古銭買取について

5銭や5銭札の古銭買取の価値や気になる希少性は?

古銭買取5銭

5銭や5銭札と呼ばれる、現在の日本では既に流通していない古いお金があります。

古銭に興味をお持ちの方なら一度は見たことがある5銭ですが、価値ある古いお金ならば買取に出すのも良い方法かもしれませんね。

ここではそんな5銭や5銭札の古銭買取の価値や希少性についてみていきましょう。





5銭は古銭コレクターの多くが持っている

古銭の世界において5銭はコレクターの多くが持っている古銭の一つです。

そして、流通しなくなった今でも、「5銭硬貨や5銭札を見つけたけれどこれは価値あるの?」という声が聞かれます。

5銭には「5銭硬貨」と「5銭紙幣」という2種類に分類され、素材や図案の異なる5銭が多数存在しています。

これは近代日本での流通してきた年数が長いこともあり、これだけ発行されてきたのです。

それでは5銭にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

5銭硬貨の種類と古銭買取の価値

5銭硬貨(5銭貨幣)は6種類の硬貨が発行されています。

買取価値に関しては状態での値段の幅が特に強い傾向がみられ、詳しい鑑定が必要となります。各種類の特徴を見ていきましょう。

5銭銀貨

5銭銀貨は「旭日竜5銭銀貨」「旭日大字5銭銀貨」「竜5銭銀貨」が発行されていいます。

5銭銀貨の発行年数は明治3年から明治13年までとなっており、発行枚数が少なく古銭買取での価値は高いです。

また、明治13年の竜5銭銀貨は発行数がわずか79枚という幻の銀貨です。

5銭白銅貨

5銭白銅貨は「菊5銭白銅貨」「稲5銭白銅貨」「大型5銭白銅貨」「小型5銭白銅貨」があり、明治22年から昭和7年まで発行されていました。

菊5銭白銅貨は簡単な図案であったために偽造が相次いだという5銭で図案が変更されました。

その後登場した大型5銭白銅貨と小型5銭白銅貨では硬貨の中心に穴が開けられました。

5銭ニッケル貨

昭和8年になると素材が白銅からニッケルに変更になった「5銭ニッケル貨」が登場します。

形状は同じく穴銭で昭和12年まで発行されました。

5銭アルミ青銅貨

昭和13年にはアルミと青銅が混合となった素材の貨幣が登場します。昭和15年まで発行されました。

5銭アルミ貨

戦争で硬貨の素材が不足したことを受け、アルミ素材の5銭が登場しました。昭和18年まで発行となっています。

5銭錫貨

「穴アキ5銭錫貨」「鳩5銭錫貨」という2種類が発行され、昭和19年から昭和21年の発行期間です。

これまで5銭には「大日本」と刻印されていましたが鳩5銭になり初めて「日本政府」の文字が登場しました。

5銭札の種類と古銭買取の価値

5銭札(紙幣)は「い号券」「A号券」の2種類が発行されています。

買取価格に関しては5銭硬貨よりは下回る買取価値となっており、加えて劣悪な素材が使われていることもあり紙幣の状態があまりよくないものが多いです。

い5銭券

通称「楠公」と呼ばれ、図案に楠木正成という鎌倉時代に活躍した武将が馬に乗った勇ましい姿が描かれています。昭和19年から発行開始となりました。

A5銭券

通称「梅花」と呼ばれ、左側に漢字で「五銭」右側に梅の花が大きく描かれています。

昭和23年から発行され、戦後に登場したこの紙幣はい5銭券と印象が異なり、寸法も小さくなっています。

気になる5銭の希少性は?

5銭銀貨に該当する「旭日竜5銭銀貨」「稲5銭白銅貨」が5銭の中でトップクラスの希少価値があります。

それ以外の5銭硬貨ですと状態の良いものであれば、という買取業者の方が好まれる傾向が強いようです。

5銭や5銭札の古銭買取の価値や希少性:まとめ

古銭買取で高額買取される5銭の種類と買取価格には幅があります。

しかしながら初期に発行された5銭は流通期間も短いので、もし自宅に眠っている5銭が初期に発行されたものであるならば、あなたの予想を裏切る高値が実現するかもしれませんね。

鑑定には高い知識が必要とされますので、5銭をみつけたらまずは古銭買取を実施している専門店へ相談してみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!