古銭買取について

板垣退助や聖徳太子の100円札は種類や希少性で買取価格や相場が変わる

100円札は種類や希少性で買取価格や相場が変わる

皆さんの財布に必ず入っている100円玉。実はお札だった時代があったというのをご存知でしょうか。

このお札は以前100円玉と同じ価値を有し、今もお持ちになっている方も多いと聞きます。

100円札はいくつか種類があり、中にはプレミア価値のある紙幣なのです。

今回はいざ手放す時の目安となる買取価格や相場を解説します。





人気の高い板垣退助の100円札

100円札は1953年から1974年まで使われていた紙幣通貨でした。

法律上は今も100円の価値として使うこともできるため、このページをご覧の方の中にはもしかしたら使われた経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

100円札をご存知の方の多くがこの紙幣に描かれている肖像画を連想されると思います。

実はこの紙幣に描かれていたのは「板垣退助」という近代日本史を代表する政治家で、時期により3種類発行されました。

板垣退助の100円札の価値を決めるポイントとして重要なこととして、どのように初期、前期、後期かを見定めるのかといえば、紙幣に刻印されたナンバーや紙幣の紙質の違いや手触りで判断されます。

そして、板垣退助の100円札に限らず紙幣の買取価格を劇的にアップするポイント、それは印刷ミスなどのエラー品であること。

珍しい紙幣ナンバーの並びであること、連番やぞろ目といった条件がつくと高値になります。

板垣退助の100円札の買取価格について

板垣退助の100円札の買取価格の相場は初期(最初期ともいわれる)が一番高いです。そして前期、後期と続きます。

買取業者の判断やコレクター需要によって変わる部分もありますが、やはり初期に発行された100円札が高値の傾向が強いようです。

板垣退助の100円札はネットオークションでも取引が活発に行われており、過去にあった例では初期に発行された板垣退助の100円札の時期は1895年から1955年のものが該当し、未使用で3000円から5000円程度のようです。

その後に発行された前期、後期の100円札になると値段が大幅に下落し、状態次第では額面通りの算定がされる場合もあります。

板垣退助の100円札が時期によりここまで差が開く要因としては、やはり発行枚数が前期と後期は極端に多いことが特徴です。

こちらは初期の未使用というのみで他のプレミア要素(印刷エラーや連番・ぞろ目など)は含まれておりませんでしたが、ここにプレミア要素が含まれれば買取相場は劇的にアップするでしょう。

なお、冒頭でお伝えしたように板垣退助のお100円札は現行通貨と同じように100円としての価値を有していますから、もし板垣退助の100円札をお持ちで価値を調べてみて納得できなければ銀行へ持込み交換するのも手かもしれませんね。

聖徳太子の100円札は全部で4種類。現在使えるものもある

100円札には聖徳太子の図柄というのも発行されており、1930年から1956年まで流通していました。

発行時期により4種類あり、乙号券、い号券、ろ号券、A号券が発行・流通しました。この中で現在も使用できる紙幣に該当するのがA号券のみとなります。

各時期に発行された聖徳太子の100円札の特徴として、い号券は乙号券に比べてやや顔にわずかですが違いが見られます。

ろ号券になると聖徳太子の図柄の位置が中央に配置されました。その後A号券が発行され、板垣退助の新札への切り替えが行われました。

聖徳太子の100円札の買取価格は驚きの価格に!?

聖徳太子の100円札の買取価格について、価値の高い順に並べると「ろ号券」が最も高く、他の3種類と大きな開きがあります。

ただし基本的には額面よりも値段が付く傾向があり、気になる場合は買取業者へ相談してみましょう。

一つ補足をすると、A号券のみ買取価格が下がってしまう場合があります。この理由はA号券のみ今も現行通貨と同じように使用できるためです。

買取価格という点では、紙幣は状態が重要視されます。

紙幣の素材は紙でできており、基本的には過去に通貨として使用されてきたこともあり、古いものですと折り目や汚れ、シワがどの程度ついているかにもよるので注意下さい。

聖徳太子の100円札にもプレミアがある?

古銭買取における紙幣のプレミア品全般に言えることですが、印刷エラー、連番、ぞろ目であると値段は格段にアップすると思って良いでしょう。

加えて聖徳太子の100円札は発行が古いため現存数も少ないです。

そのためもしも聖徳太子の100円札にこういったプレミア要素が含まれていれば高値になる可能性が高いですが、状態が気になるところです。

古銭買取市場でも人気の100円札

板垣退助の100円札、そして聖徳太子の1000円札は過去に収集ブームもあったことから集めていた方も多いことでしょう。

そのような点からも100円札は古銭買取においても活発に買取に出される種類の一つといえます。

ただし、過去に流通していた紙幣のため、多くの方が「100円札だから高値になる」と思ってしまう方も多いようですが、前項で挙げた種類や紙幣の状態に左右されますので、ご自宅に100円札が出てきたらまずは価値をしっかり見極めることができる古銭を専門とした買取業者へ相談してみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!