古銭買取について

旧一万円札は現在でも使用可能?古銭買取するといくらになる?

  • 旧一万円札は現在でも使用可能?古銭買取するといくらになる?
  • 古い1万円札なら、どこかにまだしまってあるはず……という人は多いのではないでしょうか。聖徳太子の1万円札は現在40代以上の人ならよくご存じでしょう。その次の福沢諭吉の1万円札が、現行の1万円札に切り替わったのは平成16年のことです。

    今回は、2種類の旧1万円札を今、古銭買取に持って行くといくらになるのか、高値がつく旧1万円札はあるのかなど、古い1万円札について解説しましょう。

    旧1万円札の種類

    これまでに発行された1万円札は現行のものを含めて3種類です。まずはそれぞれどんなデザインで、どんな特徴があるお札なのかを見てみましょう。

    C号券

    C号券は昭和33年(1958年)に発行開始、昭和61年(1986年)に支払停止となりました。支払停止とは日本銀行が通常の銀行に対し、そのお札を使った支払いをしなくなることです。

    表面の肖像は聖徳太子です。昭和後期には高額紙幣の象徴と言われてくらいに親しまれていた聖徳太子ですが、その肖像がお札に使われたのはこれが初めてではありません。

    1万円札の前年には、聖徳太子の5000円札が発行されています。さらにさかのぼると、聖徳太子が初めてお札に登場したのは昭和5年(1930年)発行の乙100円券(兌換券)です。その後、100円札3種類、1000円札など、聖徳太子はこれまで全部で7度採用され、日本のお札における最多登場人物となっています。

    なお、C号券1万円札の裏面に描かれているのは鳳凰で、聖徳の天子の代にのみ姿を現すとされる伝説上の鳥です。

    D号券

    D号券は昭和59年(1984年)に発行開始、平成19年(2007年)に支払停止となりました。 表面の肖像は福沢諭吉に変わりました。肖像画は慶應義塾福澤研究センター所蔵の写真が素材として使われています。福沢諭吉は幕末・明治の蘭学者・啓蒙思想家・教育者で、江戸に蘭学塾(のちの慶應義塾)を開設、「学問のすゝめ」を著したことでも知られています。

    昭和59年発行のD号券にはほかに新渡戸稲造の5千円札、夏目漱石の1000円札があります。これより以前のお札には政治家の肖像が多く採用されていましたが、D号券からは文化人がメインとされるようになりました。

    D号券1万円札の裏面は日本の国鳥である雉(きじ)でした。上野動物園や神奈川県真鶴のサボテン公園でスケッチしたものをモデルに、野生に近い姿として描かれたものです。 ここまでが旧1万円札です。

    E号券

    E号券は平成16年(2004年)に発行開始され、現在も使われています。同じE号券の5000円札は樋口一葉に、1000円札は野口英世に変わりました。1万円札のみ、福沢諭吉の肖像が継続して使われています。

    裏面は鳳凰が復活しました。絵柄は国宝となっている宇治平等院の鳳凰像をもとにしたものです。また、歴代3種類の1万円札はいずれも茶色を基調としたデザインになっています。

    最初のお札って?日本の紙幣流通の歴史

    日本で作られた最初のお札は、1610年(江戸時代初期)の頃、伊勢山田地方(現在の三重県)の商人の間で流通していた「山田羽書(やまだはがき)」でした。今の紙幣とはかなり印象の異なる縦長の証書で、最初はおつりとして使われ始めたと言われています。山田羽書はその後、明治時代までなんと250年間にわたって伊勢周辺で流通していました。

    慶応4年(明治元年・1868年)になると、今度は日本で初めての政府紙幣である「太政官札(だじょうかんさつ)」が発行されます。10両札、1分札、1朱札など5種類がありましたが、国民の間の明治新政府に対する信用はまだ強固でなかったためなかなか流通せず、またデザインが単純で偽札が多く出回ることとなりました。その後はドイツに依頼して製造した「新紙幣」、アメリカに依頼して製造した「国立銀行紙幣(旧券)」などが流通するようになります。

    初めて肖像入りの紙幣が発行されたのは明治14年(1881年)です。「改造紙幣」と呼ばれるそのお札(1円札)に描かれていたのは神功皇后でした。神功皇后は日本書紀や古事記に登場するいわば伝説上の人物で、そのため肖像は印刷局の工場で働いていた女性がモデルになったと言われています。

    そして大正時代、昭和の戦前・戦中を経て、終戦直後に発行されたのがA号券(A券)です。その後、B号券、C号券へと続いていきます。

    旧1万円札は今も使える?現在の買取価格は?

