古銭買取について

500円札は古銭買取してもらえる?気になる価格相場は?

500円札は古銭買取してもらえる?気になる価格相場は?

古い「500円札」をご存じでしょうか?タンスのなかにしまってあるという人もいるでしょう。

500円札は昭和の半ば頃に使われていたお札で、いまでは日常生活で見かけることはほとんどなくなりました。

「ということは、ひょっとすると古銭買取に持って行くと高く買取ってもらえるのでは?」

そう思った人もいるかもしれません。

そこで今回は、500円札の価格相場についてご紹介します。

その他のお札とも共通する「エラープリント」や「珍番号」の見極め方も解説しているので、そちらも合わせてご覧下さい。

500円札とは?

500円札の発行開始は1951年(昭和26年)、支払停止は1994年(平成6年)です。

支払停止とは日本銀行が通常の銀行に対し、そのお札を使っての支払いをしなくなることを言います。

一方、現在使われている500円玉が登場したのは、1982年(昭和57年)です。

500円札の印刷が終了し、それまで世の中に出回っていた500円札が500円玉と入れ替わったのは、その数年後の80年代半ばのことでした。

現在、30代以下の人にとって500円札は、ほぼなじみのないお札のはずです。

500円札の歴史と岩倉具視

500円札に描かれているのは岩倉具視です。

幕末から明治にかけて活躍した下級公家出身の政治家で、西郷隆盛、大久保利通らとともに倒幕・明治維新に尽力しました。

また「岩倉使節団」のリーダーとして欧米に渡ったことでも知られ、パリ郊外を訪れた際は一行とともに日本人で初めてチョコレートを食べたという記録も残っています。

500円札の裏面にある富士山の原画は、1942年(昭和17年)11月3日に、当時の国鉄職員・名取久作が山梨県大月市の雁ヶ腹摺山山頂から撮影した写真です。

こちらも有名で、今なお、同じ景色をカメラに収めようと雁ヶ腹摺山の山頂に登る人もいます。

500円札の種類

500円札にはB号券とC号券の2種類があります。

どちらも表面は岩倉具視、裏面は富士山で、同じ原画が使用されています。

両者を比べると、いろいろと細部のデザインが異なっていることがわかります。

B号券は1951年(昭和26年)に発行開始、1971年(昭和46年)に支払停止となりました。

表面に桜の花が描かれています。また、「五百円」の表記の下に「500」という数字が入っているのも特徴です。

裏面は図案化された大きな「500」の文字が富士山の左側にあります。

透かしを見る白い部分がありませんが、実際には野菊と「500」の透かしが入っています。

紙質は前期がクリーム色、後期が白色です。

C号券は1969年(昭和44年)に発行開始、1994年(平成6年)に支払停止となりました。

全体に青を基調とし、B号券よりも精緻なデザインです。透かしのための余白があり、桜花と波線が確認できます。

このC号券は、500円玉が発行された3年後の1985年(昭和60年)まで製造されていました。

紙質は前期が白色、後期がクリーム色です。

なお、両者は大きさも少し違います。

サイズはB号券が縦76ミリ×横156ミリ、C号券は縦72ミリ×横159ミリとなっています。

古銭買取における500円札の価値は?

500円札は、古銭買取の世界ではよく「岩倉具視500円紙幣」と呼ばれます。

その価値はどれくらいなのでしょう?

残念ながら、岩倉具視500円紙幣には額面以上の価値はありません。

古いB号券のほうが高く買取ってもらえそうな気もしますが、これもB号券とC号券の両者にほとんど扱いの差はありません。

2007年時点で、日本国内の市場に残存していた500円札は約2億2,000万枚と推計されていました。

同じ年、2000円札の流通枚数は約1億5,000万枚でしたので、世間に流通している2000円札の枚数が、もう使われていない500円札の枚数と比べても少なすぎると話題になりました。

その構図は、おそらくその後もさほど変わっていません。

500円札の枚数はタンスのなかでしまわれているケースがほとんどですが、世に出回っている2000円札の数よりも多く、希少価値があるとは言えません。

そのため高値では買取ってもらえる可能性は低いと言えます。

それでもプレミア価値がつく500円札がある!

