古銭買取について

古銭の買取相場はどのように決まるのか?

  • 古銭の買取相場は、言葉を言い換えると「古いお金が取引される価格や価値」という意味になります。古銭に限らず流通する価格や価値(相場)というものは、需要と供給のバランスで決まります。つまり古銭の需要が高いのに供給量が低ければ相場は上がり、反対に需要が低いのに供給量が多いと、相場価格は下落する、つまり高値にならない、ということになってしまうのです。

    昔に比べて下落傾向にある古銭

  • そんな古銭の買取相場は、昔に比べて下落しつつあるといわれています。そのため、昔は一定の価値のあったプレミア貨幣と呼ばれていた一部の古銭であっても、思った以上の値段にならないというケースも散見されるようです。当然ながら需要が減っているのに供給が上回れば値段は下がるのも致し方ないのかもしれません。そういった意味でも、古銭を買取に出そうかどうかお悩みなら、リサイクルショップよりも古銭を専門で買取している業者が良いでしょう。価値鑑定に詳しいので、価値の見落としを防ぐことができるでしょう。

    また、古銭は一度需要が下がってしまうと市場へ大量に流出するケースもあり、価格がどんどん下落していく要因になります。今のところはまだ大丈夫ですが、少なくとも昔に比べては下落傾向にありますので、再び価格が下落を強めるかは予断を許さない状況といえそうです。また、そういった理由から一昔前には中古市場に出回ることがなかったプレミア貨幣が買取に出されて、結果として一時的にではありますが一部の古銭の買取相場の価格が上昇しているようです。

    古銭の買取相場の価格を左右するコレクターとは?

  • 古銭というのは、古いお金を指します。そんな貨幣を用いた「貨幣制度」は私たちの生活からは切っても切れない関係です。そしてこの仕組みは世界中で行われており、何千種類もの様々な貨幣が生み出されてきました。貨幣の中には歴史的に価値も高く、たった一枚の貨幣や紙幣が驚きの価格で売買されたこともあり海外ではオークション形式でたびたびプレミア古銭が出品されています。

    現在は世界中のコレクターがインターネットを用いて買取や売却を行うといったことも頻繁に行われています。コレクターの中には、いわゆる富裕層と呼ばれる方たちもいて、投機的な意味合いや資産形成の一環として売買を行う場合もあり、古銭の買取相場の上昇や下落の要因もあるのかもしれません。

    古銭の買取相場において上昇を見込める種類

  • 古銭を買取に出した時の相場価格は、1円でも高い方が良いですね。古銭にはいわゆる高値になりやすい貨幣や紙幣が存在しています。高値が付く条件としてまず古いことが挙げられますが、古ければ良いというわけではありません。プレミア(稀少性)があり、流通数が少なく古銭そのものの価値があることが挙げられます。コレクターに人気といえば、近代銭や大判・小判、穴銭、古紙幣といった種類は比較的人気です。

    古銭においては、実は日本の古銭は世界的に人気が高まりつつあり、海外のコレクターも存在しています。日本の古銭は海外の古銭よりも雰囲気が感じられ、注目しているコレクターもいる程です。特に江戸時代の穴銭などは珍しく、さらには外国人が日本に対して抱くイメージでもあり、マニアの中にはそういった雰囲気が大好きだという方もいるほどです。もし自宅に珍しい古銭を見つけたらぜひ一度買取相談に出してみましょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報