古銭買取について

10万円金貨の今の買取価格はいくら?古銭買取でより高く売るためのコツ!

10万円金貨の今の買取価格はいくら?古銭買取でより高く売るためのコツ!

「10万円金貨」と呼ばれるコレクション価値のとても高い金貨をご存知でしょうか。

古銭としての価値だけでなく、金価格の高騰が懸念されている昨今においては資産価値も十分に満たすこの金貨。

今回はそんな10万円金貨の古銭買取においての価値にフォーカスしてみましょう。





10万円金貨と種類を詳しく知ろう!

「10万円金貨」とは、たった1枚で10万円という額面価値のある金貨です。

1枚で10万円の価値があるというのも驚きですが、金貨そのものは24金が使用されており、「金そのものとしての価値」も見逃せません。

これまでに「今上天皇御即位記念10万円金貨」「昭和天皇陛下御即位記念10万円金貨」という2種類が発売され、額面価値が1枚で10万円という高額金貨は今のところこちらの2種類のみとなっています。

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の特徴

1986年(昭和61年)・翌年の1987年(昭和62年)に昭和天皇の在位60年を記念して10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨という3種類が発行されました。

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の発行にあたり、日本国内で流通している貨幣になかった額面のため臨時補助貨幣として法律が制定されました。

金貨に描かれている図案は表面には鳩と水、裏面には菊の紋章という”天皇家の証”が描かれています。

発行枚数は1986年(昭和61年)が1000万枚、1987年(昭和62年)には100万枚が発行されましたが、その後1990年に天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の偽造事件が発覚したためその後発行される記念硬貨にも偽造防止策が講じられるようになりました。

なお、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は2枚セットになったものも発売されており、下記をご覧下さい。

造幣局発行の天皇陛下御在位60年記念金貨のセット内容

名称 天皇陛下御在位60年記念プルーフ金貨
発行 1990年
発行数 124513セット
額面 10万円
名称 天皇陛下御在位60年記念金貨
発行 1991年
発行数 8308セット
額面 10万円
名称 天皇陛下御在位60年記念金貨2枚セット
発行 昭和62年度
発行数 3296セット
額面 20万円(2枚セットのため)

天皇陛下御即位記念10万円金貨の特徴

1990年(平成2年)4月10日に造幣局から発売されました。正式名を「今上天皇御即位記念金貨」と呼び、平成天皇(今上天皇)の即位を記念して発行されました。

平成天皇の即位を記念して発行された貨幣は天皇陛下御在位60年記念10万円金貨のほか、白銅貨が発行されています。

発行枚数は200万枚で、図案は表面に鳳凰と瑞雲、裏面には菊の紋章が描かれています。

ちなみに天皇陛下御即位記念10万円金貨には偽造防止のため認証番号が記されており、造幣局専用のケースに表記されています。

造幣局発行の天皇陛下御即位記念10万円金貨のセット内容

名称 天皇陛下御即位記念プルーフ金貨
発行 平成2年度
発行数 100000セット
額面 10万円
名称 天皇陛下御即位記念金貨と白銅貨セット
発行 平成2年度
発行数 100000セット
額面 10万500円

10万円金貨の価値と買取価格

10万円金貨には二つの面からの価値があると考えて良いでしょう。

ひとつは「古銭買取」としての価値。発売された当時は古銭コレクターの間で話題になったといいます。そして、発売されてから何年も経ちますがいまだに根強い人気があるだけでなく、額面よりも高値になります。

そして「金」としての価値です。昭和天皇御在位60年記念金貨は金20グラム、天皇陛下御即位記念は30グラムとなっており、古銭買取においてはこの両面での価値が加味されるため、これが高値に繋がっている理由なのです。

10万円金貨の価値は?

これまで紹介した10万円金貨の気になる価値ですが、おおよそ額面価格+5万円前後の幅くらいでお考えください。

古銭としての稀少性に加えて金の価格にも大きく左右されること、そして古銭買取の専門店によって付けられる値段に幅があるため、こちらの価格は目安とお考え下さい。

10万円金貨の売却方法

10万円金貨の売却方法は大きくわけて二つの方法があります。

ひとつは前項でお伝えしたように古銭買取の専門店へ査定に出すこと。そしてもう一つは銀行でも売却できます。

銀行に売却できることはやや意外に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、額面で10万円という価値がありますから銀行でも売却できます。

銀行に持っていくと古銭としての価値は加味されず、額面と同額で引き換えられてしまうので、少しでも高値を期待されるならば、古銭買取の専門店へ出した方が得策といえるでしょう。

より高く売るためのコツや売り時について

10万円金貨をより高く売るために必要なことは何をすべきなのでしょうか。

より高く売るためのコツ

「古銭の価値」という点において、未使用品(未開封品)であることはもちろん、表面の汚れなどといった金貨の状態も価値に大きく関係します。

金貨を購入直後であれば専用ケースに入っており、汚れや傷がつかないよう密封されていますが、中には中身を出してしまうこともあるでしょう。

”そのままの状態”が最も良いとされる古銭をはじめとした10万円金貨においては、封を開けてしまったらその時点で価値が下がりますので未開封の状態で保管しましょう。

古銭の価値はそのままが一番!無理な手入れはNG

10万円金貨をお持ちの方の中には、あまり状態が良くない品をお持ちの方もおられるでしょう。

ちょっと汚れているからと、無理やり手入れやクリーニングを行うのは価値の低下を招くので絶対にやめましょう。

無理な手入れで一度価値が下がってしまったら後から価値が戻ることはまずないでしょう。

まとめ:10万円金貨の売り時は?

金の価格や10万円金貨の価値が上昇傾向にある今が、もしかしたら売り時かもしれません。ただし金の価格や10万円金貨の価値が上昇し続けているという面もあり、判断は難しいです。

ただ、この上昇はいつまで続くのかは10万円金貨に関する需要と金価格相場によりますので、今後価値が下落してしまうことも考えられます。

「あの時売っておけばよかった」と後悔しないよう、まずは今現在の価値を知るためにも、古銭買取専門店へ依頼してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!