古銭買取について

江戸時代に流通していた古銭の種類や買取にまつわる注意点やポイントとは

江戸時代に流通していた古銭の種類や買取

「江戸時代の古銭」と聞いて皆さんはどんな古銭をイメージしますか?

身近にイメージできることといえば時代劇の中に登場する大判小判や穴銭と呼ばれる四角く穴の空いた古銭などではないでしょうか。

今回は江戸時代に流通した古銭にスポットを当て、この時代に流通していた古銭の種類や、古銭を買い取りに出す際の注意点やポイントを紹介します。





江戸時代に流通していた古銭

江戸時代は1603年から1867年まで続いたとても長い時代です。

皆さんがよく知る、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利し、そこから江戸時代が始まりました。

江戸時代は様々な改革や町人文化や芸術など・・・今の日本の礎となる様々なことが誕生したとても興味深い時代です。

江戸時代に流通した通貨とお金の仕組み

江戸時代は「三貨制度」と呼ばれる金・銀・銅の3つから成り立つお金の制度があり、通貨単位はそれぞれ「金貨」「銀貨」「銭」という単位となっていました。

江戸時代を語る上で欠かせないことといえばもう一つ、「お金のしくみ」ではないでしょうか。

豊臣秀吉に代わり天下を獲り全国統一を果たした徳川家康は、江戸時代がが始まってからまず最初に取り組んだのが貨幣制度の統一といわれています。

当時は各地でバラバラの貨幣制度なっており、現代の私たちの生活に置き換えるならば、円やドルの相場が日々変動しお金の価値が変わるように地域によって金と銀の交換割合も日々変わっていました。

このため徳川家康は何よりもまず通貨のインフラ整備を最優先課題としたのです。

江戸時代の古銭の種類

江戸時代に流通した古銭の種類を見てみましょう。使われている素材ごとに紹介します。

金貨

名前 読み方 発行年数
明暦大判金 めいれきおおばんきん 1658年
元禄二朱判 げんろくにしゅばん 1697年
真文二分判 しんぶんにぶばん 1818年
文政一朱金 ぶんせいいっしゅきん 1824年
慶長一分判 けいちょういちぶばん 1601年
天保小判 てんぽうこばん 1837年
正徳小判 しょうとくこばん 1714年
万延小判 まんえんこばん 1860年
享保小判 きょうほうこばん 1714年
慶長小判 けいちょうこばん 1601年
宝永小判 ほうえいこばん 1710年
元禄小判 げんろくこばん 1695年
元文小判 げんぶんこばん 1736年
文政小判 ぶんせいこばん 1819年
元禄大判金 げんろくおおばんきん 1695年
享保大判金 きょうほうおおばんきん 1725年
万延大判金 まんえんおおばんきん 1860年
天保大判金 てんぽうおおばんきん 1838年
慶長笹書大判金 けいちょうささがきおおばんきん 1601年

銀貨

名前 読み方 発行年数
貞享通宝 じょうきょうつうほう 1684年
二朱銀 にしゅぎん 1859年
安政一朱銀 あんせいいっしゅぎん 1853年
天保一分銀 てんぽういちぶぎん 1837年
メキシコ貿易銀 めきしこぼうえきぎん 1535年

銭貨

名前 読み方 発行年数
咸豊通宝 かんぽうつうほう 1851年
二字宝永 にじほうえい 1707年
元禄開珍 げんろくかいちん 1693年
元和通宝 げんなつうほう 1617年
琉球通宝 半朱 りゅうきゅうつうほう はんじゅ 1863年
盛岡銅山 もりおかどうざん 1866年
筑前通宝 ちくぜんつうほう 1863年
水戸虎銭 みとこせん、みととらせん 1867年
慶長通宝 けいちょうつうほう 1606年
攵久永寳 草文 ぶんきゅうえいほう そうぶん 1863年
攵久永宝 略宝 ぶんきゅうえいほう りゃくほう 1863年
薩摩藩 横郭 仰冠當 さつまはん おうか ぎょうかんとう 1862年
水戸藩鋳銭 短足寳 みとはん たんそくほう 1868年
本座 長郭 ほんざ ちょうかく 1835年
下野国足尾銭 しもつけのくにあしおせん 1741年
盛岡銀判 八匁 もりおかぎんばん はちもんめ 1868年
正字背文 せいじはいぶん 1688年
小梅銭 こうめせん 1737年
芝銭 しばせん 1636年
水戸銭 みとせん 1637年
二水永 にすいえい 1626年
文銭 ぶんせん 1688年
天聖元寳 てんせいげんぽう 1659年
祥符元寳 しょうふげんぽう 1659年
熈寧元寳 きねいげんぽう 1659年
嘉祐通寳 かゆうつうほう 1659年
治平元寳 じへいげんぽう 1659年
元豊通寳 げんぽうつうほう 1659年
仙臺通寳 せんだいつうほう 1784年
琉球通寶 りゅうきゅうつうほう 1862年
箱館通寶 はこだてつうほう 1856年
秋田鍔銭 あきたつばせん 1863年
秋田波銭 あきたなみせん 1862年
寳永通寳 ほうえいつうほう 1708年

江戸時代の古銭の買取について

江戸時代に流通した古銭は買取における需要は種類にもよりますが高いといえるでしょう。

種類を問わず欲しがるコレクターは多く存在していますので、基本的には買取対象となっています。

ただし、買取価格に関してはどんな古銭なのかによっても大きく変わってきます。

江戸時代の古銭の中で買取価値が高い古銭といえば

これは「大判」や「小判」、「一分銀」ではないでしょうか。古銭の価値という点でもたいへん希少ですし、そもそも金としての価値もあるので高値になります。

「大判」や「小判」の買取で注意したいこととして、人気の古銭には偽物も存在しています。

そのため、いざ買取に出したときに偽物だったと判明すれば買取不可の可能性もありますが、レプリカながら素材に金が使われているものであるならば、金として査定してくれるかもしれません。

買取価値が高い古銭の中で最も高値になるであろう古銭は?

ズバリ、「慶長大判」と「万延大判」です。

過去の古銭買取での事例を見てみると、万延大判の買取相場は1200万円、万延大判の買取相場は150万円で、鋳造数がどちらも2万枚を下回っているという点でも希少価値が高いといえます。

その他「一朱金」、「二朱金」、「一分金」、「二分金」などの金貨類、そして「五匁銀」、「一朱銀」、「丁銀」、「豆板銀」、「一分銀」、「二朱銀」など、銀貨類が買取価値が高いようです。

江戸時代の古銭を買取に出す時の注意点

江戸時代の古銭を買取に出す時に注意したい点、それは古銭の状態です。

古銭は古い時代の貨幣や紙幣を指しますが、特に江戸時代の古銭は何百年も昔のものばかり。しっかり保管していない古銭ですと表面の削れや汚れが目立ちます。

そのため状態の善し悪しは買取価格に影響するとお考え下さい。

ただし、状態が悪い古銭だからといってご自身でクリーニングしてしまうのは絶対にやめましょう。

不用意に表面を磨いたりクリーニングすると、古銭としての価値が失われてしまい、買取不可の判定をされる場合も十分に考えられます。

もし古銭を見つけた時に状態が悪くてもそのままの状態で、古銭買取業者へ査定に出すことをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!