ただし、同じ500円札でも高額で買取ってもらえるケースは存在します。

500円札に限らず、ほかの紙幣とも共通するものが多いのですが、以下のような500円札はプレミアがつく可能性があります。

エラープリント500円札

印刷のエラー、ミスが見られる500円札です。

印刷の液ダレが見られる、ズレや滲み、欠損がある、記番号など文字の一部の太さが違うといったエラーが考えられます。

エラーの度合いにもよりますが、もしもこうした500円札が見つかれば10~150倍程度の値段がつく可能性があります。

たとえば、2000円札では同じお札に、Jで始まる文字列とLで始まる文字列という、異なる記番号が印刷されているエラーが見つかることがあります。

この通称「JL券」は過去にオークションで5~6万円の値がついた事例もありました。

これは2000円札に特有のエラーですが、500円札は古い印刷技術が使われているので、なんらかのエラーが見つかる可能性はあります。

福耳つき500円札

こちらも製造過程のエラーです。

福耳とは、紙幣の4つ角のいずれかによけいな紙片がくっついているものを指します。

紙片には折り目があり、それに沿って折り返すと紙幣の大きさとぴったり合います。

原因は印刷工程で生じた裁断ミスです。

紙幣はまず大きな紙に何枚分も印刷し、そのあとで1枚1枚、紙幣の大きさに裁断します。

この裁断の段階で紙が折れていたりすると裁断ミスが生じます。

現在の紙幣ではほとんど起きないミスですが、500円札ではまれに見られます。

状態のよい福耳つき500円札は、テレビの鑑定番組で50万円と鑑定されたことがあります。

通し番号の珍番号

紙幣の通し番号のなかに「珍番号」と呼ばれるものがあります。紙幣の記番号には「A976543B」のような頭記号(英字)1桁券と、「CD976543F」のような頭記号2桁券があります。

このうち、英字に挟まれた6桁の数字部分が通し番号です。

そして通し番号の珍番号には、「000001」という「トップ番号(1番)」、「333333」などの「ゾロ目」、「100000」などの「キリ番」、「123456」などの「階段」、「122221」などの「サンドイッチ番号」(最初と最後の数字が同じで、挟まれている数字がそろっている)があります。

それぞれ推定される発行枚数などによって価格が変わります。

また、同じゾロ目でもラッキーナンバーの「777777」、末広がりの意味がある「888888」は人気があり、同じキリ番でも「400000」よりキリのいい「500000」のほうが価値が上がるといった傾向もあります。

珍番号の500円札は、トップ番号なら7~10万円、ゾロ目の場合で5000~1万円の価格がついたという事例もあったようです。

AA券

AA券は「A6789934A」のように頭記号が1桁で、頭記号と末尾記号がどちらもAである紙幣です。

AA券はその紙幣(この場合は500円紙幣)の最初に製造された記番号になります。

500円札のAA券は特に高額査定の判別がされる希少価値の高い紙幣です。

これだけでも珍品ですが、「A000008A」などの若番号はもっと希少です。

ただし、もともと各紙幣の「A000001A」~「A000100A」までは記念品として施設や機関に寄贈され、市場に出回ることはほとんどないと言われています。

それでも1万円札の「A000007A」がテレビの鑑定番組に登場したことがあり、そのときは300万円の値がつけられました。

ちなみに「AA398748A」など、頭記号2桁のお札はZまでを使ったあとに製造されたものなのでAA券ではありません。

その他

一般的に「ZZ453876Z」といったZZ-Z券は、その紙幣の最後に製造されたことを示す最終期番号で、これも価値があります。

「B346897B」「CC567899C」など英字が重複しているものは重複記号と言われ、これも多少価格が高くなります。

さらに「J888888J」など通し番号の珍番号と英字の重複記号が組み合わさった「ちょうちん番号」も価格が上がります。

なお、いずれの場合も未使用のいわゆるピン札のほうが評価は高くなります。

折れ目や汚れ、傷などがあると極端に評価価格が下がってしまうことがほとんどです。

おわりに

今回は「岩倉具視500円紙幣」と言われる500円札について、どんな場合に価値がつくのかをご紹介しました。

普通の500円札には額面以上の価値はないものの、場合によっては高額で買取ってもらえるものがあるということがおわかりいただけたでしょうか。

500円札が家のどこかにしまってあるという人は手元に持ってきて、エラープリントがないか、通し番号や記号がどうなっているかなど、ぜひチェックしてみてください。

思い当たるような500円札があったら、そのときは買取専門店に持ち込んで見てもらいましょう。

なお相場は常に変動するので、ここで挙げた価格はあくまで目安と理解してください。

記番号のことなどに詳しくなると、普段からお札を見る目も変わってくるはずです。

エラープリントや珍番号、AA券などは500円札以外のお札にも有効なので、気になったらそちらも調べてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!