    旧1万円札である聖徳太子のC号券、裏面が雉の旧福沢諭吉のD号券は、古銭買取で現在どれくらいの価値があるのでしょうか。

    実は残念なことに、どちらの旧1万円札も額面以上の価値はありません。理由は両者ともあまりに発行枚数が多いためです。旧5000円札、旧1000円札、500円札なども同じで、どのお札も希少性があるとは言えず、プレミアがつくという状況にはありません。

    2種類の旧1万円札は現在でも、現行1万円札と同じようにお店などで使えます。すでに発行が停止されたにもかかわらず有効なお札は意外に多く、日本銀行が2017年現在までに発行した全53種類のお札のうち、22種類が今でも使用可能です。ただ、実際にはお店で使いづらい場合もあります。そのようなときは、古い1万円札を銀行の窓口に持って行けば、現在のものに取り替えてもらえます。

    ゾロ目や連番は高額買取の可能性が上がる?

    旧1万円札には額面以上の価値がないということでがっかりしている人もいるかもしれません。しかし、同じ旧1万円札にもかかわらず、高額買取されるお札も存在します。それがエラー紙幣、珍番号などの1万円札です。どのようなケースがあるのか詳しく見てみましょう。

    エラープリント旧1万円札

    印刷のエラー、ミスが見られるお札です。聖徳太子1万円札、旧福沢諭吉1万円札とも、これまでさまざまなエラープリントのお札が見つかっています。エラーの種類には印刷の液ダレ、ズレやにじみ、欠損、印刷の一部または大半が二重に印刷されたものなどがあります。

    二重印刷では裏面にも表面の図柄が印刷されているものも見つかっています。こうしたエラープリントのお札は過去に古銭の買取市場において額面の10倍~100倍の価格がついたという事例もあったようです。ただし、エラープリントは判定が難しいため、それらしきものを見つけたときには古銭買取に持ち込んで見てもらうのが確実です。

    福耳つき1万円札

    福耳とは紙幣における4つの角のいずれかにくっついているよけいな紙片のことです。紙片には折り目がついていて、折りたたむと紙幣の大きさと重なります。そもそも紙幣は製造過程で大きな紙に何枚分も印刷し、そのあとで1枚1枚、紙幣の大きさに裁断します。

    この裁断の際に紙が折れてるなどすると裁断ミスが起きて、福耳つき紙幣となります。古い紙幣でまれに見られ、B号券(昭和26年発行)の500円札で見つかったものがテレビの鑑定番組で50万円と鑑定されたことがあります。旧1万円札ではレアな旧貨幣といえます。

    通し番号の珍番号

    通し番号とは、紙幣の記番号のなかの数字部分のことです。記番号には「A976543B」のような頭記号(英字)1桁券と、「CD976543F」のような頭記号2桁券があり、いずれの場合も通し番号は英字に挟まれた6桁の数字で成り立っています。珍番号とは、この数字の並びが変わっているものを指します。

    たとえば「000001」という「トップ番号(1番)」、「333333」などの「ゾロ目」、「100000」などの「キリ番」、「123456」などの「階段」、「122221」などの「サンドイッチ番号」(最初と最後の数字が同じで、挟まれている数字がそろっている)などが珍番号として知られています。

    おもしろいのは、同じゾロ目でもラッキーナンバーの「777777」、末広がりの意味がある「888888」は人気があり、同じキリ番でも「400000」よりキリのいい「500000」のほうが価値が上がることです。

    AA券

    AA券は1桁券のうち、「A6789934A」のように頭記号と末尾記号がどちらもAになっている紙幣です。AA券はその紙幣の最初に製造された記番号です。たとえば聖徳太子1万円のAA券は特に高い価値があるとされます。ただ、よく似た「AA6789934A」などの頭記号2桁のお札はAA券ではないので注意してください。

    また、AA券だけでも十分に貴重ですが、「A000008A」などの若番号はもっとレアです。もともと各紙幣の「A000001A」~「A000100A」までは記念品として施設や機関に寄贈され、市場に出回ることはほとんどないと言われています。とくに「A000001A」は造幣局博物館に保管されるのが通例です。しかし、かつて現行の福沢諭吉1万円札の「A000007A」がテレビの鑑定番組に登場したことがあり、その時はなんと300万円の値がつけられました。

    ZZ-Z券

    AA券とは逆に、「ZZ453876Z」などその紙幣の最後に製造されたことを示すのがZZ-Z券です。ZZ-Z券はAA券ほど高値になりませんが、額面よりは高く買取ってもらえるでしょう。ちなみに、お札の製造時にZZ-Zまですべての記番号を使い切ると次は記番号の色が黒から茶、青、青緑などと変わっていきます。

    なお、いずれの場合も未使用でシワのないピン札のほうが古銭買取時の評価は高くなります。折れ目や汚れ、キズなどがあると極端に評価が下がってしまうので注意が必要です。また、相場は常に変動するので、ここで挙げた価格はあくまで目安とご理解ください。

    旧1万円札があったら念入りに観察してみて

    今回は旧1万円札の価値についてご紹介しました。通常の旧1万円札に額面以上の価値はないものの、エラー紙幣や変わった番号、記号のお札が見つかればびっくりするような値段で買取ってもらえることがあります。

    旧1万円札がどこかにしまってあるという人は、一度手元に持ってきて調べてみてはいかがでしょうか。また、現行のお札でも珍番号などは価値がつく可能性があります。財布のなかの紙幣も、ぜひじっくりと眺めてみてください。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報