古銭買取について

近代古銭の一種、1円銀貨を古銭買取に出したらいくらになるの?

近代古銭の一種、1円銀貨を古銭買取に出したらいくらになるの?

1円銀貨という近代古銭をご存知でしょうか。

デザインの多様さや種類の多さに加えてプレミア価値から古銭コレクターの間では今だ根強い人気があり、まさに古銭の魅力が満載と言える1円銀貨。

既に流通していないということもあり、もしも古銭買取に出したらどのくらいの価値が見込まれるのか気になるろところです。

素材に銀が使われていることもあり地金素材としての価値もあるのでは?とお考えの方もおられるようです。

そんな近代古銭の一種、1円銀貨について解説していきます。





近代古銭の一種1円銀貨とは?

1円銀貨は1871年(明治4年)に発行されました。

日本の貨幣単位として「圓(円)」が採用されるという法律の新貨条例の元、1914年(大正3年)まで流通した貨幣です。

日本で発行されたものの、対外貿易専用銀貨の目的もあり、おもに中国や台湾とあったアジア諸国で流通した貨幣です。

この1円銀貨は別名「円銀」とも呼ばれ、日本では約20年ほど流通していました。

また、こういった背景から古銭コレクターの中でもポピュラーな古銭といえるでしょう。

1円銀貨の特徴として、発行年数によりサイズの異なる2種類が発行されました。

大型は1887年まで、1888年以降は小型のものとなり、大きさが異なるものの品位および重さも変わりません。

 

1円銀貨の種類について

1円銀貨は大きく分けて「旧1円銀貨」「新1円銀貨」「貿易銀」「○銀一円銀貨」に分かれます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

旧1円銀貨

明治3年に発行され、貿易用としての使用目的に制限されており、国内では流通していませんでした。

製造期間は明治5年までとなっていました。

表面の図案は龍の周りに額面・大日本・明治3年の刻印がされ、裏面は菊紋の刻印がされています。

 

新1円銀貨

別名:新一円大型銀貨とも呼ばれ、流通期間は明治7年と8年のみの2年間でした。

図案は表面に龍と発行年および額面、裏面は中央に「一圓」の文字が配置されています。

旧1円銀貨と同じく貿易用として制限されており国内での流通はありませんでした。

 

新一円大型銀貨

明治11年から明治20年までの長期間に渡り発行されました。

この経緯として、それまで貿易用として流通させようと国内での流通に制限をかけていましたが上手くいかず失敗に終わり、この頃からようやく国内での流通が許可されたことによります。

図案は表面に龍と発行年および額面、裏面は中央に「一圓」の文字が配置されています。

 

新一円小型銀貨

流通期間は明治20年から明治30年のものと、明治34年から大正3年まで流通した時期の異なる名称が同じ2種類の銀貨があります。

 

貿易銀

明治8年から明治10年までの発行期間で、貿易用として国内での流通はありませんでした。

表面の図案はこれまでの1円銀貨と同様に中央に龍が配置され、裏面には「貿易銀」と記されていました。

貿易に力を入れていた日本はこの貿易銀で他国との差を埋めようとしましたが失敗。

そのためわずか3年で市場から姿を消してしまいました。

 

○銀一円銀貨

明治30年に政府の施策の一環で流通した銀貨です。

○銀一円銀貨は、貿易に力を入れていた政府の取り組みでそれまで流通していた一円銀貨を一度回収し、「○銀」の印を銀貨の表面に施したという珍しい銀貨です。

一旦は流通した○銀一円銀貨でしたが、政府の思惑とは異なり市場での混乱を招いたため、翌年には周知されました。

 

古銭買取における1円銀貨の買取価値

1円銀貨を古銭買取に出したらどのくらいの買取価値があるのでしょうか。

1円銀貨は発行された経緯や種類の多さなどから古ければ古いもの程高値になる傾向が強くみられます。

買取価値の目安として、明治3年に発行された初期のものから大正3年頃の1円銀貨の買取価格を比べてみると、その差は10倍以上とも言われますのでコレクションしている1円銀貨や自宅で見つけた場合は迷わず買取に出して見るのも良いかもしれません。

ただし、年代ごとに価値は変わるものの、その違いは刻印の微妙な違いとなってくるため、古銭の鑑定に詳しい業者でなければ判別は難しく、加えて高値が付く種類であるが故に偽物も出回っているので注意下さい。

 

古銭買取でプレミア価格のつく1円銀貨について

1円銀貨のプレミア品にはどのような特徴があるのでしょうか?

前項で「1円銀貨は古ければ古い程高値の傾向がある」とお伝えしましたが、その中でさらにプレミアが付く1円銀貨があります。

発行年代でのプレミア品で例を挙げると、明治8年の1円銀貨はわずか14万枚という発行枚数だったため1円銀貨のプレミア品の中でトップクラスの希少価値となっています。

また、1円銀貨には同じ年代であっても製造工程で微妙な刻印の違いや刻印の一部が欠落しているものが存在します。

この違いを「手代わり」と呼び、古銭買取におけるプレミア価値の証明となっています。

 

1円銀貨を古銭買取に出したらいくら?まとめ

1円銀貨は古銭買取で高値が大変期待できる種類であるとともに、古銭コレクターから今も注目を集めているロマン溢れる古銭です。

しかしながら、古銭に関する豊富な知識がなければ価値を判別するのは難しいため、もしも1円銀貨を見つけたら迷わず古銭買取を専門で行う業者へ相談してみてはいかがでしょうか。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!