古銭買取について

50銭の買取価格はどのくらい?古銭買取の相場

  • 50銭の買取価格はどのくらい?
  • 部屋の片づけをしていたら家族が集めていた見慣れないお金が。表面には「50銭」と書かれていた、なんてことはありませんか。

    現在日本で流通しているお金の通貨は「円」ですが、過去には「銭」という通貨のお金が流通していました。今回は古銭のコレクションをされている方が多く持っている「50銭」について詳しく紹介していきます。





    50銭の買取について

    円単位のお金が流通している現在では銭単位のお金をふいに見つけたら「もしかしたら高値になるかもしれない」と感じる方も多いのではないでしょうか。古銭の買取の価値という点では、過去に流通していたお金に価値が付く例が多くみられるので、銭単位のお金にも当然そう感じる方も多いのではないでしょうか。

    中でも50銭は古銭の買取市場で多くみられる種類でありますが、50銭は大きく分けて3つの種類に区分されます。それでは50銭の種類を見ていきましょう。

    50銭の種類について

    50銭硬貨には銀貨・銅貨とあり、加えて紙幣の3つがあり、古銭を集めている方がお持ちになっていることも多い比較的ポピュラーな種類です。

    50銭硬貨には「旭日龍大型50銭銀貨」「旭日龍小型50銭銀貨」「龍50銭銀貨」「旭日50銭銀貨」「小型50銭銀貨」「大型50銭黄銅貨」「小型50銭黄銅貨」という種類があり、紙幣では「明治通宝半円券」「改造紙幣50銭券」「大正小額政府紙幣50銭券」「小額政府紙幣50銭券」というたくさんの貨幣が発行されました。

    紙幣では「大正小額50銭紙幣」と「小額政府紙幣50銭券」があります。「小額政府紙幣50銭券」には3種類の絵柄があり、富士山と桜が描かれたもの、靖国神社と金鵄が描かれたもの、板垣退助と国会議事堂が描かれたものがあります。

    50銭は紙幣や硬貨によって買取価格が変わる

    50銭には紙幣と硬貨がありますが、紙幣よりも硬貨の方が需要が高い傾向が強く見られます。それだけ古銭コレクターの需要が硬貨の方が高いことがうかがえます。

    また、50銭は発行年数がかなり前になりますから、もし価値の高い50銭が出てきたとしても、もし極端に状態が悪いものですと価値が低いと判断されるだけでなく、最悪買取不可になってしまう場合があるので注意しましょう。

    50銭の中で買取価格が高いものは?

    それでは、50銭の中で比較的有名な種類で買取価格が高い50銭について紹介します。

    旭日竜50銭銀貨(大型・小型)

    旭日竜50銭銀貨は大型と小型の2種類があり、大型に比べて約1ミリ程大きなサイズとなっています。

    旭日50銭銀貨

    1906年に発行され、刻印の形状からコレクターの間では中丸と呼ばれていました。

    小型50銭銀貨

    1922年に発行され、合計で1000万枚以上発行されましたが、1924年には半分以下の360万枚程度の発行数で、希少価値が高い古銭です。

    大正小額50銭

    1917年に発行された古銭で、それまで貨幣の素材として主流だった銀が戦争下の影響で製造できなくなり、代わりに白銅が使われました。

    八咫烏50銭銀貨

    50銭の中でも特に価値が高いとされ、1919年に発行された時期は銀素材の極端な材料不足から大幅に発行枚数が低下しました。古銭コレクターの中でも幻の古銭と呼ばれており、もしも買取に出されたら100万円を超える値段が付く場合もあります。

    50銭の買取価格はどのくらい?古銭買取の相場まとめ

    いかがでしたでしょうか。50銭はその種類によっても付けられる買取価格の幅がとても大きいことが特徴ともいえます。加えて紙幣と貨幣の価値の幅もとても大きいので、古銭の価値に詳しくないとその本当の価値を見抜くのは難しいといえますね。こういった50銭が自宅に眠っていたら、まずは価値を見極めるためにも古銭の買取専門店へ相談することをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!