古銭買取について

高額査定も期待できる?中国古銭の種類や買取価格について

中国古銭の種類や買取価格

中国古銭は古代中国において流通していた貨幣を指し、中華街などでは店先に中国古銭を吊るしてお守りにしている縁起物としての側面もあります。

希少性の高さから集めているコレクターも多い中国古銭ですが、買取に出したらどのくらいの価値が付くのでしょうか。

ここではそんな中国古銭の種類や買取価格についてみていきましょう。





中国古銭とは?

中国古銭について解説する上で欠かせないのが、「貨幣の素材の変化」です。

どのように変化したのか、歴史をひも解いてみましょう。

中国古銭の始まりや歴史

古銭というと金属をイメージされる方も多いかもしれませんが、古代中国では当初貝が貨幣として使用されていました。

その後貨幣の素材は青銅が使われるようになり、穴銭という円盤に穴の空いた貨幣が登場します。

このように時代と共に貨幣の形は大きく変化してきました。

中国古銭流通の背景

環銭が流通したといわれる戦国時代には金や銀も貨幣価値を持つ素材として、高額の支払いの際に用いられるようになりました。

環銭が登場した以降の古代中国の貨幣の形はある程度決まっていったことがうかがえます。

中国古銭時代ごとに統治した王朝により形は変化し、使用に際しての不便を解消するために変化しつづけていきました。

今でも中国古銭が注目される理由

中国古銭が今でも注目される理由、それは何千年にも渡り形を変え、流通してきた背景です。

歴史的価値を持つ中国古銭といえば青銅貨幣(布銭、刀銭、蟻鼻銭、環銭)が現代において一部現存していますが、この多くは美術館などに保管されており残念ながら買取市場ではほぼお目にかかることはないのが現状です。

青銅貨幣(布銭、刀銭、蟻鼻銭、環銭)をはじめ、中国古銭の多くは歴史的な価値がとても高いものが多いため、中には模造品(レプリカ)が出回ることもありますが、模造品だとしても手に入れたいと考えるコレクターもいます。

中国古銭はここに挙げた以外にも数多くの種類が存在しており、例えば絵銭という現代貨幣にはない刻印や図柄をメインに集める方や、特定の製造年月を集める方など、「どんなテーマで収集するのか」という面で面白さや魅力を感じることができるポイントであるといえるでしょう。

中国古銭の種類について

古代中国から近代中国の歴史の中で貨幣は大きく変貌を遂げてきました。

その中で特に有名な種類をいくつか紹介しましょう。

貝貨

貝でできた貨幣を『貝貨』と呼び子安貝という貝が使われ、ベトナムや沖縄でしか獲れない珍しい貝です。

古代中国で流通していた貝貨ですが、現代で使用される漢字にもその名残があり、『財』『貯』『貨』『貿』『買』『貸』など、経済に関連する多くの漢字に貝という文字が使われています。

青銅貨幣

青銅貨幣は春秋時代に入り流通するようになります。

大きく4つの種類に分類され、鋤(土を掘り起こす農具)の形をした布銭、包丁の形をした刀銭、貝貨に近い形状の蟻鼻銭(ぎびせん)、円板の中心に穴が開けられた環銭というように近代の中国古銭に形が近づいてきました。

また、包丁の形をした刀銭はコレクターの間では刀貨・刀幣と呼ばれることもあります。

五銖銭

五銖銭は円盤の中心に四角くくり抜かれており、その周りに五銖という文字が刻印されているのが特徴です。

五銖銭は中国古銭の中で最も長きに渡り流通した貨幣です。

開元通宝

開元通宝は古代中国において300年程度流通していました。

この開元通宝の形状を基本とし、その後東洋諸国で円形に四角い穴が開いた貨幣が流通するようになりました。

日本古銭の代表格である「寛永通宝」も、開元通宝の形状や形を元に作成されたといわれています。

宋銭

古代中国、宋の時代に作られた貨幣で、銅や鉄の素材でつくられていました。

宋銭が中国で作られるようになってから、日本との貿易が活発化したことで流通したといわれています。

当時の日本は平安時代末期から鎌倉時代にかけて貿易が盛んで、日栄貿易と呼ばれていました。

明銭

中国明朝が作った貨幣で、宋銭と同じく日本国内で貿易を通じて流通していました。

宋の時代よりもさらに活発な交流もあり、日本国内で主要な通貨として流通しました。

江戸時代になると通用が禁止されましたが一部地域では継続して通用され、明治初期まで用いられました。

銭貨

中国古銭における銭貨とは、清朝時代に流通した貨幣を指し、中国古銭の中で人気の高いです。

買取市場などで出回った際には高い買取価格が期待できるといえるでしょう。

清朝時代に流通した貨幣の中で鉄で作られた咸豊通宝は珍品として希少価値があります。

パンダ金貨

パンダ金貨は表面にジャイアントパンダが描かれ、1982年から発行されている金貨です。

表面のパンダのデザインは毎年変わり、金の含有率が99%を超えるため、コレクション目的だけでなく投資目的で収集している方もいます。

高額査定も狙える?中国古銭の買取価格について

中国古銭は歴史的価値が多い品が多いがゆえ、高値がつく種類がたくさんあります。

そのため買取価格は数百円から数十万円までと、幅が広いのも中国古銭の特徴といえ、コレクターを魅了している魅力といえるでしょう。

そんな中国古銭はどのくらいの買取価格がついているのかを見ていきましょう。

前項で紹介した刀銭などは過去に買取市場で1枚400,000円を超える値段が付いたという事例や、孫文の肖像画が描かれた壹圓貨幣は500,000円、パンダ金貨は300,000円など、中国古銭のプレミア品であればどれも高値が望める買取価格が付けられています。

特に気を付けたい中国古銭の買取について

中国古銭の買取における注意点として、中国古銭は模造品(レプリカ)や偽物に注意しましょう。

歴史的な価値を持つ中国古銭ですから、知らず知らずのうちに偽物を掴んでしまうこともあるようです。

こういったことがないように買取に出した時に価値もしっかり見極めてもらうほうが良いでしょう。

中国古銭の中には鑑定書や証明書も付いてくる場合もありますので査定の時に一緒に出すと買取価格が保障される決め手にあるのではないでしょうか。

また、中国古銭は不用意な手入れは厳禁です。

ご家族が集めていたというケースもあり、中には価値のよくわからない中国古銭が家から出てくることもあるでしょう。

汚れているからといって掃除してしまったりするのは禁物です。

中国古銭は古くに製造されており、この古さが価値の決め手となります。

よって、汚れているからといってクリーニングしてしまうと手を加えたということで価値の低下を招く要因になります。

古銭買取の業者選びのポイントとは?

大切な中国古銭をどこに売却するか、これは大きなポイントです。

目安としてはその業者が古銭に詳しい知識を持っているかという点が挙げられます。

信頼できる業者であれば古銭に関しておおよその値段提示も可能ですし、たくさんの古銭査定の実施経験もあります。

また、古銭は古いものから枚数が多い場合もあるので、査定の申込み後、買取り業者自ら査定に来てくれる出張買取を実施しているところが良いでしょう。

また、全て無料で対応しているかどうか、他店では断られてしまったものも対応しているかというところも判定ポイントとなるでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!