古銭買取について

皇太子殿下御成婚記念硬貨の現在の買取相場はいくら?

  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨の現在の買取相場はいくら?
  • 皇太子殿下御成婚記念金貨は、日本で最初の5万円金貨です。記念に購入したり、人から譲り受けたりしたものの、扱いに困っている方もいるかと思います。そのような場合は、買取専門業者への売却を検討してみてはいかがでしょうか。今回は、皇太子殿下御成婚記念金貨について詳しくご紹介しましょう。

    皇太子御成婚記念硬貨の種類や額面は?

    皇太子殿下と雅子妃殿下が結婚されたのは1993年(平成5年)6月9日のことです。この御成婚を記念し、記念硬貨が製造されました。記念硬貨は、1993年(平成5年)9月9日に50,000円金貨、5,000円銀貨、500円白銅貨の3種類です。貨幣デザインである図柄は、平山郁夫と造幣局工芸官が担当し、皇太子殿下の婚約について詠っている和歌にちなんだ二羽の鶴と、菊花紋章、皇太子殿下のお印である梓をモチーフにしています。
    以下で、皇太子殿下御成婚記念硬貨の種類と額面をご説明しましょう。

    皇太子殿下御成婚記念金貨(額面50,000円)

    図柄は、表面が瑞鳥の鶴が二羽と波、裏面が菊花紋章と皇太子殿下のお印の梓となっています。白銅貨も同じものをモチーフにしていますが、金貨のほうが波と鶴の羽が大きく描かれているのが特徴です。この金貨は200万枚発行された純金で、量目18グラム、直径27ミリとなっています。

    この金貨は、MDCコイン・コンペティションで、記念貨幣(金貨)もっとも技術的に優れた貨幣賞(1994年)を受賞しました。

    皇太子殿下御成婚記念銀貨(額面5,000円)

    図柄は、表面には瑞鳥の鶴が二羽と瑞雲が描かれ、裏面には金貨と同様、菊花紋章と梓が描かれています。この銀貨は500万枚発行された純銀で、量目15グラム、直径30ミリです。

    皇太子殿下御成婚記念白銅貨(額面500円)

    図柄は両面とも金貨と同じで、表面が二羽の鶴と波、裏面が菊花紋様、梓をモチーフにしています。3,000万枚発行されました。銅が750、ニッケル250の合金、量目7.2グラム、直径26.5ミリの白銅貨です。

    これら3種類の硬貨は、プルーフ貨幣としてセット販売されました。このプルーフ貨幣とは、観賞用の硬貨として鏡のように磨き上げ、模様部分はつや消しにして浮き立たせることで、美しく仕上げた硬貨です。

    皇太子殿下御成婚記念プルーフ貨幣3点セット(金貨・銀貨・白銅貨)

    販売価格は70,000円で、10万セット販売されました。金貨はブリスターパックに封入され、金貨を中央に置き、3種類をケースに収めたものです。

    皇太子殿下御成婚記念プルーフ貨幣2点セット(銀貨・白銅貨)

    販売価格は11,000円、10万セット販売されました。

    その他

    通常貨幣セットとして、皇太子殿下御成婚記念貨幣(500円)が入ったセットも1993年(平成5年)に販売されています。こちらはプルーフ貨幣ではありません。

    以上、すべて造幣局から発行されました。

    皇太子殿下御成婚記念硬貨の買取価格相場はいくらくらい?

    上記で紹介した皇太子殿下御成婚記念硬貨は、どのくらいの価格で買取ってもらえるのでしょうか。以下で見ていきましょう。

    皇太子殿下御成婚記念50,000円金貨

    ブリスターパックに封入され、シリアルナンバーつきで販売されました。シリアルナンバーがつけられるようになったのは、天皇陛下御在位60年記念金貨の大量偽造があったためです。金の相場に変動はありますが、保存状態がよいもので買取価格は過去に80,000円を超える価格がついた事例もあったようです。

    皇太子殿下御成婚記念5000円銀貨

    銀の相場により変動がありますが、保存状態がよいもので買取価格は額面以上を付ける買取業者もいるようです。

    皇太子殿下御成婚記念500円白銅貨

    完全未開封の美品状態で、1000円前後の相場です。発行数が多いため、白銅貨のみでは買取が難しいことがあるかもしれません。どうしても買取を希望するという場合は、買取業者に相談してみるとよいでしょう。

    皇太子殿下御成婚記念プルーフ貨幣3点セット

    金貨、銀貨、白銅貨のプルーフ3点セットがそろっている場合は、買取価格の上乗せが期待できます。箱に入った状態で保存状態がよいものならば、高い買取価格になるかもしれません。

    また、皇太子殿下御成婚記念の奉祝メダルと、皇太子殿下御成婚記念金貨を間違えてしまうケースもあるかと思います。奉祝メダルは民間会社が製作したメダルですので、造幣局が発行する皇太子殿下御成婚記念金貨とは異なります。査定に出しても思っている買取価格は望めないでしょう。

    「皇太子御成婚50,000円金貨」の買取価格が高くなる理由とは?

