、プレミア貨幣・プレミア紙幣を手に入れやすくなりました。

    現在では古銭を買取に出す方も多く注目も高まっていることから、ご自宅からもし価値のわからない古いお金が出てきたら、もしかしたら価値のある古銭かもしれませんね。

    古銭はどこで売るのが良い?

    いざ古銭を見つけても、どこに売るのが良いのか、そしてどこで古銭を買取してくれるのかというのを知らない方も多いかもしれません。特に古銭はコレクターが存在する分野ですから、極力価値を見極めできるところが良いでしょう。ここでは価値を見極めてくれる古銭を売れる場所を紹介します。

    古銭買取は専門業者を活用しよう

    インターネットの発達とともに、これまであまり知られていなかった古銭の買取専門店や買取業者を簡単に見つけられる時代になりました。古銭の買取専門店には大きく分けて2種類あり、店舗型と呼ばれる地域密着型と無店舗型と呼ばれる店舗を持たず電話1本で業者の方からあなたの家まで出張買取をしてくれる方法があります。

    特に出張買取をしてくれる専門店はおすすめです。古銭はコレクション数が多くなると持ち運ぶのも大変で、何十年にも渡り収集していたコレクターに至っては自宅の倉庫や押し入れに大量に保管している場合もあり、店舗に持ち込むのは膨大な手間と時間がかかりますね。

    そこで出張買取を利用すれば、査定員が来てくれるので無駄に運び出したりする手間がかかりません。さらに古銭の知識に詳しいので価値のある古銭なら高値で買取しれくれるかもしれません。基本的に利用料もかかりませんから、まずは相談してみるだけでも価値はあるといえますね。

    ネットオークションも利用できるがおすすめできない

    古銭の買取専門店をご存知でない方の中には、まずは個人間取引ができるネットオークションを活用する方もいらっしゃるかもしれません。しかしネットオークションは個人間の取引という性質上、やりとりの中でトラブルが起こるケースがあります。また、古銭の価値を知っている方でないと、本来ならもっと高く売れる古銭も価値を知らないために安く売ってしまったということもありますので、古銭には詳しくないけれど高く売りたいと思う方はあまりおすすめできません。

    古銭の買取相場はいくら?古銭買取の一例

    古銭は膨大な種類があるため買取相場は高いものから安いものまで幅広いです。加えて同じ古銭であっても使用品か未使用品かで買取相場も全く変わります。ここでは古銭の買取市場で比較的多く見受けられる古銭の種類や買取相場を紹介します。

    寛永通宝の買取相場

    古銭といえば寛永通宝、と呼ばれる程、知名度の高い有名な古銭です。寛永通宝は江戸時代に多く流通し、非常にたくさんの枚数が流通しました。そのため買取相場という点においてはそこまで高値になるとはいえません。ただし、寛永3年に流通したものは買取相場が高いです。寛永通宝の発行年代は書体で判別されるため非常に価値の見極めが難しい種類といえます。

    一銭の買取相場

    一銭も古銭買取において比較的多くみられる種類のひとつで、よく古銭を集めていた方はお持ちの方も多いですからポピュラーかもしれませんね。この古銭は現在の通貨である「円」が流通する前のもので、貨幣の表面に「銭」と刻印がされているので中には高値になるのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし一銭は非常に多く流通していたので、古銭の買取相場という点においては残念ながらそこまで高値にはなりづらい傾向があります。

    古紙幣100円札・500円札の買取相場

    古銭の中には紙幣も買取に出されることがあります。この中で比較的買取市場に出回る種類は板垣退助の100円札・岩倉具視500円札といった紙幣が有名です。買取相場という点においては、ある条件が付くことで買取相場が高くなります。

    その条件とは、プレミア紙幣と呼ばれるものに該当すれば、高値になります。ここに該当する条件は「ぞろ目」「続き番号」などで、他にも「印刷ミス」が該当します。

    5円・50円の買取相場

    古銭買取においては5円や50円といった貨幣も買取市場に出回ります。買取相場においてはなんといってもエラー貨幣(エラーコイン)に該当するものが特に高値が付きます。中には100万円を超える超高額という事例もあり、多くの古銭コレクターが今も探し求める種類のひとつです。5円・50円のエラー種類を紹介します。

    穴なし

    5円や50円は穴が開いていますが、この穴がふさがった状態の「穴なし」は滅多にお目にかかれません。

    穴ずれ

    製造される過程で、何かしらのの理由で穴の位置がずれてしまったものが「穴ズレ」となり、ズレの度合いが高いほど買取相場が高いです。

    ヘゲエラー

    発行される際に何かの原因で硬貨がめくれてしまったものや形がいびつなまま製造され、流通したものが該当します。

    古銭の買取相場において上昇を見込める種類

    古銭を買取に出した時の相場価格は、1円でも高い方が良いです。古銭にはいわゆる高値になりやすい貨幣や紙幣が存在しています。高値が付く条件としてまず古いことが挙げられますが、古ければ良いというわけではありません。プレミア(稀少性)があり、流通数が少なく古銭そのものの価値があることが挙げられます。コレクターに人気といえば、近代銭や大判・小判、穴銭、古紙幣といった種類は比較的人気です。