    皇太子殿下御成婚記念金貨のような記念硬貨は、1964年(昭和39年)の東京オリンピック記念銀貨発行から始まりました。これは硬貨の製造技術の発達により、硬貨に対する実用的な価値に加え、美的価値が重要視されるようになったことが関係しています。

    記念硬貨のなかで金貨が初めて発行されたのは、1986年(昭和61年)天皇陛下御在位60年記念金貨でした。その後この記念金貨を始まりとし、金貨や皇室関係の記念硬貨が発行されていきます。

    金貨の価値は、収集家によるプレミアの価値と金自体の価値にあります。ただし、硬貨収集家が減ってきている昨今では、プレミアの価値はつきにくい状況です。とはいえ、皇太子殿下御成婚記念金貨については、日本で最初の5万円金貨ということや、数少ないプルーフ貨幣も含まれているということもあり、コレクターから人気の高い金貨と言われています。

    さまざまな買取業者の価格を見ると、額面よりも高い金額が表示されているのが一般的です。金の相場以外の価値が認められていると言えるでしょう。

    その理由のひとつが、デザイン性、図柄です。皇太子殿下御成婚記念金貨は、表面いっぱいに描かれた波と、大きな羽を広げて寄り添いながら飛び立つ鶴二羽の姿が特徴的です。裏面は中央に描かれた皇室の紋章である菊花紋章に、皇太子殿下のお印である梓が左右に寄り添い、これから二人で寄り添い歩んでいくというお姿が想像できます。 この金貨の図柄はシンプルで派手さはないですが、年配コレクターから人気があるということに納得できるでしょう。

    また、皇太子殿下御成婚記念金貨は200万枚発行されていますが、そのうち発行枚数10万枚のみ、美しく仕上げたプルーフ貨幣になっています。このプルーフ貨幣は、枚数が少なく希少価値があります。さらに収集家型金貨ですので、流通することも少ない点もポイントと言えるでしょう。加えて、純金で皇太子殿下御成婚記念金貨というお祝いの金貨ですから、1枚でも十分価値があります。

    金・銀・白銅貨の皇太子殿下御成婚記念プルーフ貨幣3点セットになっていると、さらに買取価格を上げられるでしょう。

    皇太子殿下御成婚記念金貨でより高額査定を狙うためには?

    皇太子殿下御成婚記念金貨で高額査定を狙うにはどうすればよいのでしょうか。以下で見ていきましょう。

    保存状態に注意する

    保管状態がよいものは買取額が高くなりますので、日頃の扱いには注意が必要です。また純金はやわらかいため、自己判断をして磨くなどの手入れはしないように気をつけましょう。不用意に磨くなどするとキズがついてしまう可能性があります。また、箱や付属品があると査定額も上がりますので、皇太子殿下御成婚記念金貨はブリスターパックをはがさず、封入した状態で保管し、査定に出すことで買取価格を上げるようにしましょう。

    金の相場をチェックする

    金の買取価格は日により変動します。毎日の金の相場を確認しておくことで、高値で買取してもらえるタイミングを見つけてみましょう。

    アンティークコインとしての価値を狙う

    数十年鑑賞用とし、アンティークコインとしての価値が出てくるまで待つという方法もあります。もし、現状手元にない場合は、今、プルーフ貨幣の皇太子殿下御成婚記念金貨を購入しておくという手もあるでしょう。

    欧米ではアンティークコイン投資は一般的に行われています。年代物の硬貨は世界中に愛好者がいますので、投資対象として注目している人が多いためです。景気動向にも金融危機にも影響を受けることがないアンティークコインは、2008年のリーマンショックのときでもその価値に変化は起きなかったようです。

    また、アンティークコインの価格は、現在残っている枚数やデザイン、保存状態、そして、需要と供給のバランスの影響を大きく受けます。たとえば、皇太子殿下御成婚記念金貨が数十年後にアンティークコインになったとしましょう。発行枚数は決まっていますので、市場に出回ることが減ることはあっても、発行枚数以上に増えることはありません。買いたいという人が増えれば増えるほど、価格相場は上がっていきます。

    さらに、こういった硬貨の流通経路が専門店やオークションだけだった以前に比べ、インターネットという新しい買取方法が増えたことで、売買が活発になり値上がりがどんどん進んでいきます。また、アンティークコインを購入する収集家の場合、余程のことがない限り売りに出すことは少ないため、時間の経過と共に欲しがる人が増えていき、価格が上昇していくということになります。

    買取専門業者を選ぶ

    買取業者によっては、皇太子殿下御成婚記念金貨独特の価値よりも、金の価値だけで買取査定をする業者もありますので、注意が必要です。皇太子殿下御成婚記念金貨の本当の価値を理解し、買取価格を提示するような買取業者を見つけましょう。1か所ではなく、複数の買取業者に査定してもらうことで、一番高値をつけた業者に買取ってもらうのがおすすめです。

    おわりに

    今回は皇太子殿下御成婚記念硬貨について、高く買取ってもらえる方法や相場を中心にご紹介しました。いかがでしたか?「タンスのなかに眠っている皇太子殿下御成婚記念金貨が見つかった」という人は、思わぬチャンスかもしれません。観賞用にする予定がなければ、ぜひ専門業者に買取ってもらいましょう。その際、今回ご紹介した内容を参考に、できるだけ高く売れるよう工夫することも忘れないでくださいね。

古銭買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報