    古銭においては、実は日本の古銭は世界的に人気が高まりつつあり、海外のコレクターも存在しています。日本の古銭は海外の古銭よりも雰囲気が感じられ、注目しているコレクターもいる程です。特に江戸時代の穴銭などは珍しく、さらには外国人が日本に対して抱くイメージでもあり、マニアの中にはそういった雰囲気が大好きだという方もいるほどです。もし自宅に珍しい古銭を見つけたらぜひ一度買取相談に出してみましょう。

    古銭買取業者を選ぶときのポイントは?

    古銭は価値の見極めが難しいという性質上、買取に出す場所はしっかり考慮すべきです。なぜなら古銭は専門店であっても古物という性質上、一律にはなりません。古銭の状態という話にもなりますが、なんといっても「その業者がどれだけ古銭の価値に詳しいか、精通しているか」という点が重要です。ここでは古銭買取業者を選ぶときのポイントを紹介します。

    対象の古銭が買取対象かどうか

    冒頭でお伝えしたように、古銭はとても多くの種類が存在し、過去に流通していた貨幣から紙幣、さらには日本の古銭から外国の古銭になると、その種類は果てしないです。そこでまず確認すべきは、売ろうとしている古銭は買取対象なのかというところです。

    古銭の買取業者の中には古銭そのものの価値を評価する業者もいれば、金貨やプラチナコインなどいわゆる「素材」をメインに古銭の買取を行う業者など、様々あります。大切にしている古銭をせっかく手放すならば、素材だけでなく古銭が持つ歴史的価値もしっかり評価してくれるところを選ぶようにしましょう。

    古銭買取の実績があるか

    古銭の買取は何よりやはり古銭への造詣が深い業者を選びたいところです。そこで目安となるのが古銭の買取に関する豊富な実績を持っているかどうかというのが目安になります。確認する方法としては、買取業者の多くはインターネット上に買取実績を公開していますから、そこに掲載されている個数が多いほうがそれだけ多くの買取実績があるということですので選定の目安になるのではないでしょうか。

    古銭の買取方法にバリエーションがあるか

    古銭買取業者は大きく分けて3つの買取方法があります。まず、冒頭でお伝えした出張買取という方法です。これは買取相談をすると専門業が自宅にきてくれてその場で査定をしてくれます。この出張買取で他の買取方法と大きく異なる点は、査定員が自宅に来てくれるのであなたがどこに住んでいても大丈夫です。また、重くて運べない場合でも、その場で査定してくれますし、納得して買取が成立すれば全て持っていってくれます。

    次に宅配買取という方法です。これは申込みを行った後に売りたい古銭をダンボール等に詰め込んで業者に送る方法です。多くの場合は送料が無料ですし、なによりも自分の好きな時に好きなだけ詰めて送ることができるので便利です。ひとつ注意点を挙げると、大切なコレクションをいくら宅配とはいえ自分の手から離して預けるのはちょっと抵抗を感じる方もいるかもしれません。

    最後に持込買取(店頭買取)です。これは昔からある買取方法で、店舗を構えた買取業者へご自身で古銭を持ちこむ方法です。昔からある最もポピュラーな方法な半面、住まいが遠方だった場合、店舗がある場所まで自分で持ち込む必要があるのでその点はデメリットに感じる方もいるでしょう。そして査定中も店舗内で待たなければならないので、時間的に余裕のある方に絞られる場合もあるでしょう。

    買取金額の支払いが早いかどうか

    古銭の査定が終わったあと買取価格を提示されて納得すれば買取代金が支払いされるのですが、この支払い方法は業者によって即日の場合もあれば後日振り込みの2種類があります。古銭を売る側からすると、代金の支払いは一秒でも早い方が安心できますよね。そういった点では査定後に即代金を支払いしてくれる業者の方が安心できるといえるかもしれません。

    また、代金の即支払いに応じている業者の中には、古銭の査定数が極端に膨大ですと査定に時間がかかるという理由から、即支払いが対応できないと言われるケースもあるようですので、まず申込みの際に点数と即払いが可能かどうかも含め確認した方が良いでしょう。

    古銭の買取相場はどれくらい?失敗しないポイントまとめ

    今回は古銭の買取相場や買取業者を選ぶ上で失敗しないポイントをまとめました。古銭を買取に出すときに考慮すべきポイントはこのように沢山あります。価値の不明な古銭だからと諦める前に、古銭の買取相場を知り、適切な買取業者を選びましょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報